著者
田中 圭子
出版者
同志社大学
雑誌
社会科学 (ISSN:04196759)
巻号頁・発行日
vol.80, pp.43-58, 2008

日本の球体関節人形は、1960年代に澁澤龍彦、瀧口修造らシュルレアリストたちによって紹介されたハンス・ベルメールの人形写真との邂逅に始まる。人形には「人形としてのかたち」があるという発見から生まれた四谷シモンの人形は、それまでの叙情的で愛らしい創作人形の概念を覆すものであった。70年代の四谷シモン、土井典らの活躍によって、球体関節人形は工芸の一部としては収まりきらないものとの認識が高まり、新たな文脈の中で独自の発展を遂げてゆく。80年代、天野可淡、吉田良らが制作した耽美で幻想的な人形作品と写真集は、その後の人形表現に大きな影響を及ぼし、多くの追随者を生むこととなった。また、球体関節人形に関する出版物の増加、人形教室の開設などにより、球体関節人形制作は短期間で全国に波及し、多くの作家を輩出していった。近年では、西欧のビスクドールに影響を受けた恋月姫の登場以降、玩具性やファッション性を重視する傾向が強まり、球体関節人形文化はサブカルチャーと係わりあいながら新たなひろがりを見せている。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[アート][電車で読む用][美術] via.@edtion1 さん

Twitter (20 users, 22 posts, 23 favorites)

田中圭子「日本における球体関節人形の系譜」『社会科学』80、同志社大学、2008年。 https://t.co/092MHivw9E
CiNii 論文 -  日本における球体関節人形の系譜 http://t.co/BRmrfmLU #CiNii 昭和初期の創作人形黎明期からベルメールの受容、四谷シモンの登場を経て恋月姫まで。Elpis展記念。(機関リポジトリ → show bodyでDLできます)
こんな論文どうですか? 日本における球体関節人形の系譜(田中 圭子),2008 http://t.co/9lBoEOig 日本の球体関節人形は、196…
@kuroyurixxx http://t.co/3yHCvOEG http://t.co/8S4tpQSr
これ、詠みたい。@ronbuntter こんな論文どうですか? 日本における球体関節人形の系譜(田中 圭子),2008 http://id.CiNii.jp/bvPCL
こんな論文どうですか? 日本における球体関節人形の系譜(田中 圭子),2008 http://id.CiNii.jp/bvPCL 日本の球体関節人形は、196…

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006616456 (22)