著者
武川 直樹 峰添 実千代 徳永 弘子 湯浅 将英 瀬下 卓弥 立山 和美 笠松 千夏
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.108, no.187, pp.31-36, 2008-08-19
被引用文献数
7

食事は栄養をとるだけでなく,人と人のコミュニケーションにおいても重要な役割を果たしているが,食事中のコミュニケーションを分析した研究は少ない.ここでは,食事をしながら女性3人が会話をする映像を収録し,収録した映像データからコミュニケーションの行動を分析した.3分30秒の映像のスクリプトデータを作成し,そのデータを基に食事動作,視線・表情の表出,発話の統計量を調査してテーブルトークの構造を分析した.食事中,一つの口を時間の経過にあわせ,食べる行動,話す行動のどちらかのために選択する必要があるが,人は話しながら次に自分が話し続けるか,食べながら次に話すべきかを,他人の行動と自分の行動を照らし合わせて判断しているためであることが示唆された.また,人は会話への関与が小さくなるに従って,食事に対する積極的なアクセスが見られた.さらに,食事の会話では,次話者の選択は発話交替の瞬間に決まるのではなく,その前からすでになされていることが示唆された.

言及状況

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

こういうのキャラクタのアウトプットとして重要なんでしょうね。 RT 3人のテーブルトークにおける視線,食事動作,発話交替の分析 : 会話と食事動作はどう制御されるか?... http://ci.nii.ac.jp/naid/110007005373
@kyonpeeeei 3人のテーブルトークにおける視線,食事動作,発話交替の分析 : 会話と食事動作はどう制御されるか?(言語・非言語コミュニケーション〜言葉と身体の相互作用〜) http://ci.nii.ac.jp/naid/110007005373

収集済み URL リスト