著者
トムソン 木下 千尋 尾辻 恵美
出版者
独立行政法人国際交流基金
雑誌
世界の日本語教育. 日本語教育論集 (ISSN:09172920)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.49-67, 2009-03-19

ステレオタイプ的な「女ことば」「男ことば」は、「言語資源」として、様々なアイデンティティーの構築に貢献する(中村2007)。本稿ではビジネス日本語の教科書を取り上げ、その教科書を巡る日本語教育をジェンダーの視点から検討した。従来の教科書分析を発展させ、教科書の内容分析だけでなく、教科書著者チームとの質疑応答、授業観察、教師と学習者へのインタビューをデータとし、教科書がどのように作成され、ジェンダーが表現され、そして、それがどのように使われ、学ばれるかを考察した。分析結果、熟練の教師が教えた場合でも教科書を批判的に使いこなすのは難しいこと、教科書にまつわる事象は非常に複雑であることが明確となり、「言語資源」としての「女ことば」「男ことば」を世界の日本語教育自分のものとして使いこなせるように学習者を支援するためには、女同士、男同士の会話の提示だけではなく、解説やタスクを入れる必要があることがわかった。本稿は、このような複雑な状況を理解するために、教科書分析の多面的な展開を提唱する。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 141] ■ ビジネス日本語教科書とジェンダーの多面的考察 https://t.co/ATYR77kCIe
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 141] ■ ビジネス日本語教科書とジェンダーの多面的考察 https://t.co/ATYR77kCIe
1 1 https://t.co/RHeWdfXMRL
:BOT: [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など]  ■  ビジネス日本語教科書とジェンダーの多面的考察 https://t.co/ATYR77kCIe

収集済み URL リスト