著者
副田 あけみ
出版者
首都大学東京
雑誌
人文学報. 社会福祉学 (ISSN:03868729)
巻号頁・発行日
vol.24, pp.83-110, 2008-03

本論の目的は、ケアマネジメントの展開がソーシャルワーク論に及ぼした影響について、アメリカとイギリスにおける言説を検討し、わが国におけるソーシャルワークのアイデンティティ論に必要な論点を確認することである。アメリカとイギリスでは、(2)実践内容・方法、(2)ソーシャルワーカーの役割、(3)専門職としての自律性(対行政組織)、(4)基盤とする価値、について影響が論じられていた。特に、イギリスでは、ソーシャルワークのアイデンティティを(4)価値の観点から再確認しようとする説が目立つ。わが国の高齢者に対するソーシャルワーク論では、特に、(4)、(4)に関し議論することが課題であると指摘した。

言及状況

Twitter (3 users, 7 posts, 3 favorites)

CiNii 論文 -ソーシャルワークのアイデンティティ : ケアマネジメントの展開が及ぼした影響〜PDFあり。アメリカとイギリスでの扱いを中心に。 https://t.co/i4DX6as9Ps
CiNii 論文 -ソーシャルワークのアイデンティティ : ケアマネジメントの展開が及ぼした影響〜PDFあり。アメリカとイギリスでの扱いを中心に。 https://t.co/i4DX6as9Ps
CiNii 論文 -ソーシャルワークのアイデンティティ : ケアマネジメントの展開が及ぼした影響〜PDFあり。アメリカとイギリスでの扱いを中心に。 https://t.co/i4DX6as9Ps
CiNii 論文 -ソーシャルワークのアイデンティティ : ケアマネジメントの展開が及ぼした影響〜PDFあり。アメリカとイギリスでの扱いを中心に。 https://t.co/i4DX6as9Ps
CiNii 論文 -ソーシャルワークのアイデンティティ : ケアマネジメントの展開が及ぼした影響〜PDFあり。アメリカとイギリスでの扱いを中心に。 https://t.co/i4DX6as9Ps
ソーシャルワークのアイデンティティ : ケアマネジメントの展開が及ぼした影響〜PDFあり。アメリカとイギリスでの扱いを中心に。元々はケースマネジメントだったこと。なぜケアになったかは読んでのお楽しみ。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007144760

収集済み URL リスト