著者
森園 絵里奈
出版者
九州大学
雑誌
九州大学心理学研究 (ISSN:13453904)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.273-280, 2005

The purpose of this research is to study the narratives of the past of the elderly in relation to their attitudes toward the past and life satisfaction. A scale consisting of 9 questions was developed to measure the frequency of articulation of spontaneous reminiscences in daily life. The sample consisted of 78 elderly people. The results suggest that the elderly who recall their past positively didn't talk about the past frequently, and that negative narratives were told more than positive ones. It was also found that the elderly who recall their past positively tend to be more satisfied with life. These results suggest that there is a meaningful relationship between narratives of the past, attitudes toward the past, and life satisfaction. When understanding the elderly, the frequency and contents of their narratives are valuable sources of reference.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 10 posts, 4 favorites)

CiNii 論文 -高齢者の「過去の語り」に関する研究 〜PDFあり。今満足なら人はあえて語らない。https://t.co/N0cuVL3pbd
CiNii 論文 -高齢者の「過去の語り」に関する研究 〜PDFあり。今満足なら人はあえて語らない。https://t.co/N0cuVL3pbd
CiNii 論文 -高齢者の「過去の語り」に関する研究 〜PDFあり。今満足なら人はあえて語らない。https://t.co/N0cuVL3pbd
CiNii 論文 -高齢者の「過去の語り」に関する研究 〜PDFあり。今満足なら人はあえて語らない。https://t.co/N0cuVL3pbd
CiNii 論文 -高齢者の「過去の語り」に関する研究 〜PDFあり。今満足なら人はあえて語らない。https://t.co/N0cuVL3pbd
CiNii 論文 -高齢者の「過去の語り」に関する研究 ~PDFあり。今満足なら人はあえて語らない。https://t.co/N0cuVL3pbd #福祉
高齢者の「過去の語り」に関する研究 〜PDFあり。考察でも書いてあるけど、昔ネガティブなことも今はポジティブになっていることもあるし、今満足なら人はあえて語らない。過去は多面とする考察は誠実だった。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007149610

収集済み URL リスト