著者
渡辺 実
出版者
地域安全学会
雑誌
地域安全学会論文報告集
巻号頁・発行日
no.6, pp.319-326, 1996-11

1.論文の目的 本研究は、阪神淡路大震災時にラジオが行った地震発生直後1時間の災害放送と、災害の規模は異なるが同じ直下型地震であったこと、また、地震発生時間も同じ日の共に早朝であったことなど、災害時の放送環境が類似しているノースリッジ地震時にラジオが行った米国の災害放送の内容(地震発生直後1時間)を比較・検討し、我が国の災害放送のあり方を検討する一助としたい。2.研究の方法 阪神淡路大震災時に放送されたNHKラジオ、AM神戸の放送内容と、1年前のノースリッジ地震時に放送されたKFWB(参考にKNX)の放送内容を、地震発生から1時間の時間帯において、時系列に比較検討を行った。3.結論 日米の災害放送の内容を比較・検討を行った結果、以下のような相違点、及び課題が明らかになった。(1)地震発生直後に、何を伝えるのか?(2)地震直後の防災情報の出し方(3)無線を使った初期被害情報の放送 阪神淡路大震災でも災害時におけるラジオの有効性が立証された。しかし、被災者の命を救うラジオが、「いつ、誰に、何を伝えるのか」について十分な議論がなされているのだろうか。本調査結果を見ると、米国のラジオメディアは、災害発生直後には報道機関ではなく、放送で命を救う情報や被害の拡大防止に役だつ情報を、被災者へ向けて放送する防災機関の役割に徹底していることがわかる。この放送の価値観は、ラジオメディアならではの、災害放送の価値観ではないだろうか。

言及状況

Twitter (13 users, 14 posts, 0 favorites)

この次元の災害時報道のポリシーは、日頃から怪獣映画観てると身に付くリテラシかもしれんw QT ronbuntter: CiNii「日米災害報道の比較研究 : 阪神淡路大震災とノースリッジ地震におる災害放送」http://ci.nii.ac.jp/naid/110007152480
ふむぅ、災害報道の研究はどれ位されているかと思えば、やはりあるところにはあるもんだな。まちづくり研究の分野とは思わなかったけど。「日米災害報道の比較研究 : 阪神淡路大震災とノースリッジ地震におる災害放送」http://ci.nii.ac.jp/naid/110007152480

収集済み URL リスト