著者
中原 泉 加藤 譲治
出版者
日本歯科医史学会
雑誌
日本歯科医史学会会誌 (ISSN:02872919)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.61-75, 1995-12-25
参考文献数
25

かつて死病と恐れられ猛威をふるいながら,いつのまにか成書から消えていった疾病は少なくない.口腔外科の難病であったnoma (水癌)も,その一つである.水癌とは,小児の口腔粘膜に現れる進行性の壊疽性口内炎の一臨床型,と定義される.水癌の原因は定まっていないが,要するに機械的化学的刺激のため,組織抵抗が減弱した部に細菌が感染して発症する.治療法は往時,局所的に病巣を切除・焼灼し,清潔安静と滋養強壮を保つ他なく,予後不良で死亡率は70〜95%に及んだ.この魔の疾患は,栄養状態の改善,予防接種の普及,抗生物質の普遍により,昭和30年(1955)以降激減し,古典的疾患へと衰退した.

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

「水癌」とは、じつにおそろしい病気だったのだな。 症例が「進駐軍のMPに殴られた傷から発症」「患者の家族が入手したペニシリンを投与」というのにも驚かされる。 https://t.co/h4R8balvhO
日本の古記録の中にも該当するものがあるかも。下で紹介されてるCiNii の論文 https://t.co/Vm0Rn8PqAv には症例のイラストや写真があるのでそのつもりで。 水癌、紛争などで栄養状態や衛生環境が悪化した場合、… https://t.co/zWgIBaRWqQ
水癌っなんぞ?と興味を持った方にサクッと読める医学論文を https://t.co/pbrEm2h5cC https://t.co/bx9OIvfH9y 「水癌、紛争などで栄養状態や衛生環境が悪化した場合、現れ得る疫病」… https://t.co/t3jAAyjjOB
CiNii 論文 -  NOMA(水癌)盛衰史 https://t.co/lpJlaRTecx #CiNii

収集済み URL リスト