6 3 0 0 仏陀の歯相

著者
中原 泉
出版者
日本歯科医史学会
雑誌
日本歯科医史学会会誌 (ISSN:02872919)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.195-201, 1996-10-11
被引用文献数
2

仏教の開祖である仏陀(ゴータマ・ブッダ)は,40歯相の持ち主であったという.果して,この40本の歯はどのように生えていたのだろうか.約2500年前に生きた仏陀の伝承に依拠して,現代の口腔解剖学から,40歯の植立状態を類推した.口腔解剖学の原則から,プラス8本の永久歯は,すべて正常数を越えて形成された過剰歯であると定義する.現代日本人における過剰歯の出現傾向と出現頻度からみて,上下顎の左右側の第1切歯4本,上下顎の左右側の第4大臼歯4本,計8本が正常形の過剰歯として歯列内に生えた,と結論した.これらの過剰歯の成因については諸説あるが,復古現象による祖先がえりとみるのが,もっとも合理的であると考える.

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

ところであとでじっくり読んでみたいなにかを見つけました。|CiNii 論文 -  仏陀の歯相 https://t.co/ttRCO1LxGn
CiNii 論文 -  仏陀の歯相 http://t.co/sTOEJxA5Fq #CiNii
ヒュパティアも面白そうなのですが、> 仏陀の歯相The Teeth of the Buddha : http://t.co/QRYbF5UFeF <こっちも気になります。 海亀のスープといい何といい、こういうの大好き。
@sanjou5 親知らずについて調べてたらこんな論文を見つけました-> http://t.co/3ycWUvgSvu 四十歯相について、現代の歯学で考察したそうです><

収集済み URL リスト