著者
高木 大資 辻 竜平 池田 謙一
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.36-45, 2010
被引用文献数
2

In this study, we examined crime control in local communities through interpretations mainly from social capital. Using data obtained from a mail survey in an urban area, we investigated the effects of cooperative behaviors promoted by individual-level or macro-level social capital in neighborhoods on the number of respondents' crime victimizations. The results show that the network size of cooperative acquaintances at the individual level promotes the number of respondents' cooperative behaviors. Moreover, having a neighborhood where greeting and standing talking are frequent promotes respondents' cooperative behaviors. It is also suggested that cooperative behaviors aggregated at the macro level have an inhibitory effect on the number of victimizations in terms of "burglaries of the communities."

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 15 posts, 12 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】高木ら(2010) 地域コミュニティによる犯罪抑制:地域内の社会関係資本および協力行動に焦点を当てて https://t.co/oPsNTEClPQ
【社会心理学研究・掲載論文】高木ら(2010) 地域コミュニティによる犯罪抑制:地域内の社会関係資本および協力行動に焦点を当てて https://t.co/oPsNTEClPQ
【社会心理学研究・掲載論文】高木ら(2010) 地域コミュニティによる犯罪抑制:地域内の社会関係資本および協力行動に焦点を当てて https://t.co/oPsNTEClPQ
【社会心理学研究・掲載論文】高木ら(2010) 地域コミュニティによる犯罪抑制:地域内の社会関係資本および協力行動に焦点を当てて http://t.co/GsTTNhXStY
【社会心理学研究・掲載論文】高木ら(2010) 地域コミュニティによる犯罪抑制:地域内の社会関係資本および協力行動に焦点を当てて http://t.co/xONgaiT9no

収集済み URL リスト