著者
山田 弘明
出版者
名古屋文理大学
雑誌
名古屋文理大学紀要 (ISSN:13461982)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.35-46, 2011-03-31

「某氏からデカルトへ パリ1641年7月」という差出人不明のラテン語書簡が存在する.長文であり,その内容はデカルトの「第五答弁」に対してガッサンディ主義の立場から細かな点を再反論する,という重いものとなっている.当初,デカルトはこれに答弁を付して『省察』の「反論と答弁」の最終章にしようと考えていたほどである.本稿では,その主要な論点を明らかにしつつ,全訳を試みる.

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

読む。 山田弘明「某氏からデカルトへの書簡(1641年7月)」訳解 https://t.co/lBtlmyW0ys
うは、面白そう。|CiNii 論文 -山田 弘明  「某氏からデカルトへの書簡(1641年7月)」訳解 http://t.co/VjCiILUd

収集済み URL リスト