著者
吉田 琢哉
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.211-218, 2011

Regulation of anger is fatal for well-being. Recent study has revealed that an effective means of anger regulation depends on interpersonal relationships in that constructive expression has a positive effect on relationship quality in close and equal relationships. To reveal the effective process of anger regulation, the present study focused on attitudinal factors toward emotional expression as determinant factors on constructive anger expression in close relationships. A survey was conducted on romantic adolescent couples and pairs of close friends. Results showed that a negative attitude toward one's emotional expression restrained constructive expression. While another attitudinal factor, expectation of others' emotional expression, had no effect on partners' use of anger regulation tactics, one's cognition of the partners' attitude promoted constructive anger expression. The role of communication for attitude decoding and changeability of attitude were discussed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 14 posts, 7 favorites)

【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 https://t.co/zhobyW3fY7
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 https://t.co/zhobyW3fY7
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 https://t.co/zhobyW3fY7
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 https://t.co/zhobyW3fY7
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 https://t.co/zhobyW3fY7
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 http://t.co/VTPgyIsU1e
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 http://t.co/TsWmhuldYc
感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 http://t.co/xHCToToI9d
【社会心理学研究・掲載論文】吉田(2011) 感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響 http://t.co/0Tu73luXjU
感情表出に対する態度が親密で対等な二者関係における怒り感情制御方略および親密度に及ぼす影響http://t.co/yjCrUYlM

収集済み URL リスト