著者
米地 文夫 リヒタ ウヴェ
出版者
岩手県立大学
雑誌
総合政策 (ISSN:13446347)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.13-31, 2009-12

宮沢賢治の作品のなかでも最も有名なものの一つである「銀河鉄道の夜」の物語のなかに「ケンタウル祭」という不思議な名前の祭りが登場する。物語の中心が星座をめぐる夢の旅であるため、この名はケンタウルス星座に因むものと考えられてきた。しかしこの名は賢治の若き日の短歌が初出であり、その内容や時期から星座には関係なく、ギリシャ神話の半人半馬の怪物ケンタウロスのドイツ語ケンタウルスをそのまま祭の名に用いたものであることがわかった。この時期、賢治は盛岡高等農林学校で馬の飼育管理とドイツ語を学んでおり、ちゃぐちゃぐ馬ッこをはじめとする馬産地岩手の人と馬との祭から発想したのである。また、キメラに関心があった賢治は人間の上半身と馬体の下半身をもつケンタウルを、理性と本能的欲望との葛藤に悩む自分になぞらえた。岩手と同じく、馬を祝福することで春の農耕の始まりに豊饒を祈るドイツにもある民俗を賢治はおそらく学び、若い男性としての高揚感をケンタウル祭と表したのである。のちに少年のための物語「銀河鉄道の夜」にこの名の祭を組み込むが、静謐な物語にはなじまず、結局は、削除されたり「銀河の祭」や「星祭」という名が加えられて、ケンタウル祭のイメージは希薄になってゆくのであった。

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 1 favorites)

秋の夜長に宮澤賢治を考える。 おもしろそうな論文を発見。 ケンタウル祭と、賢治のキメラに対する思い入れの関係を考察するもの。 https://t.co/AfNV2quynb
七夕は実際和漢朗詠集その他にも表れている通り、秋の季語なのでござる|ω・)>銀河鉄道の夜に出て来る「ケンタウル祭」も実は…という感じだったっけ https://t.co/6T9phhCxFi
参照|宮沢賢治が創った「ケンタウル祭」の由来と意義 : 短歌や「銀河鉄道の夜」とドイツ語・ドイツ文化との関わりをめぐって https://t.co/whfo8wCYmC

収集済み URL リスト