著者
牧 野幸志
出版者
摂南大学
雑誌
経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集 (ISSN:13402617)
巻号頁・発行日
vol.19, no.2, pp.19-36, 2012-02

本研究は,青年期における恋愛と性行動に関する調査研究である。本研究では,まず,現代青年の浮気経験,性経験を明らかにする。その後,浮気経験者への調査により,浮気関係,浮気行動の内容を明らかにする。被験者は,大学生・短大生400 名(男性195 名,女性205 名,平均年齢19.09歳)であった。そのうち,浮気経験者は52 名(男性22 名,女性30 名)であった。調査の結果,現代青年において浮気経験率は全体の13.0%,恋愛経験者における浮気経験率は17.4%であった。性差はみられなかった。また,性経験率は全体で40.5%であった。浮気行動を分析したところ,浮気関係では性的な関係を持つものが多く,浮気相手は同年齢が多かった。浮気の主な理由は,男性では「性的欲求を満たすため」が多く,女性では「相手の魅力」が多かった。浮気回数は,男女ともに1,2 回が多く,浮気が終わった理由は,女性では「恋人への罪悪感」が最も多かった。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (14 users, 19 posts, 9 favorites)

CiNii 論文 -  青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 - https://t.co/osdbZxkLkS #CiNii
青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)-大学生の浮気経験と浮気行動- https://t.co/HiJniG6a0h
青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)-大学生の浮気経験と浮気行動- https://t.co/HiJniG6a0h
青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)-大学生の浮気経験と浮気行動- https://t.co/HiJniG6a0h
青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)-大学生の浮気経験と浮気行動- https://t.co/HiJniG6a0h
青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)-大学生の浮気経験と浮気行動- https://t.co/HiJniG6a0h
青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)-大学生の浮気経験と浮気行動- https://t.co/HiJniG6a0h
浮気の心理学に関する日本の研究 CiNii 論文 - 青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 - https://t.co/ra8cKbg8fe #CiNii
明日の論文発表の為に、Ciniiでいろいろ探してたんだけどこの論文面白すぎ(°_°)さすがに学校で広げられる論文ではないけど、、笑 http://t.co/pvTFUbkklP
この論文面白い。 青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 - http://t.co/E54GZ4gsRK

収集済み URL リスト