著者
池田 資尚 板村 英典 池信 敬子 森下 伸也
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究
巻号頁・発行日
no.19, pp.75-85, 2012-07-21

私たち人間は日常生活を送る中で「笑い」という行為を意識的あるいは無意識的に表出している。このような人間の「笑い」という現象を科学的に考察するためには、それらを客観的に把握する手法を構築することが求められる。本稿では、笑いが発生する際に反応の見られる「顔」、「喉」、「腹」の3つの身体部位に着目し、それらの動きを計測する「3点計測システム」を用いて、笑い発生時の各身体部位の反応の有無を検出することから笑いの客観的な分類を試みるとともに、それらの組み合わせから笑いを論理的に8つのパターンに分けて捉える「笑いの分類モデル」を導出した。「3点計測システム」の視座から人間の笑いを客観的に把握・分類することは、「笑い」の多様性に対して新たな視点を提起することにつながり、日々の生活の中で忘却されがちな私たち人間の笑いのあり方を自覚的に捉えるための契機になると考えられる。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  顔・喉・腹の「3点計測システム」による「笑い」の客観的分類法の検討 http://t.co/Wlag03hYLg #CiNii
「顔・喉・腹の3点計測システムによる笑いの客観的分類法の検討」池田資尚・板村英典・池信敬子・森下伸也『笑い学研究19』:表情、音声、腹部の反応の有無による笑いの客観的分類 http://t.co/d8ZX4NPw

収集済み URL リスト