著者
井原 奉明 Ihara Tomoaki
出版者
光葉会
雑誌
學苑 = GAKUEN (ISSN:13480103)
巻号頁・発行日
vol.870, pp.83-94, 2013-04-01

Abstract It is the author's present design to determine, by an exhaustive analysis of the existing findings and evidence, how the conception of mono is understood and applied around the Jodai era. This study is the first step toward the primary research of the cosmology of the concept. Such a task pertains to linguistics, philosophy and other related academic fields. The author begins with a critical inquiry into Ms. Hasegawa's study of mono. For more integrated explication, he hypothesizes it derives from the idea of mana of the Pacific region. The adequacy was illustrated by an extensive clarification of how the concept acquires a variety of meanings and captures spatially-directed significances as a null symbol within the phenomenological "lived" space of subjectivity.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  「もの」概念の通時的・共時的意味 「もの」のコスモロジー研究に向けて https://t.co/yRRNQ62x25 #CiNii
「レヴィ= ストロースは、「マナ」について〔…〕「それ自身は意味をもたずそれだけにまたどんな意味でも構わずに受け入れることができる」、「ゼロの象徴的価値」と呼ぶ特殊な記号と同質のものであると言った」。井原奉明(http://t.co/sKWEgkZswH)
「レヴィ= ストロースは、「マナ」について〔…〕「それ自身は意味をもたずそれだけにまたどんな意味でも構わずに受け入れることができる」、「ゼロの象徴的価値」と呼ぶ特殊な記号と同質のものであると言った」。井原奉明(http://t.co/sKWEgkZswH)
「レヴィ= ストロースは、「マナ」について〔…〕「それ自身は意味をもたずそれだけにまたどんな意味でも構わずに受け入れることができる」、「ゼロの象徴的価値」と呼ぶ特殊な記号と同質のものであると言った」。井原奉明(http://t.co/ERYi3H4ZGE)

収集済み URL リスト