荒木優太(新しい本が出たよ) (@arishima_takeo)

投稿一覧(最新100件)

5 5 0 0 OA 皇道経済学

とか書いてたら、普通にあって笑った。https://t.co/bxi2hnXJ4E
CiNii 論文 -  〈文壇〉のハッピーバースデイ : ディスプレイとしての花袋・秋声誕生五十年祝賀会 (特集 文壇のアルケオロジー) -- (ソーシャル : 大正期/昭和戦前期の文壇)。これおもしろそうだな。 https://t.co/5ridair9r7
ポライトネスがなんなのか、最後までよく分からなかった。https://t.co/LhH9aqk3B0
東園子「女同士の絆の認識論――「女性のホモソーシャリティ」概念の可能性」、『年報人間科学』、大阪大学大学院人間科学研究科、2006。これはウェブで読めるよ。https://t.co/to4sI5qtSb
下村賢人+高島健太郎+西本一志「飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討」、『研究報告グループウェアとネットワークサービス』、情報処理学会、2020。これはウェブで読めるよ。https://t.co/UgupIQDwBM
圓田浩二「モンスター化する世界―—ポケモンGOの社会学(4)」、『沖縄大学法経学部紀要』、2019。これはウェブで読めるよ。https://t.co/iScO98pmL0
大久保孝治「清水幾太郎における文体の変遷」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要』、2020。これはウェブで読めるよ。https://t.co/Eozc3dXc8J
島津俊之「田山花袋の紀行文論再考」、『空間・社会・地理思想』、和歌山大学教育学部地理学教室、2013。これはウェブで読めるよ。https://t.co/CLRLGXNDk8

11 2 1 0 OA 苦悶の象徴

RT @kan_ysd: 【第4回読書会】 2021年2月14日14時~17時 課題書:厨川白村『苦悶の象徴』 (下記リンクから本文を読むことができます。) Skypeでの開催です。 戦前の文化風俗に関心のある方の参加を歓迎します。 参加希望の方はDMかリプライでご連絡ください…

9 0 0 0 OA 心理学精義

ジェイムズの『心理学』(岩波文庫)が絶版高騰中で困ったもんだと思っていたが、『心理学精義』という旧訳はデジコレで読めるのね。https://t.co/Qnhwzwchrj

3 0 0 0 OA それから

現在でも既に多くの戦前の出版物は国会図書館のデジタルコレクションを介して個人の端末で閲覧することができる(リンクは漱石の『それから』)。「一五〇万点」とはこれら以外でってこと?https://t.co/YM0XUGJHlW
田中祐介「思考様式としての大正教養主義――唐木順三による阿部次郎批判の再検討を通じて」、『アジア文化研究』、国際基督教大学アジア文化研究所、2004。これはウェブで読めるよ(直PDF注意)。https://t.co/DC4hB0hvgV
RT @ursus21627082: 日本でもすっかり定着した「ハロウィン」をアイルランドに残る「ケルト」文化から紐解く言説に対して、古代アイルランド島の文化を「ケルト」と呼びあらわすことはできないという欧米学会の研究動向をまとめた九鬼由紀「ケルトとは何か」『関学西洋史論集』4…
米地文夫 「志賀重昂『日本風景論』のキマイラ的性格とその景観認識」、『岩手大学教育学部研究年報』、1996。これはウェブで読めるよ。 https://t.co/TjloxZStxI
藤井貴志 「〈人形〉のレジスタンス――花田清輝の〈鉱物中心主義〉的モティーフと〈革命〉のヴィジョン」、『日本近代文学』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/v77Et5GIYV
小川栄一「夏目漱石の小説作品における「訛り」について――森田草平『文章道と漱石先生』を手がかりにして」(『武蔵大学人文学会雑誌』、2015)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/kYePjFinWO
神経回路学会における「在野研究者」「企業研究者」の取り組み/ふむ。 https://t.co/Jjbit4WSHK
関口安義「目的意識論への行程――大正十五年の青野季吉」、『日本文学』、日本文学協会、1982。これはウェブで読めるよ。https://t.co/JjQ18PcCaK
あとは、『午前の殺人』所収の『清めの布と希望』もいいよ。潔癖症小説の代表作だね。拙著『仮説的偶然文学論』でも割と厚く扱った。https://t.co/JOlqCYgCm9
中河の小説集のいくつかはネット上でも読めるのだが、関心ある人は『氷る舞踏会』所収の、『彼の憂鬱』あたりを読んでみるといいんじゃないか。ページが欠けているのが惜しいが。。https://t.co/M0OHDlaK4w
佐々木恵理「増殖するハラスメント――「ハラスメント語」を考える」、『ことば』、現代日本語研究会、2019。これはウェブで読めるよ。https://t.co/qmkFAPjtnS
「ファーブルと南方は、研究機関に属さないアマチュア研究者であるが故に、 文献へのアクセスに不自由していたという共通点があった」。へぇー。 https://t.co/JS0ZaKkMFL
田村義也「情報提供者(?)南方熊楠――イギリス人研究者への協力について」、『「エコ・フィロソフィ」研究』、東洋大学、2019。これはウェブで読めるよ。https://t.co/WGNLZH1HAc
山崎隆広「〈情況〉とサブカルチャーーー雑誌『試行』をめぐる文化論的考察」、『群馬県立女子大学紀要』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/pZBkEOGpfP
概念的紹介がよりカッチリした一つ前の論文も読める。「性的モノ化と性の倫理学」、『現代社会研究』、2006.https://t.co/RP9iOiOrcI

14 0 0 0 IR 性的モノ化再訪

江口聡「性的モノ化再訪」、『現代社会研究』、京都女子大学現代社会学部、2019。これはウェブで読めるよ。https://t.co/c3YefDPvLt
川上直秋「単純接触効果と無意識――われわれの好意はどこから来るのか」(『エモーションスタディーズ』、日本感情心理学会、2015)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/kY5UmQ0lqU
村井重樹「「ハビトゥス」概念の行為論的射程――ミード理論からの示唆による「実践」の再把握に向けて」、『ソシオロジ』、2008。これはウェブで読めるよ。https://t.co/8aC9TkrvxV
楠元町子「セントルイス万国博覧会と日露戦争――異文化交流の視点から」、『異文化コミュニケーション研究』、愛知淑徳大学、2003。これはウェブで読めるよ。https://t.co/vcNSjXr8GT
山本雄二「概念の変形と理論の不幸――G.H.ミードのgeneralized otherを巡って」、『関西大学社会学部紀要』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/LUwYujm2HR
吉本陵「人類の絶滅は道徳に適うか?――デイヴィッド・ベネターの「誕生害悪論」とハンス・ヨーナスの倫理思想」、『現代生命哲学研究』第3号、大阪府立大学21世紀科学研究機構現代生命哲学研究所、2014。これはウェブで読めるよ。https://t.co/eDPU3dqZgM
RT @K_Tatz: 自然科学の在野研究についての論文を読んでる。面白い。 アマチュア科学者の科学実践の継続を可能にする要因に関する探索的研究(木村、2017) https://t.co/oKAnRezha0 (pdf) 聞き取り調査対象が天文学と昆虫学というのも、やは…
佐々木基裕「アメリカにおける「フレンチ・セオリー」受容の知識社会学的検討」、『京都大学大学院教育学研究科紀要』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/qzZT0DojKc
橋迫瑞穂 「「子宮系」とそのゆくえ――現代日本社会における女性のスピリチュアリティ」、『応用社会学研究』、立教大学、2019。これはウェブで読めるよ。 https://t.co/siJD9wMHSL
山内彰「遊歩者としてのホイットマン」、『アメリカ研究』、1997。これはウェブで読めるよ。 https://t.co/wnQL6e1yxs
小杉亮子「全共闘とはなんだったのか――東大闘争における参加者の解釈と意味づけに着目して」、『大原社会問題研究所雑誌』、法政大学大原社会問題研究所 、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/64hmM6GGZZ
関戸菜々子+姫野諒太郎+早瀬裕也+小谷瑛輔「ナツヅタの樹液による芋粥再現実験」、『群峰』、富山文学の会 、2019。これはウェブで読めるよ。https://t.co/WoVRJrqycM
寺田征也「鶴見俊輔における大衆文化論の視角としての「思想」」、『現代社会研究』、東洋大学現代社会総合研究所、2013。これはウェブで読めるよ。https://t.co/0kxh0QL7Be
居永正宏「心脳問題と人間的自由――リベットの実験とデネットの解釈について」、『現代生命哲学研究』、現代生命哲学研究所、2013。これはウェブで読めるよ。https://t.co/NiDlhtHOoc
安藤丈将「鶴見俊輔の小集団と民主主義」、『現代思想』10月臨時増刊号、2015・9。https://t.co/oFsCGdOBE2
杉山直樹「持続と呼びかけ――二つのベルクソニスム」、『徳島大学総合科学部人間社会文化研究』、2000。https://t.co/yk1iaJ2VsD
岡田俊裕「小田内通敏の地理学研究――在野的・非主流派地理学の形成」、『地理科学』、1995。これはウェブで読めるよ。https://t.co/Qn7yUQGgqo
森邦昭「フンボルト理念をどう受け継ぐか」、『文藝と思想』、福岡女子大学・国際文理学部紀要、2012。これはウェブで読めるよ。https://t.co/Rcv29el4DJ
RT @bungakuron: ポスト漱石としての芥川については、以下の論文が勉強になりました。やや難解です。 CiNii 論文 -  「鼻」を《傍観》する : 夏目漱石『文学論』を視座にして https://t.co/ZK1z41PnS9 #CiNii
佐藤泉「共同体の再想像――谷川雁の「村」」、『日本文学』、日本文学協会、2007。これはウェブで読めるよ。https://t.co/PxBHAOgqc1
野澤秀樹「エリゼ・ルクリュの地理学とアナーキズムの思想」、『空間・社会・地理思想』、大阪市立大学大学院文学研究科地理学専修、2006。これはウェブで読めるよ。https://t.co/wGOY0UrVuv
石川巧「戦前における〈近代文学〉の教科書」、『日本文学』、2014。これはウェブで読めるよ。https://t.co/Dba9Y7z5I4
安田智博「認知資本主義での労働と消費の併合によるイヴァン・イリイチのシャドウ・ワークの再評価」、『Core Ethics』、立命館大学大学院先端総合学術研究科、2018。これはウェブで読めるよ。https://t.co/8WFnhhPbtK
吉田精一「蔵原惟人(遺稿)」、『国文学解釈と鑑賞』三月号、至文堂、1986。https://t.co/XKMPX8BBrB
周藤真也「アニメ「聖地巡礼」と「観光のまなざし」――アニメ『氷菓』と高山の事例を中心に」、『早稲田社会科学総合研究』、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/VaIF8mFHY3
中井良太「リバタリアニズムにおける子供に関する一考察」、『千葉大学人文社会科学研究』、2011。これはウェブで読めるよ。https://t.co/SKl1yX8Rv4
鈴木雅雄「星々は夢を見ない――オーギュスト・ブランキに関する覚え書き」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要第2分冊』、2008。これはウェブで読めるよ。https://t.co/hEMZVqprRE
松橋俊輔「J・デューイの『人間本性と営為』における「正常」な「熟慮」 ――「成長」の思想のより具体的な理解へ向けて」(『研究室紀要』、東京大学大学院教育学研究科基礎教育学研究室 、2017)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/PxRwiPZVF2
伊藤佐枝「私は誘惑される、ゆえに、私は在る……――有島武郎『石にひしがれた雑草』論」、『日本文学』、日本文学協会 、2004。これはウェブで読めるよ。https://t.co/vLGPmRnJxH
中本義彦「エリック・ホッファーと日本人」、『表現者』、ジョルダン、2005・7。https://t.co/LWiJHMNjeh
鶴見太郎「昭和戦前期における郷土研究の組織化――橋浦泰雄の人脈構成に見る」、『早稲田大学大学院文学研究科紀要第4分冊』、早稲田大学大学院文学研究科、2004。https://t.co/NG5SaKklWw
庄司武史「下地寛令・清水幾太郎共著『心理学概論』について――新資料の書誌的情報と成立事情を中心に」、『早稲田社会科学総合研究』、早稲田大学社会科学学会、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/3f1AO72rMr
根津朝彦「多田道太郎における非・反アカデミズムの視座」、『社会科学』、同志社大学、2013。これはウェブで読めるよ。https://t.co/Eu1lm0wJti
山本哲士「キューバ革命教育学校とイデオロギー形成ーー技術研究所への転換」、『人文学報』、 首都大学東京都市教養学部人文・社会系、1975。これはウェブで読めるよ。https://t.co/FATXrjfJ99
森元庸介「17世紀演劇論争を再考するためにーー決疑論をプリズムとして」、『仏語仏文学研究』、日本フランス語フランス文学会、2011。これはウェブで読めるよ。https://t.co/M19P8S0gp6
@thoth_singing 木村朗子さんの「震災後文学の憑在論(hauntology)」(2017)は割と近いんじゃないですか。https://t.co/JVfjYPYgo3
藤森清「平面の精神史――花袋「平面描写」をめぐって」、『日本文学』、日本文学協会、1993。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mjEgXVscd5
大久保ゆう「青空文庫から textファイルの未来へ――パブリックドメインと電子テキストの20年」、『情報管理』、科学技術振興機構、2017。はい、ここで読めます。https://t.co/7eeAAjb782
山室吉孝「プラグマティズムとピューリタニズムのエートス」、『教育研究』、国際基督教大学教育研究所、1985。はい、ウェブで読めます。https://t.co/gahSjvTe6H
米山正文「文学に見る人種偏見――19世紀アメリカを例に」、『エモーション・スタディーズ』、日本感情心理学会、2015。これはウェブで読めるよ。https://t.co/f0cZxUQaPv
尾西康充「有島武郎と内村鑑三――「リビングストン伝」第四版序言の根底にあるもの」、『キリスト教文学研究』、日本キリスト教文学会、2011。https://t.co/9E7tZY4Ujl
佐々木交賢「アメリカンプラグマティズムとフランス思想界」、『Sociologica 』、創価大学社会学会、1993。https://t.co/9Ja0ee3v5S
野室紗恵「有島武郎「惜みなく愛は奪ふ」論――橋浦泰雄という転換点」、『清泉語文』、清泉女子大学日本語日本文学会、2018。https://t.co/6jPMoHqK09
黒田俊太郎「二つの近代化論――島崎藤村「海へ」・保田與重郎「明治の精神」」、『語文と教育』、鳴門教育大学国語教育学会、2016。これはウェブで読めるよ。https://t.co/RdVoPRvac2
今泉早織「「自覚」と「不快」――埴谷雄高の創作における西田幾多郎の影響」、『求真』、田辺元記念哲学会求真会、2015。これはウェブで読めるよ。https://t.co/6wJDwDn1C3
佐々木周作+明坂弥香+黒川博文+大竹文雄「芥川賞・直木賞受賞が余命に与える影響――プログレス・レポート」、『行動経済学』、行動経済学会、2015。これはウェブで読めるよ。https://t.co/C6Au1K3RmP
宇田川元一「生成する組織の研究――流転・連鎖・媒介する組織パースペクティヴの可能性」、『組織科学』、組織学会、2015。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mX4PJVO7An
これ読めばいいのかな?https://t.co/dm47IrBzyB
白田幸治「人は他者を支えるためにセルフヘルプグループに参加するのか?――交換理論で読み解くセルフヘルプグループ」、『Core ethics』、立命館大学、2013。これはウェブで読めるよ。https://t.co/jsgVWA2Wh6
中村勝範「森戸事件と吉野作造の「クロポトキン論」」、『法学研究:法律・政治・社会』、慶応義塾大学法学研究会、1994。これはウェブで読めるよ。https://t.co/xN4v8op07A
吉川浩満「人類の起源という考えそのものについて」、『現代思想』、2016・5。https://t.co/ca5iaDUnPc
岩城千早「G・H・ミードの「社会的行動主義」――相互行為プロセスへのパースペクティブ」、『社会学評論』、日本社会学会、1987。これはウェブで読めるよ。https://t.co/FmlG51UgeJ
内田明「活字史研究書としての徳永直『光をかかぐる人々』に見られる達成」、タイポグラフィ学会誌、2013。https://t.co/Gpn1Tz9Omw
木島泰三「スピノザにおける偶然性の意義――有限者における偶然性と必然性との創造的結合と、その古代および近代エピクロス主義との比較」、『法政大学文学部紀要』、2015。これはウェブで読めるよ。https://t.co/A9uVp9XIiK
加戸友佳子「マルクス学位論文における認識論」、『神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/d841H58uqy
酒井大輔「多元主義からイデオロギー対立へ――大嶽秀夫の政治学とその変容」、『年報政治学』、木鐸社、2016。https://t.co/MN8dACCid8
高田敦史「ストーリーはどのような存在者か」、『科学基礎論研究』、2017。これはウェブで読めるよ。https://t.co/mepQc6ptFV
冲永宜司「プラグマティズムと形而上学――ウィリアム・ジェイムズとフェルディナンド・C・S・シラーを中心に」、『哲学研究』、京都哲学会、2014。https://t.co/ItLWB55yC8
佐藤雄大「オルテガ思想における司書像――司書の教養をめぐって」(『明治大学図書館情報学研究会紀要』、2011)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/dQHe0bJWhq
ふと気になって『貧しい出版者』が入ってる収蔵図書館調べてみたら14館もあった。ありがたいことだ。そして、入ってない所は買ってくれても全然困らないんですよ?https://t.co/hha0hL81X2
中澤務「プロタゴラスの人間尺度説――その歴史的実像をめぐって」(『關西大學文學論集』、2017)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/bbsrsVb55v
青柳りさ「プルーストと脳科学――記憶」(『金沢美術工芸大学紀要』、2010)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/GsAmvxPVry
奥堀亜希子「「赦し」とは何か――無条件的な赦しは必要なのか」(『21世紀倫理創成研究』、神戸大学大学院人文学研究科、2015)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/GuW6Yky86a
辻田右左男「地人論の系譜――A.Guyotと内村鑑三」(『奈良大学紀要』、1977)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/WPckDN12AP
下司晶「アンナ・フロイト-メラニー・クライン論争――精神分析の分岐点としての児童分析」(『教育哲学研究』、1999)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/u3EzR5P09B
大澤聡「アカデミズム、ジャーナリズム、ディレッタンティズム――丸山眞男の文体論にむけたメモランダム」(『現代思想』、青土社、2014・8)。https://t.co/SpEEs4dQut
萬田慶太「小林多喜二「蟹工船」ブームの諸相――二〇〇〇年代後半の読者受容をめぐって」(『近代文学試論』、広島大学近代文学研究会、2017)。https://t.co/YDQ5j7glp5
山崎沙織「「読めない母親」として集うことの分析――長野県PTA母親文庫の1960年代から」(『社会学評論』、日本社会学会、2015)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/e66nBC2LTd
佐藤章「内戦下コートディヴォワールにおける政権派民兵の政治的役割」(『アフリカレポート』、アジア経済研究所、2006)。これはウェブで読めるよ。https://t.co/0qwYnySEri
木戸浦豊和「夏目漱石・島村抱月・大西祝における「同情」の文学論――一八世紀西洋道徳哲学の《sympathy》を視座として」(『日本近代文学』、2017)。https://t.co/6MV0lvRgIr

お気に入り一覧(最新100件)

嬉し泣きについて,8-9歳児は嬉しくて泣いたことを理解できるけど,5歳児は泣いた理由がわからなかったり「悲しくて泣いた」と判断するよという研究。日本語オープンアクセス。/ 幼児・児童の喜びによる泣き場面での他者感情推測 https://t.co/DaifJ4QlpQ
なんか恐ろしい論文を見つけたのだが・・・ CiNii 論文 -  ソーシャルメディアと履歴書情報の照合を通じた個人の言動の推定 https://t.co/3sYTB2pkvb #CiNii
吉澤(2018)「ダークサイエンスとは,科学の不定性や科学技術の社会への負の影響,科学者共同体内部における…構造的問題に目を向け…科学の発展の必然的帰結としての環境や人類への破壊的影響への不安や怖れ,悼みや悲しみを湛えた科学的営為である。」https://t.co/yBNK06xTGu
「社会学者はしばしば「おもしろい」とか「おもしろくない」といって他人の研究を評価するが、おそらく、この「おもしろい」という言葉にコンセンサスの不在を隠蔽する機能がある…おもしろいけど学問的には価値のない研究はあるし、おもしろくなくても優れた研究はある」https://t.co/R35N8rkmxM
2017年に人工知能学会の『人工知能』に書いた拙論、「麦とペッパー」がJ-STAGEで公開されてた。 https://t.co/f2DKkhGhKB
荘園を「私的大土地所有」として理解するのは間違い!という記事。歴史学ではとっくに覆された見解が今も生き残っている理由に関する考察もされている。大変勉強になりました。 岡野 友彦「日本の荘園はなぜ教えにくいか」 https://t.co/ZoB0NQwCbK https://t.co/jp5DgF5tfR
わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の和文論文誌の重要性を説いてください。
松井勇起「図書館員の待遇の考察 ― 機能としての「低賃金カルテル」 ―」 図書館員の仕事は誰でもできるから低賃金と見なされているが、実際は低賃金構造を固定化する賤業バイアス(低賃金な仕事は誰でもできるだろう)などによる低賃金カルテルが原因とする論文。 https://t.co/E9ACJtYBTL
去年発表した論文「ポヱチカルな俗語 : 二葉亭四迷と民友社」が公開されました。ぜひ読んでみてください。https://t.co/ioFvnNFe2Z
論文が早期公開されました。「マインドフルネスは有害な行動にむすびつくか?」 倫理観低い人がマインドフルネススキルが高い場合,「きついことを言えば相手はひきさがる」、「他者を傷つけてでも自己の欲求を充足したい」といった能動的な攻撃傾向が高いことが示されました https://t.co/63qsdzdd5O
PDFあり。 ⇒大場博幸 「非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂」 『教育學雑誌』57 (2021) https://t.co/9Mv27akyRg
田中 大介「柳田國男の交通論」 https://t.co/eZbaiB1wFS >柳田は汽車で移動中、窓外の風景をいちいち解説し、本を読む以外はこの学生に向けて延々喋り続けていたように見受けられる こういう人地理研にいっぱいおるな https://t.co/IYBU4KcDDd
共訳した「沈黙を破る : 新自由主義化する大学の‟隠された傷”」がリポジトリに上がりました。研究者なら読んで深いため息を吐きながら「ほんまその通り!」と頷いてしまう、大学組織の新自由主義化が研究者を蝕む構図を、オートエスノグラフィー的に描く名作です。  https://t.co/hpcenC5v7b

9 0 0 0 OA 心理学精義

ジェイムズの『心理学』(岩波文庫)が絶版高騰中で困ったもんだと思っていたが、『心理学精義』という旧訳はデジコレで読めるのね。https://t.co/Qnhwzwchrj
栗原悠「島崎藤村「ある女の生涯」における信仰:森田正馬の〈患者〉認識との比較を中心に」『日本近代文学』101巻がリンク先から読めるように!森田のいた病院が描かれていることから、関連する精神科治療を綿密に調べた上で作品を考えた、医学史と文学研究を繋ぐ名論文。 https://t.co/XvEbIZJzw2
僕の初の査読論文「ポルノグラフィ消費者によるジェンダー化されたジャンルの解釈――女性向けアダルトビデオを視聴するファンに着目して」含む、『年報カルチュラル・スタディーズ』Vol.8がWebでも公開されたようです https://t.co/uPlhYNkXk1
そういえば、『現代民俗学研究』第9号(2017)に載せた「神なき時代の妖怪学」がpdfで公開されております https://t.co/MusASyMCmL (英文タイトル、今見ると変だ)
「いき」の構造について書きました。ただし、九鬼周造ではなく、アガンベンの〈聖なるもの〉概念について批判的に検討した論文です。 佐々木雄大「「閾」の構造:アガンベンにおける両義性の概念について」『日本女子大学紀要 人間社会学部』第30号。 リンク先からDL可 https://t.co/hYFK9ByMqw
リポジトリで公開されていました→「無知の責任と無知による行為の責任」『国際哲学研究』9号 https://t.co/uDXIc0goLO
【『層 映像と表現』12号全文Web公開:HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション』】論文10編を公開  北海道大学大学院文学研究院映像・現代文化論研究室https://t.co/FoO1OikNVx
PDFあり。 ⇒茂木謙之介 「〈宗教〉で〈幻想〉を語る : 雑誌『幻想文学』研究序説」 『JunCture : 超域的日本文化研究』9 (2018) https://t.co/CJ2cDfJZOE
【HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション公開】中村三春/谷川俊太郎と〈流用アート〉序説 : 『定義』『コカコーラ・レッスン』『日本語のカタログ』/『北海道大学文学研究院紀要』第158号 https://t.co/KaZ7dxIPn4
明治学院大学国際平和研究所機関誌『PRIME』42号(2019年3月)に、「学術書編集と学問・著者・読者―中田英樹・高村竜平編『復興に抗する』をめぐって」という小文を書かせていただきましたが、それがリポジトリで公開されていました。ご笑覧いただければ幸いです。 https://t.co/XKEhvHtf2I
『年報政治学』2016年I号がJ-STAGEで公開されたんですね。 私の最初の論文「多元主義からイデオロギー対立へ――大嶽秀夫の政治学とその変容」も載ってます。 https://t.co/KRT6gOceA1
森本あんり「文脈化神学の現在――「アジア神学」から見た「日本的キリスト教」解釈の問題」日本宗教学会『宗教研究』79(3)、653-675頁、2005年 https://t.co/MhvoYIzyCq
【『層 映像と表現』Vol.11 Web公開】北海道大学大学院文学研究科映像・表現文化論講座(今年度より文学院表現文化論講座映像・現代文化論研究室)の機関誌『層 映像と表現』は、第11号よりHUSCAP北海道大学学術成果コレクションにて公開されています。(論文15編を収録) https://t.co/LXeK5eWW2Q
拙稿「詩学と解釈の通路―芥川龍之介の小説を視座として」『テクスト分析入門 実践編』(2018年6月)がリポジトリでも公開されました。物語分析の一般理論を目指すナラトロジーと個別作品を解釈する作品論の関心をどのように交わらせていけるかを検討したケーススタディです。 https://t.co/M646sdcTwS
CiNii 論文 -  大地への慎重な接近 : サン=テグジュペリを読むサルトル https://t.co/iPHjnQqW3W
[きょうのPDF]掛野 剛史「00年代の近代出版史研究」 https://t.co/hsH9xUzoX3 抄録:本稿では2000年以降に発表された,明治期からおおよそ戦前,戦中期にいたるまでを対象とした出版に関する書籍,論文を概観し,その成果を整理紹介することで,近代出版史研究の動向と今後の可能性を提示した.
CiNii 論文 - 知的障害者を包摂しうる理論についての一考察 : 潜在能力アプローチの可能性〜PDFあり ロールズやセンなどの理論の紹介と潜在能力アプローチをつなげた意欲作 https://t.co/az6cwgLSAb
ポスト漱石としての芥川については、以下の論文が勉強になりました。やや難解です。 CiNii 論文 -  「鼻」を《傍観》する : 夏目漱石『文学論』を視座にして https://t.co/ZK1z41PnS9 #CiNii
PDFあり。 ⇒石川巧「戦前における〈近代文学〉の教科書」 『日本文学』63巻(2014)1号 https://t.co/g8hNbPVd9L 「本稿は、日本の高等教育機関において近代文学という学問が正式に承認され、汎用性のある教科書が編まれるようになったのはいつ頃からか? という問いを立てることから出発し、…」
さすがにこれは初学者には難解...語源学的な話はおフランス語読めないしこういうので補充補充。壮観な『相関社会科学』より。 今野晃 CiNii 論文 -  social概念のある起源をめぐって : 『社会契約論』の分析を手がかりに https://t.co/l7VZsN9WE1 #CiNii
ベケットの想像力と「人間と世界の絆」 ― 対馬美千子(筑波大学リポジトリ) https://t.co/Ot2YjIw2DQ #PDF ドゥルーズの映画論やプランショの文学論を参照しつつ、ベケットにおける人間と世界との関係を考察した論文。「イメージ」をテーマにすることで、この3人の接点がよく見えてくる。
森田亜紀「「おのずから」と中動態、そしてオートポイエーシス」『倉敷芸術科学大学紀要』16、2011年。https://t.co/CF8PnpGasm
西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https://t.co/TQFcZtQY6p
飯田央『模倣哲学 : 一名・日本模倣之性質』。この本面白そうだな。https://t.co/yMXR9pQudr
古市将樹(2002)学位論文「土田杏村の社会教育学に関する研究 :教育観の転換の構造」(早稲田大学)。「神秘的象徴主義」、『象徴の哲学』における認識論についての考察もある。https://t.co/Diiazn82H8
米村幸太郎「公共的理由アプローチの拡散と展望 : クォンとヴァリエの場合」 横浜国立大学学術情報リポジトリ-トップページ https://t.co/JZqi8DsImw
笹倉秀夫「マイケル・サンデルにおける正義と道徳 -併せてロールズ・井上達夫考-」早稲田大学リポジトリ-トップページ https://t.co/Fh0A1UX2hf
井上達夫「正義, 法, そして立憲民主主義」 山形大学学術機関リポジトリ-トップページ https://t.co/ViELeBtyY5
応地利明「初期札幌農学校における地理学教育――Prof. J.C. Cutter述“Lecture on the Geography of Europe”, 1881を中心として」。あとで読む(それにしても珍しい名前だな)。https://t.co/1eCyuNGHAi
メディアと宗教をめぐる論文。ずっと考えていたのは、調子悪い時には「叩けば治る」という信仰がテレビにはあったけど、ラジオを叩く人はいなかったのか、ということ。 CiNii 論文 -  機械の中の幽霊(<特集>科学・技術と宗教) https://t.co/LhgNXmLDVM
CiNii 論文 -  政治において当事者とは誰か? : アレント、ムフ、ランシエール https://t.co/QTGLfU2frU #CiNii
これですね。https://t.co/xW69Avy1FK https://t.co/GvuI5k5nVt

3 0 0 0 OA 泡鳴全集

泡鳴は「小説表現の四階段」1912.6 https://t.co/8UMklNKkicで「描寫」に對し「説明」を持ち出す。文壇の通用語だったこと、廣津和郎全集八卷「「説明」と「描写」」1922他に看取できる。@moji_ka @kameiasami @arishima_takeo
こんな論文を発見。石井素子「日本におけるJ.-P.サルトルの受容についての一考察 翻訳・出版史の視点から」(『京都大学大学院教育学研究科紀要』52号、2006年)。サルトル全集を出した頃の弊社について詳しく書かれています。https://t.co/uw0buyqsfG
塚原史「ツァラと日本の作家たち ―瀧口修造、坂口安吾、横光利一」(2013)http://t.co/92ybuSotWC :たまたま見つけた、塚原氏の近著にも未所収の論考。やわらかな書きぶりながら、日本の戦前期のダダ/シュルレアリスム受容に関して参考になるところ多数。
大正/昭和期におけるベルクソン受容。宮山昌治さんが既にやってくれていた。ありがたい。『人文』2005、2006。 http://t.co/tz4c9a9ZjG http://t.co/bFHeMFI74c
大正/昭和期におけるベルクソン受容。宮山昌治さんが既にやってくれていた。ありがたい。『人文』2005、2006。 http://t.co/tz4c9a9ZjG http://t.co/bFHeMFI74c
大正/昭和期におけるベルクソン受容。宮山昌治さんが既にやってくれていた。ありがたい。『人文』2005、2006。 http://t.co/tz4c9a9ZjG http://t.co/bFHeMFI74c
大正/昭和期におけるベルクソン受容。宮山昌治さんが既にやってくれていた。ありがたい。『人文』2005、2006。 http://t.co/tz4c9a9ZjG http://t.co/bFHeMFI74c
CiNii 論文 - 西岡 亜紀 - 「喪失」の表象のネットワーク : 『死の島』のカタカナ使用とフォークナー・原爆文学 http://t.co/t3OVUtw0 #CiNii

フォロー(1354ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

RT @wogakuzu: ほんっとに先日古本屋で買って読んだ木村荘八の随筆に龍宮の乙姫様という証言を見た。 界隈で吉原大門が熱いが、乙姫さんがわちきを思い出せと声でもあげているような具合で、おもしろいなあ。 https://t.co/Cz4HsGt0km
@St8GWBikWwNVhOV ヒデザネ氏のその論文が『G-W-G-』という名の雑誌に掲載されたことは「セクハラ物象化論」のようなそのポストモダンな内容と奇妙な関係にもあったでしょうか。そして廣松渉を批判し田上博士が剔抉した物件化概念は、啓発的です。セクハラからこそ物件化=商品化も視えるのでは。https://t.co/DkNKMFjOQ5
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
人文地理/73 巻 (2021) 3 号 #書評 J-STAGE Articles - 筒井一伸編『田園回帰がひらく新しい都市農山村関係―現場から理論まで―』 https://t.co/inIU7Zwhxh
人文地理/73 巻 (2021) 3 号 #書評 J-STAGE Articles - 立見淳哉・長尾謙吉・三浦純一編『社会連帯経済と都市―フランス・リールの挑戦―』 https://t.co/OpQdqI7zzJ

17 3 2 2 OA 戦時国際法講義

RT @ObLaDiOblako2: @yankumikourin99 @PurplePearl39 @keinikuniku @asatian @yamanekofuku @CpgUwAUTee4DPoa @pralinek_ @peXgjApVLhcVtI2 @akg001…
RT @ikegai: すばら、おそらく日本語で初めてのCDL検討論文。早速令和3年改正著作権法31条絶版等資料送信との関わりも。図書館アーカイブ著作権関係の皆様必読です。/Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https:…
RT @ropcb08: [PDF] 昭和41年「丙午」に関連する社会人口学的行動の研究 坂井 博通(清泉女学院短期大学) / https://t.co/MuzFAv6wIr
RT @ikegai: すばら、おそらく日本語で初めてのCDL検討論文。早速令和3年改正著作権法31条絶版等資料送信との関わりも。図書館アーカイブ著作権関係の皆様必読です。/Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https:…
@jyunku @tsysoba 地方の印刷所、ほんと手がかりが少なすぎて困るんですよね(https://t.co/fnm39X9QTl)。 大正末まで城崎郡で活動していた印刷所は(橋本活版所含めて)全国印刷業者名鑑(https://t.co/GpIrq7o6rM)に載ってるんですが、豊岡印刷所の名前は見ません…… https://t.co/sglBo81R1Z

71 71 71 25 OA 日蓮の国へ

RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
姜姍「<エッセイ : 小特集「パンデミックに思うこと」>アマビエからヨゲンノトリまで : 「疫病退散」についてのお守りたち」『日文研』65、2020年9月30日。https://t.co/4H0AF4XcIh
長野栄俊「予言獣アマビコ考-「海彦」をてがかりに」『若越郷土研究』49(2)、2005年1月。https://t.co/vC8YeYW74e
CiNii 論文 -  日本における「脳死=人の死」規定とその根拠 : 二つの社会的合意からの分析 https://t.co/GBOn4PGKBZ #CiNii
武・アーサー・ ソーントン「妖怪「アマビエ」の出自 ─"Medico della Peste"(ペスト医師)の面影─」『文学論叢』95、2021年3月。https://t.co/2rzGHgToXL
下村昭夫「『The Art and Science of Book Publishing』の現代的意義―箕輪出版学のルーツ」より。 https://t.co/pKQZL5zEHL この論考では“箕輪出版学”のルーツとされている『出版経営入門―その合理性と非合理性』のほうが主題なんだけど、買ったけど、まだ届いてない。
王蘭「周作人の「鬼・怪」論:―柳田国男と比較して―」『比較文学』51(0)、2009年。https://t.co/gYUql6UWkN
RT @animemitarou: 『メディア・コンテンツ・スタディーズ』 (ナカニシヤ出版) 全国の大学附属図書館に 入れていただいております(^_^) 現在193館! 200館達成まであと少し!!! CiNii 図書 - メディア・コンテンツ・スタディーズ : 分析・…
RT @DN_networks: 【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひ…

33 2 2 0 OA 浮世道中膝栗毛

https://t.co/2PNNr3eitO https://t.co/xENvsiH6Lq
RT @SuyamaToru: 機巧図彙には、和時計の機構について丁寧に書かれています。江戸時代に既にこんな機構があったと思うとすごいです。そして、不定時法に合わせるために天符を加えて工夫したのがまたすごい。 https://t.co/HK8lfJmdyR
RT @kumagaikazuhimi: 宮崎駿のアニメーション映画『風の谷のナウシカ』および『天空の城ラピュタ』を題材としての構造分析 https://t.co/iAdHNobTPO

123 108 108 10 OA 日米戦争未来記 : 小説

RT @BESAN_T: @uranux_jp @May_Roma 本当に大正9年発行の本ですよ。ちゃんと国立国会図書館デジタルコレクションでも公開されています。 https://t.co/KIHR3nUMw7

123 108 108 10 OA 日米戦争未来記 : 小説

RT @BESAN_T: @uranux_jp @May_Roma 本当に大正9年発行の本ですよ。ちゃんと国立国会図書館デジタルコレクションでも公開されています。 https://t.co/KIHR3nUMw7

123 108 108 10 OA 日米戦争未来記 : 小説

RT @BESAN_T: @uranux_jp @May_Roma 本当に大正9年発行の本ですよ。ちゃんと国立国会図書館デジタルコレクションでも公開されています。 https://t.co/KIHR3nUMw7
これは抄録ですが、その後確か論文になってて、筆頭演者は研究所所属になってたはずです。しかも結構面白いです。 提示刺激がHawaiian6とバンアパw 演奏音の印象に及ぼす歌詞の影響について https://t.co/Hv7QkVvZn2 https://t.co/1qj1C4JQmg
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…
RT @namiuchikurabu: 図書館の貸出は売上に影響を与えないかも。 ・浅井澄子『公共図書館の貸出と販売との関係』 https://t.co/Xwpm4Ihfce 図書館の蔵書数は売上に負の影響を与えるかも。 ・川口康平『論文「公共図書館によるクラウディングアウト…
カム ビョーン=オーレ「ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法:「ひきこもり」についての LARP を例に」『作業科学研究』13(1)、2019年。https://t.co/FKP5I6am7t
三浦詩織「テキスト化する伝承 : ムカシコとストーリーテリングの語りから」『文化/批評』3、2011年8月。https://t.co/GGuHdzLBjY
RT @tuyashun: 明治の女学生が自分のことを「僕」ということがあり、その言葉遣いに対する当時の批判が掲載されてる論文。明治期特有の女言葉にばかり着目してたから「僕」ということがあったことに驚いた。女子も漢語を学んだ影響のようだ。 『女学生の言葉遣いに対する社会的意識…
RT @kyoheimiyairi: 12/20(月)14:00~ コンペティション研究会を開催します。梶丸岳さんに「秋田県における民謡大会-ブームは遠くに過ぎ去れど」と題した発表をしていただきます。興味のある方は、直接お知らせください。https://t.co/RVZPibR…
安形 輝, 上田 修一「日本における電子書籍化の現状 ─国立国会図書館所蔵資料の電子化率調査─」の2017年調査といまとでほとんど状況変わってない感。 https://t.co/ZwMmjpkMBV
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @myuuko: 嬉し泣きについて,8-9歳児は嬉しくて泣いたことを理解できるけど,5歳児は泣いた理由がわからなかったり「悲しくて泣いた」と判断するよという研究。日本語オープンアクセス。/ 幼児・児童の喜びによる泣き場面での他者感情推測 https://t.co/Daif…
書評:名越健郎『秘密資金の戦後政党史 -米露公文書に刻まれた「依存」の系譜』(新潮選書 , 2019 年)豊田哲也 https://t.co/vDuACQqmzj
◆木戸 淳(1995)「日経連『新時代の「日本的経営」』批判──「人間中心の経営」の欺瞞をつく」 労働運動 (362), p164-175, 1995-07 新日本出版社 https://t.co/xYyBEYFaBa

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

https://t.co/5tdLxcTbBx 土蔵相模のスケッチ。

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

↓RT  早速全冊ダウンロード。 これ、どの記事も面白い。有り難い。 戦前の吉原フィールドワークは今と全然違う景色。 https://t.co/2VeebkkjSy

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

RT @wogakuzu: @yonezawakouji 私が買ったのは軽装本というヤツなんですが和装本もあるらしい。 デジコレにありました
RT @dripping_out: 富山英彦,1996,読書における実践分析と言説分析(年報社会学論集 9) http://t.co/FDsHgVkdaV/ダーントン引用されていますね。ちなみに富山英彦さんは佐藤健二先生が法政にいた頃の院生だったはず。
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 市町村合併にともなう保育サービスの変化:石川県かほく市を事例に(阿部 智恵子ほか),2014 https://t.co/xsewRbfAVe 平成の大合併をめぐって地理学では,その地域的傾向や様々な問題点が検討されてきた(…
RT @yosh1n: CiNii 図書 - アニメーターはどう働いているのか : 集まって働くフリーランサーたちの労働社会学 https://t.co/3lvymOSFe9 #CiNii 拙著がようやく勤務先の図書館に配架されていた。引き続き近場の図書館へのリクエストなど…
RT @lalalamiyo: 松澤俊二「『プロレタリア歌論集』再読 : その短歌の限界と可能性」 桃山学院大学社会学論集 = St. Andrew's University sociological review 49(2), 69-86, 2016-02 pdfあり ht…
RT @ktgis: 学部紀要に投稿した論文が公開されました。「地形断面図を重ねて表示する「Web 地形断面図メーカー」サイトの開発と地理教育での利用」SUCRA https://t.co/WxXtYbUlxk https://t.co/OFV97QTUMZ
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第三回が無料オンライン公開されました! https://t.co/XrJRhvDJHn
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…

1 1 1 0 OA 皇朝天台史略

『皇朝天台史略』ではなく『皇道天台史』(『皇道天台宗史』?)という本があったと思う。記憶違いかも知れない。 『皇朝天台史略』はこれ↓↓(国立国会デジタル) https://t.co/rfI5amRWBf
RT @ryusukematsuo: 池嵜航一「レイモン・アロンの民主主義思想(1)――全体主義批判と歴史哲学の交錯 1930-40年」『北大法学論集』72巻4号,173-221頁,2021年11月 https://t.co/6EETJjIGk2
『文芸雑誌『若草』 私たちは文芸を愛好している』小平麻衣子編 翰林書房, 2018.1 https://t.co/svwSpbdayT 『若草』の読者と前田夕暮の新興短歌 / 小長井涼 収録 尾崎翠(『若草』に書いてたし)のことがなんか分かるかもと思って読んだけどそういう話題はなかった。でも話題が広くて勉強になった本
安森敏隆「新短歌論序説--宮崎信義歌集『千年』を中心として」 同志社女子大学日本語日本文学 (16), 9-19, 2004-06 pdf公開 https://t.co/yx1upolZ51
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
中古文学/106 巻 (2020)/ シンポジウム 文学研究と国語教育の未来を拓く 鈴木 泰恵, 野中 潤, 吉野 誠, 萩野 敦子, 河添 房江, 助川 幸逸郎https://t.co/ML1ZvVQYvX

1 1 1 0 新短歌

RT @lalalamiyo: 国会図書館蔵「新短歌」(戦前に出てたもの)の1939年刊行分目次によると、「短歌表現」の児山敬一&津軽照子のほか、六條篤の名前も見える。石原純も。 https://t.co/sMvfQt90Da
憲法89条後段「公の支配」の意味(PDF) https://t.co/6PdrSPip42 私学助成の違憲「説」も学問にある事は確かだが、自民内閣は長年これが合憲と言う政府解釈の元に行政を行っている。 ここの違憲議論にこだわるのは教育を「国が監督したい」と言う動機が特にある事が透けて見える。
ちょっと前だけど 倉田稔「大正時代の小林多喜二の評論活動と彼の思想」『論説』 商学討究 46(4), 1-18, 1996-03 多喜二も自由律擁護だったらしい。 https://t.co/9EjPtDCWnY
西田禎元「満州における日本文学の状況」創大アジア研究 (23), 2002-03 pdfあり https://t.co/ESzT3Vt51W 満州新短歌協会について紹介あり
猪熊雄治「中桐雅夫と投書雑誌」学苑 (809), 41-48, 2008-03 pdfあり 中桐はさいしょ自由律短歌を投稿していた。 昭和10年前後の自由律短歌や投稿欄の様相も。 https://t.co/o5YR8QbiN8
松澤俊二「『プロレタリア歌論集』再読 : その短歌の限界と可能性」 桃山学院大学社会学論集 = St. Andrew's University sociological review 49(2), 69-86, 2016-02 pdfあり https://t.co/bGdjgBRBVX
自由律短歌関係の近年の論文  加藤夢三「石原純の自然科学的世界像と昭和初期文壇への影響」 『科学史研究』2018 年 56 巻 https://t.co/ecwOM1Sf8y
紛らわしい〔SARS-CoV-2だってインフルエンザだって急性ウイルス血症は起きる〕からWhite Spot Diseaseではいかがでしょうか。 https://t.co/EEz4uGFUuv
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
パパ活論文(正確には報告書なのかな)なるものが出ていることをこのツイートで知った。あまり評判はよくないみたいだけど、ともかく読んでみよう。 CiNii 論文 -  現代日本における「パパ活」の進展と性の非対称性の検討 : イアン・ハッキング Grade of commitment 適用の試み https://t.co/74NvWCEJ1B https://t.co/nDILZdLDFU
RT @BjOgu5F4DGuCGwn: 慰安婦の方々に対して過去の軍隊は朝鮮ピーなどと侮蔑した呼び方をし、自らの軍生活の鬱憤を晴らす為に虐待する事もあった。また退却する事を教えずに戦闘の犠牲になり、これは信じたくないが一箇所に集め殺害した事もあった疑いもある。詳しくは以下の論…
RT @kozawa: @lematin @hayakawa2600 私はその辺を語れる程にはぜんぜん理解できてる背景知識がないことをまずお詫びした上で言及しますが、 https://t.co/myJObUZjN7 https://t.co/YAKK8KrCj1 http…
RT @kozawa: @lematin @hayakawa2600 私はその辺を語れる程にはぜんぜん理解できてる背景知識がないことをまずお詫びした上で言及しますが、 https://t.co/myJObUZjN7 https://t.co/YAKK8KrCj1 http…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文、どう読んでも、下書きのレベルです。 これをもとにブラッシュアップして、構成や言葉遣いを直し、ぽんやりした結論をくっきりしたものに変えるなら、まだわかります。 しかし、こんなのCiNiiに登録してしまうとは…。研究サボってて…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文。 パパ活の説明とハッキングの概念の説明に終始して、肝心のパパ活への適用の部分が超ふわっとしてます。命題という概念も揺れてる。 「ジェンダーの存在には必然性はない」とか、そもそも著者の言いたいことなのか疑問。(ジェンダー規範…
RT @LazyWorkz: 松本妃奈子氏のパパ活論文、文章がまったく整理されてません。主語不明、係り受けがおかしい文も散見されます。 ハッキングの概念の適用に関する論文らしいのに、「はじめに」で一言も触れられていません。 https://t.co/pv597EfHte
RT @LazyWorkz: >松本妃奈子さんは飛び級で国立大学に進学。当時からジェンダー問題、フェミニズムに関心を持ち、現在は後期博士課程で家族社会学を研究している。最新の論文は「パパ活」について。 この論文を読んでみたのですが……壮絶。 なにが書かれているか、読み取るのも…
こういった記念写真帳をきちんと活用していこうという動きは、レファレンス部門に少しあっただけで、結局、村上さんの代が最後だったんではないかしら。 https://t.co/JWug1tR83y
RT @VyZHh9ANN57mauD: @yutayonemoto 私自身OTでこの本を読みましたが、すごくいい書籍でした。 論文もあり、すごくPTさんにも関係のある書籍だと思います。 脊髄損傷者の理学療法における起立・歩行訓練 : 1960 年代~1980 年代の「歩行」…
RT @osaka_society: 【12/2勉強会 事前論文紹介①】 こちらをご一読いただけると パーキンソン病者に対する理学療法の概要を掴むことができると思います。 すくみ足に関する4つのモデル(閾値/干渉/認知/分離モデル)にも少し触れることができます。 http…
RT @BjOgu5F4DGuCGwn: 慰安婦の方々に対して過去の軍隊は朝鮮ピーなどと侮蔑した呼び方をし、自らの軍生活の鬱憤を晴らす為に虐待する事もあった。また退却する事を教えずに戦闘の犠牲になり、これは信じたくないが一箇所に集め殺害した事もあった疑いもある。詳しくは以下の論…
RT @canna_lilly: さて、怨霊として舞台に登場した知盛ですが、『平家物語』をご存知の方はお気づきかと思いますが、物語の方では薙刀を振るいません。それを知って観ると、また違った楽しみ方ができます。その辺は伊藤孝充氏の御論文に詳しいです。https://t.co/RI…

51 1 1 0 OA 日本漫画史

このへん。 https://t.co/RLMaoMmVwe

51 1 1 0 OA 日本漫画史

↓RT 細木原青起『日本漫画史』 https://t.co/D0XaMAVelh 後で読む。 ほんとに、絵巻や戯作のDNAとか、全然証明できない話なのにねえ。
RT @caazzy: https://t.co/eqNcirlysO 流行歌の歌詞の分類からは 1945.1965.1975辺りにそれぞれに変曲点があるらしいです。 https://t.co/06ctlj317U
@kenyu5555 広辞苑の初版が1955年で『なんでもわかる将棋宝典』が1954年の出版ですか、なるほど。暇のある時に記述を確認してみたいですね https://t.co/T1kHKFvrWu
RT @khcoder: #研究事例リストに追加しました:長根(齋藤)裕美・永野博 2021 「研究者の視点から見た大学の変容 ―研究者インタビューに基づく考察―」 『研究技術計画』 36(3): 240-256, doi:10.20801/jsrpim.36.3_240 ht…

フォロワー(5845ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

RT @wogakuzu: ほんっとに先日古本屋で買って読んだ木村荘八の随筆に龍宮の乙姫様という証言を見た。 界隈で吉原大門が熱いが、乙姫さんがわちきを思い出せと声でもあげているような具合で、おもしろいなあ。 https://t.co/Cz4HsGt0km
@St8GWBikWwNVhOV ヒデザネ氏のその論文が『G-W-G-』という名の雑誌に掲載されたことは「セクハラ物象化論」のようなそのポストモダンな内容と奇妙な関係にもあったでしょうか。そして廣松渉を批判し田上博士が剔抉した物件化概念は、啓発的です。セクハラからこそ物件化=商品化も視えるのでは。https://t.co/DkNKMFjOQ5

109 23 23 23 OA 国体の本義

RT @ShinHori1: 昭和戦前の政府(文部省)は「君臨すれども統治せず」という英国流の発想を否定し、天皇御親政が本来の日本の姿だと主張し、国民をそのように教育していました。 https://t.co/djUMVecqwW https://t.co/XLhHWOxD1b
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
人文地理/73 巻 (2021) 3 号 #書評 J-STAGE Articles - 筒井一伸編『田園回帰がひらく新しい都市農山村関係―現場から理論まで―』 https://t.co/inIU7Zwhxh
人文地理/73 巻 (2021) 3 号 #書評 J-STAGE Articles - 立見淳哉・長尾謙吉・三浦純一編『社会連帯経済と都市―フランス・リールの挑戦―』 https://t.co/OpQdqI7zzJ
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 大阪環状線各駅の位置を含めた認知度に関する研究(土井 亜香里ほか),2017 https://t.co/rf0IkeOmvo 大阪環状線は大阪市営地下鉄御堂筋線に比べ,乗車人員も少なく,人々から親しまれていない懸念がある.…

17 3 2 2 OA 戦時国際法講義

RT @ObLaDiOblako2: @yankumikourin99 @PurplePearl39 @keinikuniku @asatian @yamanekofuku @CpgUwAUTee4DPoa @pralinek_ @peXgjApVLhcVtI2 @akg001…
RT @HiromitsuTakagi: この指摘は去年の論文に書いた。 個人情報保護から個人データ保護へ——民間部門と公的部門の規定統合に向けた検討(4) https://t.co/RoVPcBjhCi https://t.co/7Ji6lxUAkU
RT @ikegai: すばら、おそらく日本語で初めてのCDL検討論文。早速令和3年改正著作権法31条絶版等資料送信との関わりも。図書館アーカイブ著作権関係の皆様必読です。/Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https:…
RT @schrift_sprache: How many Meiji period books in Japanese but with a parallel title in Latin are you aware of? "Res c[=g]estae Japonien…
RT @ropcb08: [PDF] 昭和41年「丙午」に関連する社会人口学的行動の研究 坂井 博通(清泉女学院短期大学) / https://t.co/MuzFAv6wIr
RT @ikegai: すばら、おそらく日本語で初めてのCDL検討論文。早速令和3年改正著作権法31条絶版等資料送信との関わりも。図書館アーカイブ著作権関係の皆様必読です。/Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https:…
@jyunku @tsysoba 地方の印刷所、ほんと手がかりが少なすぎて困るんですよね(https://t.co/fnm39X9QTl)。 大正末まで城崎郡で活動していた印刷所は(橋本活版所含めて)全国印刷業者名鑑(https://t.co/GpIrq7o6rM)に載ってるんですが、豊岡印刷所の名前は見ません…… https://t.co/sglBo81R1Z
RT @asatsuma: 「国家試験の合格率が女性の方が高い」という言をTLで見かけたが、司法試験の合格率は https://t.co/KVMXecTJFE 令2男1083/2996=36.1%女367/1230=29.8% 平成の分析⇒ https://t.co/RQ0IR…
RT @seishoko3: メモ:矢嶋翔「〈史料紹介・翻刻〉東北大学附属図書館狩野文庫所蔵『相国寺供養日記』」(『人文研紀要』100、2021年9月) #こんな論文がありました https://t.co/DVlio17k2c

71 71 71 25 OA 日蓮の国へ

RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
姜姍「<エッセイ : 小特集「パンデミックに思うこと」>アマビエからヨゲンノトリまで : 「疫病退散」についてのお守りたち」『日文研』65、2020年9月30日。https://t.co/4H0AF4XcIh
長野栄俊「予言獣アマビコ考-「海彦」をてがかりに」『若越郷土研究』49(2)、2005年1月。https://t.co/vC8YeYW74e
CiNii 論文 -  日本における「脳死=人の死」規定とその根拠 : 二つの社会的合意からの分析 https://t.co/GBOn4PGKBZ #CiNii
武・アーサー・ ソーントン「妖怪「アマビエ」の出自 ─"Medico della Peste"(ペスト医師)の面影─」『文学論叢』95、2021年3月。https://t.co/2rzGHgToXL
下村昭夫「『The Art and Science of Book Publishing』の現代的意義―箕輪出版学のルーツ」より。 https://t.co/pKQZL5zEHL この論考では“箕輪出版学”のルーツとされている『出版経営入門―その合理性と非合理性』のほうが主題なんだけど、買ったけど、まだ届いてない。

13 10 10 3 OA 八ツ山羊

RT @NDLJP_en: Japanese translation of Grimm’s fairy tale, "The wolf and the seven young kids," published as "Eight goats" in 1887. You can…
王蘭「周作人の「鬼・怪」論:―柳田国男と比較して―」『比較文学』51(0)、2009年。https://t.co/gYUql6UWkN
RT @DN_networks: 【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひ…
RT @animemitarou: 『メディア・コンテンツ・スタディーズ』 (ナカニシヤ出版) 全国の大学附属図書館に 入れていただいております(^_^) 現在193館! 200館達成まであと少し!!! CiNii 図書 - メディア・コンテンツ・スタディーズ : 分析・…
RT @DN_networks: 【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひ…
RT @DN_networks: 【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひ…
【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひお願いいたします。
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 劉菁菁 - 和歌集における「羈旅」の部立と官僚たちの旅歌 : 『万葉集』から『古今和歌集』へ https://t.co/OcPLAZj5Tm

33 2 2 0 OA 浮世道中膝栗毛

https://t.co/2PNNr3eitO https://t.co/xENvsiH6Lq
RT @SuyamaToru: 機巧図彙には、和時計の機構について丁寧に書かれています。江戸時代に既にこんな機構があったと思うとすごいです。そして、不定時法に合わせるために天符を加えて工夫したのがまたすごい。 https://t.co/HK8lfJmdyR
杣山願事件…。ううむ。何があったんだ。現地に石碑があるようだ。https://t.co/FYQiqEyImt
RT @kumagaikazuhimi: 宮崎駿のアニメーション映画『風の谷のナウシカ』および『天空の城ラピュタ』を題材としての構造分析 https://t.co/iAdHNobTPO
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @k_michinotori: 岩元修一「「入門」の再検討」(1)~(4)『宇部工業高等専門学校研究報告』67、2021 完全に見落としていた。試験作ってる場合じゃなかった。 https://t.co/FyGKY36yem
RT @k_michinotori: 岩元修一「「入門」の再検討」(1)~(4)『宇部工業高等専門学校研究報告』67、2021 完全に見落としていた。試験作ってる場合じゃなかった。 https://t.co/FyGKY36yem

123 108 108 10 OA 日米戦争未来記 : 小説

RT @BESAN_T: @uranux_jp @May_Roma 本当に大正9年発行の本ですよ。ちゃんと国立国会図書館デジタルコレクションでも公開されています。 https://t.co/KIHR3nUMw7
マムルーク朝末期の都市社会 : ダマスクスを中心に https://t.co/kbRb85gMoh
RT @khargush1969: https://t.co/L12H2KGsz6 →三浦先生のズール研究は「生涯で(何も学べていないだろうということはまあ別に置いといて)驚き印象に残った論文●選」に確実に入る: 三浦徹(1989)「マムルーク朝末期の都市社会:ダマスクスを中心…

123 108 108 10 OA 日米戦争未来記 : 小説

RT @BESAN_T: @uranux_jp @May_Roma 本当に大正9年発行の本ですよ。ちゃんと国立国会図書館デジタルコレクションでも公開されています。 https://t.co/KIHR3nUMw7
RT @tuyashun: 明治の女学生が自分のことを「僕」ということがあり、その言葉遣いに対する当時の批判が掲載されてる論文。明治期特有の女言葉にばかり着目してたから「僕」ということがあったことに驚いた。女子も漢語を学んだ影響のようだ。 『女学生の言葉遣いに対する社会的意識…

123 108 108 10 OA 日米戦争未来記 : 小説

RT @BESAN_T: @uranux_jp @May_Roma 本当に大正9年発行の本ですよ。ちゃんと国立国会図書館デジタルコレクションでも公開されています。 https://t.co/KIHR3nUMw7
これは抄録ですが、その後確か論文になってて、筆頭演者は研究所所属になってたはずです。しかも結構面白いです。 提示刺激がHawaiian6とバンアパw 演奏音の印象に及ぼす歌詞の影響について https://t.co/Hv7QkVvZn2 https://t.co/1qj1C4JQmg
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…
RT @namiuchikurabu: 図書館の貸出は売上に影響を与えないかも。 ・浅井澄子『公共図書館の貸出と販売との関係』 https://t.co/Xwpm4Ihfce 図書館の蔵書数は売上に負の影響を与えるかも。 ・川口康平『論文「公共図書館によるクラウディングアウト…
RT @namiuchikurabu: 図書館の貸出は売上に影響を与えないかも。 ・浅井澄子『公共図書館の貸出と販売との関係』 https://t.co/Xwpm4Ihfce 図書館の蔵書数は売上に負の影響を与えるかも。 ・川口康平『論文「公共図書館によるクラウディングアウト…
カム ビョーン=オーレ「ライブ・アクション・ロールプレイ(LARP)という意識向上を目的とした シリアス・ゲーミング方法:「ひきこもり」についての LARP を例に」『作業科学研究』13(1)、2019年。https://t.co/FKP5I6am7t
三浦詩織「テキスト化する伝承 : ムカシコとストーリーテリングの語りから」『文化/批評』3、2011年8月。https://t.co/GGuHdzLBjY
RT @tuyashun: 明治の女学生が自分のことを「僕」ということがあり、その言葉遣いに対する当時の批判が掲載されてる論文。明治期特有の女言葉にばかり着目してたから「僕」ということがあったことに驚いた。女子も漢語を学んだ影響のようだ。 『女学生の言葉遣いに対する社会的意識…
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @kyoheimiyairi: 12/20(月)14:00~ コンペティション研究会を開催します。梶丸岳さんに「秋田県における民謡大会-ブームは遠くに過ぎ去れど」と題した発表をしていただきます。興味のある方は、直接お知らせください。https://t.co/RVZPibR…
安形 輝, 上田 修一「日本における電子書籍化の現状 ─国立国会図書館所蔵資料の電子化率調査─」の2017年調査といまとでほとんど状況変わってない感。 https://t.co/ZwMmjpkMBV
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
「モートンの環境哲学(1)」のリンクも合わせて載せてきます。https://t.co/uAVdTBCurY
RT @myuuko: 嬉し泣きについて,8-9歳児は嬉しくて泣いたことを理解できるけど,5歳児は泣いた理由がわからなかったり「悲しくて泣いた」と判断するよという研究。日本語オープンアクセス。/ 幼児・児童の喜びによる泣き場面での他者感情推測 https://t.co/Daif…
RT @dmatsui1217: @Sekaishisuko @torourus 失礼しました。どちらの論文もリポジトリにあります。 https://t.co/ej3nTgzYCQ https://t.co/PTCoYXgVx8
書評:名越健郎『秘密資金の戦後政党史 -米露公文書に刻まれた「依存」の系譜』(新潮選書 , 2019 年)豊田哲也 https://t.co/vDuACQqmzj
◆木戸 淳(1995)「日経連『新時代の「日本的経営」』批判──「人間中心の経営」の欺瞞をつく」 労働運動 (362), p164-175, 1995-07 新日本出版社 https://t.co/xYyBEYFaBa
RT @tokyoumare02: CCPが勝手に主張する 樺太サハリンは中国の固有の領土説 蝦夷ど元寇の関係も利用されている。 またニブフは日本のアイヌでは無いことをはっきりと主張する必要がある。 #北海道が危ない #北海道の危機 https://t.co/FElGUIb…

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

https://t.co/5tdLxcTbBx 土蔵相模のスケッチ。

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

↓RT  早速全冊ダウンロード。 これ、どの記事も面白い。有り難い。 戦前の吉原フィールドワークは今と全然違う景色。 https://t.co/2VeebkkjSy

5 4 4 2 OA 風俗帖 : 随筆

RT @wogakuzu: @yonezawakouji 私が買ったのは軽装本というヤツなんですが和装本もあるらしい。 デジコレにありました
[PDF] 東京都心部における御神木の継承に関する研究 https://t.co/dBM74XkvTd
RT @dripping_out: 富山英彦,1996,読書における実践分析と言説分析(年報社会学論集 9) http://t.co/FDsHgVkdaV/ダーントン引用されていますね。ちなみに富山英彦さんは佐藤健二先生が法政にいた頃の院生だったはず。
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 市町村合併にともなう保育サービスの変化:石川県かほく市を事例に(阿部 智恵子ほか),2014 https://t.co/xsewRbfAVe 平成の大合併をめぐって地理学では,その地域的傾向や様々な問題点が検討されてきた(…
栗本英世 鈴木裕之著『ストリートの歌-現代アフリカの若者文化』世界思想社, 2000年, 238頁, \1900 (税別) https://t.co/7EHmRxetg8
RT @yosh1n: CiNii 図書 - アニメーターはどう働いているのか : 集まって働くフリーランサーたちの労働社会学 https://t.co/3lvymOSFe9 #CiNii 拙著がようやく勤務先の図書館に配架されていた。引き続き近場の図書館へのリクエストなど…
ダークウェブで限定提供データに該当する情報の取得と不競法の話があるが,公開されてない,という整理なのかは疑問,少なくとも検討が必要なのでは/ダークウェブにおける脅威インテリジェンス等の収集に関する米国のガイダンスの紹介と日本法における論点整理 https://t.co/IlC8Z2FDwk
大島義則先生.ど真ん中テーマ/J-STAGE Articles - 個人情報保護法におけるプロファイリング規制の展開 https://t.co/jEZWamqycK
情報ネットワークローレビュー公開されている/J-STAGE Articles - Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https://t.co/AOqyGnSkO4
RT @lalalamiyo: 松澤俊二「『プロレタリア歌論集』再読 : その短歌の限界と可能性」 桃山学院大学社会学論集 = St. Andrew's University sociological review 49(2), 69-86, 2016-02 pdfあり ht…
RT @ktgis: 学部紀要に投稿した論文が公開されました。「地形断面図を重ねて表示する「Web 地形断面図メーカー」サイトの開発と地理教育での利用」SUCRA https://t.co/WxXtYbUlxk https://t.co/OFV97QTUMZ
@atthegorge 既にお読みかとはおもうのですが導きにはなりますかね…?  https://t.co/RPBpN99tDl
今日のいい論文 https://t.co/AMAecrMPlF
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第三回が無料オンライン公開されました! https://t.co/XrJRhvDJHn
RT @DN_networks: 【拡散希望】CiNii 図書 - アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhq6zcC #CiNii こちらもう少しで250館ですので、まだ自分の大学の図書館にないという方はぜひ図書館リ…
KAKEN — 研究課題をさがす | ADHDを合併した慢性疼痛のドパミン神経系を介する薬物療法の開発と脳内機序の解明 (KAKENHI-PROJECT-17K09029) 気になるね https://t.co/NMvhzpthyL

1 1 1 0 OA 皇朝天台史略

『皇朝天台史略』ではなく『皇道天台史』(『皇道天台宗史』?)という本があったと思う。記憶違いかも知れない。 『皇朝天台史略』はこれ↓↓(国立国会デジタル) https://t.co/rfI5amRWBf
RT @marupetclinic: リモネンに対する猫の中毒量について詳しくはわかっていません。 また、皮膚に規定量の5倍で使用した際に中毒症状を起こしたり、リモネンを含む犬用の皮膚用剤を使用した猫が死亡した報告もあります。 また、個体差も大きいため、中毒量を特定するのは容易…
RT @ryusukematsuo: 池嵜航一「レイモン・アロンの民主主義思想(1)――全体主義批判と歴史哲学の交錯 1930-40年」『北大法学論集』72巻4号,173-221頁,2021年11月 https://t.co/6EETJjIGk2
『文芸雑誌『若草』 私たちは文芸を愛好している』小平麻衣子編 翰林書房, 2018.1 https://t.co/svwSpbdayT 『若草』の読者と前田夕暮の新興短歌 / 小長井涼 収録 尾崎翠(『若草』に書いてたし)のことがなんか分かるかもと思って読んだけどそういう話題はなかった。でも話題が広くて勉強になった本
安森敏隆「新短歌論序説--宮崎信義歌集『千年』を中心として」 同志社女子大学日本語日本文学 (16), 9-19, 2004-06 pdf公開 https://t.co/yx1upolZ51
RT @DN_networks: CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠って…
中古文学/106 巻 (2020)/ シンポジウム 文学研究と国語教育の未来を拓く 鈴木 泰恵, 野中 潤, 吉野 誠, 萩野 敦子, 河添 房江, 助川 幸逸郎https://t.co/ML1ZvVQYvX

1 1 1 0 新短歌

RT @lalalamiyo: 国会図書館蔵「新短歌」(戦前に出てたもの)の1939年刊行分目次によると、「短歌表現」の児山敬一&津軽照子のほか、六條篤の名前も見える。石原純も。 https://t.co/sMvfQt90Da
憲法89条後段「公の支配」の意味(PDF) https://t.co/6PdrSPip42 私学助成の違憲「説」も学問にある事は確かだが、自民内閣は長年これが合憲と言う政府解釈の元に行政を行っている。 ここの違憲議論にこだわるのは教育を「国が監督したい」と言う動機が特にある事が透けて見える。
ちょっと前だけど 倉田稔「大正時代の小林多喜二の評論活動と彼の思想」『論説』 商学討究 46(4), 1-18, 1996-03 多喜二も自由律擁護だったらしい。 https://t.co/9EjPtDCWnY
西田禎元「満州における日本文学の状況」創大アジア研究 (23), 2002-03 pdfあり https://t.co/ESzT3Vt51W 満州新短歌協会について紹介あり
猪熊雄治「中桐雅夫と投書雑誌」学苑 (809), 41-48, 2008-03 pdfあり 中桐はさいしょ自由律短歌を投稿していた。 昭和10年前後の自由律短歌や投稿欄の様相も。 https://t.co/o5YR8QbiN8
松澤俊二「『プロレタリア歌論集』再読 : その短歌の限界と可能性」 桃山学院大学社会学論集 = St. Andrew's University sociological review 49(2), 69-86, 2016-02 pdfあり https://t.co/bGdjgBRBVX
RT @lulai_lune: 自閉スペクトラム症の特性理解 https://t.co/FNX29eiBKA ・自閉児の予後 IQ70以上の高機能「は」予後良好…イイナー ・青年期の変化 10%は言葉を失って知能低下の時期を経験…試練多すぎ ・成人期 5歳までに有意語ない…
自由律短歌関係の近年の論文  加藤夢三「石原純の自然科学的世界像と昭和初期文壇への影響」 『科学史研究』2018 年 56 巻 https://t.co/ecwOM1Sf8y
紛らわしい〔SARS-CoV-2だってインフルエンザだって急性ウイルス血症は起きる〕からWhite Spot Diseaseではいかがでしょうか。 https://t.co/EEz4uGFUuv