著者
萩原 英敏
出版者
淑徳大学短期大学部
雑誌
淑徳短期大学研究紀要 (ISSN:02886758)
巻号頁・発行日
vol.52, pp.43-60, 2013-02-25

3歳未満児保育から見た、Attachment理論を中心とした親子関係が、青年期前後の人格形成に、どう影響するかを、文献、資料、著者の臨床体験などから概観し、以下の様な主旨の論となった。1.長期の発達を見る縦断的研究は、一番必要とされる対象者のフォローが出来ていないなど、科学性に疑問が残る。2.精神分析学から出た、BowlbyやEriksonの発達学は、主観性の問題はあるが、現象を見ていると、的を得えている。3.Bowlbyの理論は、AAIやSSPの方法により青年期前後の親子関係を見れるようになった。4.Attachment理論での親子関係の重要性が、3歳未満児保育の実施に、大きな問題を投げかけている。5.Eriksonのアイデンティティ理論を、個から関係性のものに、とらえ直す事によって、アタッチメント理論との連携が可能になった。6.3歳未満児保育により、特定な人(主に親)のAttachmentの恒常性の獲得が危惧され、青年期前後に、孤独・無力感を呈するのではないかと思われた。7.現場の保育所からも、Attachment不足現象が報告され、3歳未満児保育の問題点が浮かび上った。

言及状況

Twitter (47 users, 56 posts, 50 favorites)

この原著がオープンアクセスだったので読んだが、突っ込みどころが多過ぎた。もはや論文ではなく、ただの感想文。 特に「愛着障がい」というワードに係るエピソードが診断基準にカスリもせず、診断名が個人の印象を表現するだけに使われていた。… https://t.co/uHUk5MD0Ze
幼少期の養育環境が青少年の精神衛生に及ぼす影響について、なんとなくこういうことが起こってるんじゃないかな、って思っていたことに関して検証されてる論文を見つけた。 https://t.co/B5yGWaYIjk https://t.co/8BxVNQB8ys
わたしが本能的に 子どもが小さいうちは 自分の手で育てたいし 子にとってもそれがベスト…と思っていた事は正しかったのね。 元の文献はこちら。↓ 3歳未満児保育から見た、親子関係が、 青年期前後の人格形成に及ぼす影響について https://t.co/mlxUaWLVmG
12 12 https://t.co/i6M56ssrOt https://t.co/JObjGBJvno
6ヶ月から3歳位までの育児は本当に重要だと思う。3歳神話だなどと言う連中はおかしいのではないか? ↓ 3歳未満児保育から見た、親子関係が、青年期前後の人格形成に及ぼす影響について https://t.co/y2KbFVntRl #待機児童 #保育園 #乳幼児の長時間保育
9 9 https://t.co/ry8v0Ufv1J https://t.co/ABo6VN4YT8
これから親になる方に読んで欲しい。 ↓ 3歳未満児保育から見た親子関係が青年期前後の人格形成に及ぼす影響について : EriksonのLife cycle理論から見た保育問題 https://t.co/y2KbFVntRl #CiNii #待機児童 #保育園 #乳幼児の長時間保育
3歳未満児保育から見た、親子関係が、青年期前後の人格形成に及ぼす影響について : その1. 精神分析学の流れをくむ、BowlbyのAttachment理論や、EriksonのLife cycle理論から見た保育問題 https://t.co/y2KbFVntRl #CiNii
2 2 https://t.co/klj0xf8r7W https://t.co/9irv5JMhlj
https://t.co/OEbXogJKs8 これも後で読む

収集済み URL リスト