著者
上園 昌武 江口 貴康 関 耕平
出版者
島根大学
雑誌
山陰研究 (ISSN:1883468X)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.1-18, 2012-12-31

筆者らは、2012年5月下旬から6月15日まで松江市民を対象に「島根原発についての意識調査」(質問項目65問) を行い、福島原発事故後の原発立地住民の意識構造の特徴を明らかにした。島根原発1~3号機の稼働の是非について、「稼働すべきではない」が半数以上を占め、「稼働すべき」を大きく上回った。稼働賛成者は「原発による経済効果」や「原発の安全性」への信頼が高いが、稼働反対者は、地震対策・津波対策・安全管理体制などへの不信感が強く、巨額の迷惑料を原発立地地域にばらまいたとしても、この層が原発推進や容認に安易に転ずるとは考えにくい。この点は、福島原発事故によって松江市民の原発への考え方が大きく変わったとみるべきである。この他にも、原発の賛否の立場の違いが「地元」の範囲、原発の発電コストの高さ、節電への取り組みに影響を与えていることが明らかとなった。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 島根原発稼働への松江市民の意識構造(上園 昌武ほか),2012 https://t.co/s5G88MVVMD  筆者らは、2012年5月下旬から6月15日まで松江市…
こんな論文どうですか? 島根原発稼働への松江市民の意識構造(上園 昌武ほか),2012 https://t.co/gz47UuBIVI  筆者らは、2012年5月下旬から6月15日まで松江市…
1 1 https://t.co/Ffova4GdzJ
こんな論文どうですか? 島根原発稼働への松江市民の意識構造(上園 昌武ほか),2012 https://t.co/gz47Uuk7x8  筆者らは、2012年5月下旬から6月15日まで松江市…

収集済み URL リスト