著者
高城 弘一
出版者
実践女子大学
雑誌
実践女子短期大学紀要 (ISSN:13477196)
巻号頁・発行日
vol.34, pp.109-119, 2013-03-19

今日の平仮名と片仮名の字母・字形(五十音図)に統一したのが、明治33 年の「小学校令」の「施行規則第十六条」および「第一号表」といわれる。明治初年の教科書で、仮名の表記が特徴的である『旁訓單語篇』、『幼童初學』、『学校童子訓』をもとに、平仮名および片仮名の表記に新しい見解を見出した。特に、『幼童初學』、『学校童子訓』の平仮名五十音表記では、現行の平仮名と字形に異同があるものは、「お」(「於」の変体仮名)のわずか1例のみであり、字母に関していうならば、すべてが現行の五十音と一致しているのを見出し、『幼童初學』と『学校童子訓』との関係を考察するに及んだ。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 3 posts)

[仮名][表記][論文]
[仮名][表記][論文]

Twitter (6 users, 7 posts, 0 favorites)

@syodo 原因はいろいろありますが、明治33年の小学校令が主な原因ではないかと思います。私はこの時代の専門ではないので確認が必要ですが、小学校令に関する論文はここにあります。https://t.co/3wsrCsPu7V
“Notation of the Japanese Syllabary seen in the Textbook of the Meiji first Year”. By prof Takashiro Kouichi. The… https://t.co/5LEf2JI6RL
"CiNii 論文 -  明治初年の教科書に見る仮名の表記" http://t.co/iz000azMER

収集済み URL リスト