著者
村田 滋
出版者
社団法人日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.61, no.7, pp.368-370, 2013-07-20

言及状況

Twitter (19 users, 22 posts, 21 favorites)

取り敢えず高校科学の参考書に関する問題提起は村田滋の論文が有名のようだ。 https://t.co/mjr7CS3tJy
化学の新研究バッシングの元ネタ。 東大のせんせが問題視して学会に投稿した論文。 基本せんせの本が売れないのが一番問題だろうけど、間違い探しされたらジ・エンド。大学で学ぶことを入試に出すなって傾向になるだろうね。 この参考書は不要&危険 http://t.co/Dn4eEUfPod
最近,高校の有機化学教育における矢印の向きについて批判する機運がますます高まっているようだ>RT 参考: http://t.co/qIXZN7AG7K http://t.co/9dAqgJzoGZ
@bd_gfngfn 確かに反応を官能基ではなく反応機構によって分類する本は受験参考書として他に例がなく貴重ですね。ただ最近は矢印の向きの件で批判の矢面に立たされているようでちょっと可哀想。http://t.co/9dAqgJzoGZ http://t.co/qIXZN7AG7K

収集済み URL リスト