著者
大沢 真理
出版者
社会政策学会
雑誌
社会政策 (ISSN:18831850)
巻号頁・発行日
vol.5, no.3, pp.74-85, 2014-03-31
被引用文献数
1

リーマン・ショックと東日本大震災は,日本の社会・経済の脆弱性を露わにした。とはいえ日本ではリーマン・ショックの10年前から,年間3万人以上が自殺する事態が続いていた。出生率も世界最低レベルに低迷し,相対的貧困率もOECD諸国でワーストクラスにあった。本稿は生活保障システム論にガバナンスという概念を導入し,また脆弱性のなかでも所得貧困に注目したい。所得貧困という指標の意義を考察したうえで,福祉国家の機能的等価策の効果とともに,所得移転が貧困を削減する度合いについて,国際比較する。また地域間所得格差にかんする研究成果に目を配る。結論的に,日本の税・社会保障制度はたんに機能不全というより逆機能していると主張する。しかもそこには,「男性稼ぎ主」世帯にたいしてその他の世帯が冷遇されるというジェンダー・バイアスがある。それは,多就業世帯が多数を占める農山漁村のような地域を冷遇するバイアスでもある。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 生活保障のガバナンス : 所得貧困にそくして https://t.co/6dH78YAZNQ
CiNii 論文 - 生活保障のガバナンス : 所得貧困にそくして https://t.co/6dH78YAZNQ
CiNii 論文 - 生活保障のガバナンス : 所得貧困にそくして https://t.co/6dH78YAZNQ
CiNii 論文 -  生活保障のガバナンス : 所得貧困にそくして(<特集>ジェンダー平等と社会政策) https://t.co/sZ8pc2DKYN #CiNii
CiNii 論文 -  生活保障のガバナンス : 所得貧困にそくして(<特集>ジェンダー平等と社会政策) http://t.co/P7c8xrgvIR #CiNii

収集済み URL リスト