著者
谷内 悠
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.88, no.1, pp.99-121, 2014-06-30

本稿では、「なぜ宗教的なものが科学に基礎づけられることで自らを正当化しようとするのか」という問題について、分析哲学の手法を用いて考察する。その際、創造論、とりわけ自らを「科学である」とする創造科学やID論を事例として取り上げる。それらが科学性を主張するのは、公教育を巡る建前であるだけでなく、科学の優位を前提する社会通念の反映でもあり、ここに宗教と科学の間の現代的な捻れがあると読み取れるのだ。そこで筆者はまず、宗教と科学を概念図式及び言語ゲームとして捉え、個々に分析した。そしてそれらを状況に応じて選択する母体として「メタ概念図式」を措定し、さらに概念図式及び言語ゲームとメタ概念図式との間にある循環関係も考慮した「二重の概念図式理論」を提起する。それを創造論に適用することで、宗教と科学の捻れを解消するに至った。この理論は、ウィトゲンシュタイニアン・フィデイズムのような概念相対主義を乗り越える試みでもある。

言及状況

はてなブックマーク (11 users, 11 posts)

[philosophy] 併せてぜひ「哲学はなぜ科学による基礎づけを求めるのか」も執筆していただきたい。
[科学と宗教][宗教]

Twitter (41 users, 43 posts, 37 favorites)

CiNii 論文 -  宗教はなぜ科学による基礎づけを求めるのか : 創造論運動を事例とした分析哲学的考察 http://t.co/Lmcg90IR6s 面白かった。「概念図式」と「メタ概念図式」の違いか。
CiNii 論文 -  宗教はなぜ科学による基礎づけを求めるのか : 創造論運動を事例...(8):http://t.co/Z0pu6tVEPA
CiNii 論文 -  宗教はなぜ科学による基礎づけを求めるのか : 創造論運動を事例とした分析哲学的考察 http://t.co/z8ORDoaQys #CiNii 後で読むかも。
CiNii 論文 -  宗教はなぜ科学による基礎づけを求めるのか : 創造論運動を事例とした分析哲学的考察 http://t.co/tZFq7dJOcy
宗教はなぜ科学による基礎づけを求めるのか -創造論運動を事例とした分析哲学的考察- / http://t.co/0Vu2KoxBXJ

収集済み URL リスト