id:contractio

投稿一覧(最新100件)

3 1 0 0 OA 修養

[哲学講義] 新渡戸稲造『修養』実業之日本社、1911年
[ニューソート] 片瀬美穂子(2017)「日本における近代ヨーガの技法:忽滑谷快天『錬心術』とラマチャラカの身体的運動と呼吸法を中心に」 和歌山大学教育学部紀要. 人文科学 67
[社会学][科学社会学] 塚原東吾(2018)「日本のSTSと科学批判:戦後科学論からポスト3・11 へ」科学技術社会論研究 15(0), 27-39, 2018, 科学技術社会論学会
「認識論とは何だろうか。それを知ってもらうには思考実験をしてもらうのが早い。」とあったので、じゃぁいいですぅ~の顔になったhttps://www.youtube.com/watch?v=p2dMbBqOh2U/伊勢田哲治「バンジョー/ソウザ『認識的正当化』
[Luhmann][社会学] ZIPで送ってくれ。/劉 博昊(2019)「学校における道徳教育はいかにして(不)可能か:N. Luhmannのシステム論を手がかりに」 年報社会学論集 32, 119-130, 2019, 関東社会学会
[Bergson][Durkheim][哲学][社会学] 大学院生時代の宮島先生。/宮島 喬(1966)「フランスの社会学と心理学における人間の問題:デュルケム学派とベルグソンを中心に」社会学評論 16(4), 日本社会学会
[Luhmann][教育さん] 鈴木 篤(2019)「社会成員の多様化状況における道徳教育の在り方に関する検討:N.ルーマンの道徳理論を手がかりに(特集 教育(学)とトランスレーション)」教育学研究 86(2), 262-274, 日本教育学会
[所有][ルーマン解読][貨幣] 石原秀彦(2006)「貨幣とは何か?─歴史の代替物としての役割 (特集 ケインズ経済学の再検討)」 社会科学研究 57(5・6), 41-85, 2006, 東京大学社会科学研究所
[非哲学][哲学講義][Ponty] 「非哲学+ポンティ」の検索結果/ミシェル・ダリシエ(2016)「メルロ=ポンティと言語の「魅惑的機能」」 酒井麻依子・佐野泰之訳, 立命館大学人文科学研究所紀要 (107), 177-213 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/ki_107.html
[Heidegger] 中橋 誠(2018)「Eigentlichkeitという用語の意味について」 倫理学年報 67, 163-174, 日本倫理学会 DOI: https://doi.org/10.32196/ethics.67.0_163
[Heidegger] 木村史人(2018)「本来性における最も固有な「誰」:ハイデガーとアーレントにおける「共存在」と「他者」」 倫理学年報 67, 175-188, 日本倫理学会 DOI: https://doi.org/10.32196/ethics.67.0_175
[Heidegger] 佐々木正寿(2018)「現代技術の問題と詩作の可能性」 倫理学年報 67, 189-202, 日本倫理学会 DOI: https://doi.org/10.32196/ethics.67.0_189
[Gehlen][ルーマン解読][技術論] ゲーレン論とはまたいまどき珍しい。/濵田洋輔(2018)「アーノルト・ゲーレンの倫理学:その問題と意義」 倫理学年報 67, 233-246, 日本倫理学会.DOI: https://doi.org/10.32196/ethics.67.0_233
[Luhmann] 碓井 崧(1997)「対抗的相補性と複合的相補性:社会システムにおける集権化と分権化(その2)」 金沢大学文学部論集. 行動科学・哲学篇 17, 41-60.
[Luhmann] 碓井 崧(1996)「分権化の設明論理:社会システムにおける集権化と分権化(その1)」 金沢大学文学部論集. 行動科学科篇 16, 31-48.
[Luhmann][ZuS] 読んだはずですが。なにも覚えてない。/碓井 崧(1999)「ルーマンにおける目的プログラムと条件プログラム:社会システムにおける集権化と分権化(その3)」金沢大学文学部論集. 行動科学・哲学篇 19, 21-34.
[Adorno][現象学][哲学] 青柳雅文(2019), 立命館大学人文科学研究所紀要 (118), 257-278, 立命館大学人文科学研究所/未掲載:http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/kiyou.html
[ルーマン解読][Simon][行政学][政治学] 官僚と政治家による予算過程の理論化/橋本信之(1990)「ニスカネン・モデルと官僚行動」『法と政治』41-4, 関西学院大学.
[ゲーレン] 小林明日香(2015)「アルノルト・ゲーレン研究」東洋大学大学院紀要(文学(哲学)) 52.
[政治学][平和学] これは読んだな。ユネスコ声明についての記載あり。/オルポート、フレイレ、ギュルビッチ、ホルクハイマー、ナエス、リックマン、サリヴァン、ソロイ。
[Mead][Macht] これ、著作集の中に入ってたような気がするが・・・
[lec][Hacking][Foucault][哲学][Macht] どうやら「特集:一橋におけるフーコー研究」的なものが必要でありそう。
[現象学] https://doi.org/10.11439/philosophy.2017.155
[セール][形而上学] https://doi.org/10.11439/philosophy.2016.123
[EMCA][人類学] 人類学側からのEMへのアプローチが。これは『概念分析の社会学』を参照してくれてよかった。http://bit.ly/2D0tHwt
[trust][政治学][行政学][予算編成]
‬[政治学]‪「関係+実体」で検索してたら「関係論的実体」という もっと凄い奴が出てきた。政治学の奥深さよ。
[Macht] 〈一次理論/二次理論〉、「理念的実在」なる観念の批判を西阪さんは既にやってたんだな。
[政治学] 2016年度日本公共政策学会大会20周年記念セッション「松下圭一と山川雄巳:政治学への貢献の視点から」
[政治学] 高畠先生、リポジトリに上がって無さすぎでは
[Macht] CPS(コミュニティ権力構造)論争
[Macht] この雑誌すごい。1960から全号アップされてるぞ。
[政治学][行政学][ウィルダフスキー] 今里滋、年報行政研究、2010.
[ボルノー][trust] 昼食へ。
[PTS][知識社会学] これは読んだな。
「エスノメソドロジー的意味でのルールの限界は過去に言及できないことにある。」
この論文シリーズ、著作には収録されてないんですかね。
[PTS][知識社会学] 永井先生が知識社会学論を・・・!
[行動科学][政治学] 設立当時の行動科学高等研究センターにおける平和学、紛争研究、一般システム理論