著者
粕谷 英一
出版者
日本生態学会
雑誌
日本生態学会誌 (ISSN:00215007)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.179-185, 2015-07-30

生態学におけるモデル選択の方法として広く使われている赤池情報量規準(AIC)について、真のモデルを特定するために使うことは本来の目的から離れていることを指摘し、サンプルサイズが大きくてもAIC最小という基準で真のモデルが選ばれない確率が無視し得ないほど大きいことを単純な数値例で示した。また、AICの値に閾値を設けて、AICの値が他のモデルより小さくしかも差の絶対値が閾値を越えているときのみにモデルを選ぶとしても、真のモデルが選ばれない確率が高いという問題点は解決されないことを示した。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (40 users, 42 posts, 77 favorites)

#数楽 続き。粕谷英一さんによるパラメーター数(の差)が1のときAICは15.7%の確率で真のモデル選択に失敗するという話の解説3つ: https://t.co/PjTZNB65aJ https://t.co/9bigHUGJ6d https://t.co/DX5IQ68oAn
7 7 https://t.co/qmL44N9p37 https://t.co/lq5IHp4XuZ

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009978735 (40)

http://altmetrics.ceek.jp/article/ci.nii.ac.jp/naid/110009978735 (1)