黒木玄 Gen Kuroki (@genkuroki)

投稿一覧(最新100件)

RT @shinjiyamane: ベル研から発掘されたテープから復元されたK&R以前の世界,そこはcdではなくchdir, ラインエディターed... https://t.co/d0xrtmdGtA
RT @shinjiyamane: 初期UNIXとC言語を用いたOSおよびプログラミング支援教育-ICT教育における温故知新-(2019) https://t.co/mNALeEpPDn 「学生は,現在は複雑化したUNIXやC言語も当初は簡素なものであったことを理解し,ある程度…
RT @temmusu_n: #超算数 同じく332頁からの「立式指導に就て」https://t.co/kjcULyR4R8。和田義信が1951年指導要領の特色として自分の考えを人に説明できるようにすることを目標として掲げたと説明していたが、同じような考えがすでに戦前の山本孫一…
#統計 赤池弘次さんは https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 1980 のp.610の右半分でSanovの定理に当たることをSanovの定理と言わずにエントロピーの言葉で説明しています。 KL情報量とFisher情報量の関係もその次のページで説明されている。 https://t.co/K1emLPsoI7
#数楽 これは面白く読めた。 https://t.co/joZDHbxMeQ [[[不完全性定理に挑む]に挑む]に挑む] ゲーデル(著),林晋・八杉満利子(解説、翻訳):ゲーデル不完全性定理 田中一之(著):ゲーデルに挑む 証明不可能なことの証明  (辛口)書評 渕野昌 2013 https://t.co/nWf4r0e83h
RT @IyBMCSdn93DLIVU: 佐藤純一・鷲沢嘉一(2017)「動的プログラミングJuliaの紹介」『映像情報メディア学会誌』 71巻, 1号, pp.74-77 https://t.co/JkawkDD6id 比較的新しめのプログラミング言語であるJuliaの紹介…
RT @temmusu_n: #超算数 1.2倍と言いなさい、1.2個はダメという指導の起源はどの時代かという話。1914年以降であることは確かそうだ。 話は前後するが、中条(1889:39,40)https://t.co/Zjsnl1tAkDは、名数の概念を導入し、名数は乗…
RT @genkuroki: @takusansu #超算数 やばい、ツボにハマった。深夜に大爆笑。面白すぎ。 https://t.co/BvWXa3lpjj ↓ PDF https://t.co/mcnni8ebMg 質的心理学研究 / 6 巻 (2007) 1 号 /…
RT @genkuroki: @takusansu #超算数 やばい、ツボにハマった。深夜に大爆笑。面白すぎ。 https://t.co/BvWXa3lpjj ↓ PDF https://t.co/mcnni8ebMg 質的心理学研究 / 6 巻 (2007) 1 号 /…
@takusansu #超算数 やばい、ツボにハマった。深夜に大爆笑。面白すぎ。 https://t.co/BvWXa3lpjj ↓ PDF https://t.co/mcnni8ebMg 質的心理学研究 / 6 巻 (2007) 1 号 / 書誌 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 河野 麻沙美
@takusansu #超算数 やばい、ツボにハマった。深夜に大爆笑。面白すぎ。 https://t.co/BvWXa3lpjj ↓ PDF https://t.co/mcnni8ebMg 質的心理学研究 / 6 巻 (2007) 1 号 / 書誌 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 河野 麻沙美
RT @takusansu: #超算数 「算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/e8WJEgKR18 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の…
RT @takusansu: #超算数 「授業「算数教材研究」における一つの試み の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/hAP8KQoxQf 以下の文献を見た雑感です。 授業「算数教材研究」における一つの試み 〔付〕 大学生の量認識 新海 寛…

8 0 0 0 OA 新教授法

#超算数 +, -, ×, ÷ の書き順教育が1900年まで遡れた! 天むすさん、いつも、本当にすごいな。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年 https://t.co/bAxHkHLN04 https://t.co/rkciboJVQ8 https://t.co/t0tsM3i8Jr

2 0 0 0 OA 教授法提要

RT @temmusu_n: @kazuhiro_art @genkuroki @coJJyMAN #超算数 同じ年、お隣の神奈川県では【7人にて35人を除す】という言い方を許容しない師範学校の先生がいました(140頁)。当時の算術(今の算数教育界も?)は、表記の正確さを残忍な…

8 0 0 0 OA 新教授法

RT @temmusu_n: @kazuhiro_art @genkuroki @coJJyMAN #超算数 は #義務教育の敗北 ではなく、#師範学校の勝利 じゃないかと思います。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年。https://t.co/SUS…
RT @takusansu: #超算数 「算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/x7U5fhy1um 以下の文献を見た雑感です。 算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 学生の認識の観点より 新…
RT @takusansu: #超算数 纏める気力がないので、文献の紹介だけしておきます。 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 発行日:2007年 公開日:2020/07/06 https://t.c…
#統計 件の赤池論説(1980)への直接リンク https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について 赤池弘次さんの次の論説(1980)も読み易いです。 https://t.co/0XWLnhwq6V エントロピーとモデルの尤度
RT @bampaku: 掛け算の順序ではないのですが、小田・渡邉の下記論文のFig.19とか見ると、抽象的な代数計算は小学生に教えても良いし、子供の抽象的思考を侮るな、Piaget is Over! という気持ちになるのですが、もちろんできない児童に無理強いするのは良くない。…
RT @bampaku: @phasetrbot 割り算を逆数の積と理解させるの、行けると思うんですよね。さっと論文出てこなかったのですが、小学校高学年での分数の除法について、等式の両辺に同じ操作をする式変形の学習で除法を逆数の積と理解させる実践例です。 https://t.c…
RT @genkuroki: @temmusu_n #超算数 数直線図への評価を https://t.co/x4NyAVKvwQ から添付画像に引用。 【算数教科書で扱われている説明にも関わらず,2本の数直線図をかかない生徒が大多数であることから,指導者が有効なツールであ…
@temmusu_n #超算数 数直線図への評価を https://t.co/x4NyAVKvwQ から添付画像に引用。 【算数教科書で扱われている説明にも関わらず,2本の数直線図をかかない生徒が大多数であることから,指導者が有効なツールであると感じていても,子どもは必ずしもわかりやすい図とは感じていない実態が明らかになった】 https://t.co/V5wHt8i3IW
RT @cowabiko: 移項、現代的な問題ではないとおもっている。 https://t.co/uG8lt1BS5M

2 0 0 0 OA 初等近世算術

RT @temmusu_n: #超算数 これも怪しいかけ算記号の説明。 上野清編『初等近世算術』訂7版 東京、吉川半七、1896年。https://t.co/cvFvUfDi7t 12頁に【乗号× (In to) を壱数の前におくときは其前にある数に其数を乗ずることを示す、例へ…
RT @atsushimiyahara: 日本共産党は臓器移植法ですら、党議拘束を外さない(党議拘束で棄権)。 1997年 https://t.co/wOX0lqVgEl 2009年 https://t.co/jEPQXC9f1s
RT @temmusu_n: #超算数 センセー掛順間違ってますよ編 那須理太郎編『理論応用新式算術』訂3版 東京、目黒甚七等、1893年。https://t.co/DUdY1ZivyW 50頁。一日に8里走る飛脚甲と一日に7里走る乙が同時に反対方向に出発したら26日後の互いの…
RT @genkuroki: #統計 11/5にGoogleのロゴが赤池弘次さんになっていたので、赤池さんが書いたものをググって読んでみました。次の2つ(どちらも1980年の論説): https://t.co/2yI8DNOy7N 統計的推論のパラダイムの変遷について ht…
RT @ceptree: 多変数フーリエ級数と格子点問題について — Gibbs–Wilbraham現象,Pinsky現象そして第3の現象 — 倉坪 茂彦 https://t.co/37gmRPLQIr

4 0 0 0 OA 新著紹介

RT @phasetrbot: https://t.co/DJsbCNvewp Weilのケーラーの(ドイツ語版?の)書評、「なお作用素φが△と可換なら,HとGとも可換であることが注意されているのは簡単なことながらうれしい.これは井草も気付いていたが,まだどこにも記述されていな…
RT @takusansu: #超算数 算数・数学教育の転換期 ―数学教育にとって2005年はどのような意味を持つか― 根本 博 1996年03月文部科学省中等教育局 教科調査官 https://t.co/AUxlaDsxJP 画像は P29 より。 このような言葉で明治の教育…

3 0 0 0 OA 学校試験法

RT @temmusu_n: #超算数 松本卯之助『学校試験法』東京、金港堂、1892年。https://t.co/AiDzygquq3 160,1頁【而して答へを算出するには計算により式を立つるには思考力によるものにて…世//人は日常計算を三分一とし思考力錬磨を三分二と定むる…

3 0 0 0 OA 簡易中等算術

RT @temmusu_n: #超算数 ついでにこの本、かけ算の表記法もかなり粗雑に定義している。 21頁【36. 乗法の符号。乗法の符号は×にして、に乗ずる又はに掛けると読み、之を被乗数の右、乗数の左に記す。】https://t.co/nDyeanKlMU

3 0 0 0 OA 簡易中等算術

RT @temmusu_n: #超算数 帝国通信講習会編『簡易中等算術』東京、金港堂、1898年。https://t.co/vvaBvPjtgo
RT @genkuroki: #掛算 #超算数 リンク切れを復活 大河原 清 算数の「できる」と「わかる」の一例 ~百分率を求めるのに、なぜ100を掛けるのか~ 2013 https://t.co/9fHXgidkZr PDF https://t.co/OspOAdj17G
RT @genkuroki: #掛算 #超算数 リンク切れを復活 大河原 清 算数の「できる」と「わかる」の一例 ~百分率を求めるのに、なぜ100を掛けるのか~ 2013 https://t.co/9fHXgidkZr PDF https://t.co/OspOAdj17G
RT @genkuroki: @Goto_Manabu @sanjyuumatsu #超算数 詳しくはリンク先のスレッドを参照。件の大河原清さんの論文「算数の「できる」と「わかる」の一例 ~百分率を求めるのに、なぜ100を掛けるのか~」は https://t.co/MfzPq…
RT @takusansu: #超算数 「小数の乗法の学習水準に関する研究 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/9BQ8VwFcbE 以下の文献を見た雑感です。 小数の乗法の学習水準に関する研究 岸本 忠之 1999年06月10日 筑波大学…
RT @genkuroki: @sekibunnteisuu @metameta007 @ohmasu_risa 高橋誠さんがいつものようにトンデモ系なのは仕方がない。 結構怖いのは、大学の教育学部に、パーセントの定義は 1 % = 1/100 でしかないことについて教え…
RT @genkuroki: #超算数 https://t.co/rM8wrDqNc3 添付画像は 大河原 清 2013 https://t.co/OspOAd1pJ6 より。これがひどすぎ。 【「もとにする量」を1にする場合】というような言い方をするひとは子供に算数…
@sekibunnteisuu @metameta007 @ohmasu_risa 高橋誠さんがいつものようにトンデモ系なのは仕方がない。 結構怖いのは、大学の教育学部に、パーセントの定義は 1 % = 1/100 でしかないことについて教えずに、チョー算数的考え方を学生や教師に吹き込む先生がいること。添付画像は https://t.co/OspOAd1pJ6 より。 https://t.co/yES9hy0d1s https://t.co/x6WQ5mZXjQ
RT @ceptree: Picard の公式による第一種積分方程式の解の数値的構成法 https://t.co/NvaVYXnDaA
#超算数 「発達段階」という用語を教員採用試験のための教育心理の勉強で身に付けてしまう教師の人は多いのでしょうか? 教員採用試験の教育心理の問題は時代遅れで内容もワンパターンでひどいことになっているようです。 https://t.co/3gWA2Orluu https://t.co/6bzU4BDRlj https://t.co/UrIbuTeSW2 https://t.co/02F0ivfPz9
RT @genkuroki: #超算数 添付画像は https://t.co/c7fcWbsAV9 でオープンアクセスになっている報告全体です(1ページしかない)。そこでは大学生に関する調査では数直線図が割合概念の理解にほとんど役に立って無さそうな様子が報告されています。小学生…
RT @temmusu_n: @OokuboTact #超算数 鈴木筆太郎(1927: 302,3)https://t.co/6szXlaQX88が自身と前著(1911)について述べている。即ち、鈴木は【中等教育をすら受けてゐない】。これは最終学歴が高等小学校ということだろうか…
RT @temmusu_n: #超算数 これも大久保さん情報のメモhttps://t.co/t7va7nlLo2 学習指導大系刊行会編『尋常小学算術科指導書』上巻 東京、帝国地方行政学会、1927年。https://t.co/ewREaMnInf 59頁に【8人×4…を4×8人…
RT @temmusu_n: @OokuboTact #超算数 大久保さんが教えてくれた 鈴木筆太郎『算術教授法に関する新研究』東京、宝文館、1911年。https://t.co/W8bqplKXPQ は、22頁の【 (5) 乗数、被乗数の叙列を転倒するもの多し。   イ、5ケ…
RT @OokuboTact: (続き) #超算数 https://t.co/uauNJYbzzC 同じ本から。 52頁〜55頁(コマ番号34〜35) 九九の式と唱和の関係 https://t.co/4v1KqcXDjm
RT @OokuboTact: #超算数  #掛け順 昭和9年(1934年) 『形式方面より見たる国定算術書の活用指針』 掛け算の逆順、ひっかけ問題 https://t.co/srjN8RGffN https://t.co/to5fP3iwU3
RT @OokuboTact: @temmusu_n 鈴木筆太郎にはもう1冊ありますね。 『算術教授法に関する新研究』 明治44年(1911年) > 乗数、被乗数の叙列を転倒するのも多し。 イ、 5個×42=210個とすべきを42×5個=210個とする類。 https://t…
RT @temmusu_n: #超算数 NDL電書で唯一見つかった著書 鈴木筆太郎『低学年算術新教法案』東京、モナス、1927年。https://t.co/s7LaSMk8Bo 196ページで【例へば9×2と2×9とは、その結果は勿論相等しい、けれども、_それに依つて表はされる…
RT @OokuboTact: > 昭和2年(1927年)の尋常小学算術科指導書には掛け算の順序固定指導が書いてある。 コマ番号129 https://t.co/aHKSYfUQzz
RT @genkuroki: #掛算 https://t.co/CeQZiQlLb9 の情報は重要だと思ったので、自分でも画像化しました。ソースは https://t.co/H0nn3JJ2Kq です。佐藤武(1919)がトンデモの由来の一つである可能性がある。 https:/…
RT @yasuokajihei: (「・ω・)「ガオー @bicycle1885 さんの文章でなかった。 https://t.co/YGi8Sw2cLj 動的プログラミング言語Juliaの紹介
RT @harutakuyaharu1: プログラミング言語 Juliaの説明で、MATLABの名前を久々に聞いて学生時代を思い出した。 https://t.co/Mm5vE5pBT2
RT @OokuboTact: #超算数 昭和2年(1927年)の尋常小学算術科指導書には掛け算の順序固定指導が書いてある。 https://t.co/o9EtoCBazn https://t.co/NFFDPxc5XL
RT @temmusu_n: #超算数 何度もお世話になっている著者が 小平邦彦、古屋茂監修『新しい算数』第1学年 東京、東京書籍、 1980年。 の 教師用指導書を引用。 岡野勉「小学校における『代数』指導のための基礎的考察: 教科書分析の試み」『教授学の探究』第4巻 (1…
RT @temmusu_n: #超算数 武部綾子「加法と減法の算数文章題に困難を示す児童の指導についての研究: 問題種類別の指導で見えた児童の困難と指導の工夫」『筑波大学特別支援教育研究』第11巻 (2017年3月)、31-40ページ。https://t.co/ds3Llck5…
RT @akinori_ito: 自分の論文で試してみよう。材料は最近出たこれのアブストラクト https://t.co/Iyd2tinJmX
RT @temmusu_n: 中学校でも続く #超算数 の他の例。数学教師を指導するレベルの教育専門家が、「式の意味」という概念を濫用。 熊倉啓之 「文字式の計算順序に関する指導: 『かけ算記号省略優先』規則に焦点を当てて」『静岡大学教育実践総合センター紀要』第25巻 (201…
RT @temmusu_n: #超算数 参考資料。 ストリャール、A. A.「第14講 数学における言語」『算数教育学』宮本敏雄・山崎昇訳 東京、明治図書、1976年、227-40ページ。 算数教育界ではフレーズ型、センテンス型で式を区別し、数量と数量の関係に対応すると説明(例…
RT @takusansu: #超算数 「1969年頃の割合指導」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/Aw4aVQmE2C 以下の文献を見た雑感です。 比の三用法の指導について 丹波 武雄 1969年01月21日 https://t.co/3P8m…
RT @takusansu: #超算数 #掛算 1969年の文献で、なかなか凄いものを発見しました。 比の三用法の指導について 丹波 武雄 https://t.co/3P8mE5ZUJ3 そのうち掲示板の方で取り上げる予定です。 ちなみに、同じタイトルで日本数学教育会誌にも発…
RT @takusansu: #超算数 #掛算 1969年の文献で、なかなか凄いものを発見しました。 比の三用法の指導について 丹波 武雄 https://t.co/3P8mE5ZUJ3 そのうち掲示板の方で取り上げる予定です。 ちなみに、同じタイトルで日本数学教育会誌にも発…
RT @genkuroki: @temmusu_n @takusansu @sekibunnteisuu @KabuTaro @LimgTW #超算数 ちょー算数問題は、 算数教育専門家達に「過去数十年以上続けて子供にとって有害な教え方を提案して、実現し続けて来たことを反省し…
@temmusu_n @takusansu @sekibunnteisuu @KabuTaro @LimgTW #超算数 ちょー算数問題は、 算数教育専門家達に「過去数十年以上続けて子供にとって有害な教え方を提案して、実現し続けて来たことを反省します」と言ってもらわなければ困る問題 と要約できると思う。実際に悪さをして来たことの証拠がポツポツ出ている。 https://t.co/mmeQ91Opgf https://t.co/B2NCHGxMnj
RT @oohtotori: @y_tambe @Nathankirinoha あ、モンタニエ博士って「水からの伝言」とか言っちゃってるんだ… https://t.co/NHZrDt8gBU
RT @takusansu: #超算数 「保育園児童を対象とした算数の語彙調査研究」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/vVqW94OwYb 以下の文献を見た雑感です。 保育園児童を対象とした算数の語彙調査研究 志水 廣,鈴木 由里子 2020年0…
RT @ceptree: S(t)I(t-τ)という遅延のいれ方の文献 Ishikawa, M. (2017). 時間遅れを考慮した確率 SIR モデルの安定性解析)Transactions of the Institute of Systems, Control and…
RT @sekibunnteisuu: @y_mizuno @genkuroki @tsatie 「外延量的内包量」という、「豪華粗品」もありますw https://t.co/jzU2AXmtjw
RT @genkuroki: @Goto_Manabu @sanjyuumatsu #超算数 詳しくはリンク先のスレッドを参照。件の大河原清さんの論文「算数の「できる」と「わかる」の一例 ~百分率を求めるのに、なぜ100を掛けるのか~」は https://t.co/MfzPq…
RT @genkuroki: @Goto_Manabu @sanjyuumatsu #超算数 論文へのリンクが切れていたので再リンク https://t.co/nh60BGDqme https://t.co/MeAjseGCRO 私なら「7を2.4個足す」という見方もできな…
RT @genkuroki: @Goto_Manabu @sanjyuumatsu #超算数 論文へのリンクが切れていたので再リンク https://t.co/nh60BGDqme https://t.co/MeAjseGCRO 私なら「7を2.4個足す」という見方もできな…
RT @takusansu: #超算数 アクティブ・ラーニング型の授業に向けた教師による児童の社会情緒面への働きかけとその機能 : 小学校二年生の算数授業のディスコースに焦点を当てて 茂野 賢治 2018年02月 立命館教職教育研究 https://t.co/QxUV24tAM…
RT @takusansu: #超算数 分数概念の習得過程に関する発達的研究 栗山 和広,吉田 甫 https://t.co/MPUzxcKzNv こういう文献を見ていると、通分なしで簡単な分数の大小比較の訓練をした方がいいような気がします。 量感を育てて割合の下地にもなりそう…
RT @takusansu: #超算数 「中学生・高校生の割合の理解に関する調査研究 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/r2CwVr3gzB 以下の文献を見た雑感です。 中学生・高校生の割合の理解に関する調査研究 熊倉 啓之,國宗 進,松…
RT @genkuroki: #統計 豊田『瀕死本』を好意的に読んでしまった人は、ベイズ統計の利点と「ゴールを厳しめにずらすこと」を混同しているのだと思う。 添付画像は https://t.co/UCLqah1vin p 値を使って学術論文を書くのは止めよう 豊田秀樹(20…
RT @takusansu: #超算数 中学生・高校生の割合の理解に関する調査研究 熊倉 啓之,國宗 進,松元 新一郎 2019年03月27日 https://t.co/kW6TjfMoTK 【算数教科書で扱われている説明にも関わらず,2本の数直線図をかかない生徒が大多数である…
#統計 豊田『瀕死本』を好意的に読んでしまった人は、ベイズ統計の利点と「ゴールを厳しめにずらすこと」を混同しているのだと思う。 添付画像は https://t.co/UCLqah1vin p 値を使って学術論文を書くのは止めよう 豊田秀樹(2017) より。この話題に参加したい人はこれに目を通しておけば十分。 https://t.co/lahTIxOlNi
#統計 豊田『瀕死本』p.85や豊田『止めよう論文』 https://t.co/UCLqahj69V での「仮説が正しい確率」の定義は事後分布で計算した確率。『瀕死本』プロローグでのそれは片側二項検定のp値にほぼ一致することを証明できるので、豊田秀樹さんは「p値は仮説が正しい確率だ」と言っているも同然www
#統計 え?褒めても大丈夫な本なのですか? 公開されている『瀕死本』 https://t.co/ixtbTHZngc のプロローグや https://t.co/UCLqahj69V p 値を使って学術論文を書くのは止めよう 豊田秀樹 を見るだけでもトンデモないことが書いてある。 詳しくはこのツイートが繋がっているスレッドを参照。 https://t.co/2VtcaJCuiF https://t.co/ln1JWR2Upw
#統計 赤池弘次さん本人によれば、AICのAは "an" を意味します。AIC = an information criterion なのだそうです。証拠は https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計) 赤池 弘次 1980 のp.612にある(添付画像) https://t.co/txZd9Krnun https://t.co/s8B6BPE0Gy
RT @takusansu: #超算数 「教科書の問題や分析が酷い事例」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/EoeLhVGXl1 以下の文献を見た雑感です。 算数の学習場面における自己内対話に注目した主体的・対話的で深い学びに関する考察 https:…
RT @hgot07: @hgot07 東北大学新聞(231号) https://t.co/ItftAaqe28
RT @katzkagaya: 赤池弘次「意図と構造」https://t.co/bFXWf5hE47 https://t.co/jvJAGeTYDE
#統計 添付画像は p.85より。pp.83-84に詳しい計算が書いてある。 https://t.co/wSDIgaOAqf の第1節 https://t.co/foCDt7FZBK p.610の右側 と同じ計算。 https://t.co/y1JiW3wp34
#統計 「尤度」と不適切な名前で呼ばれる量を理解することは難しいです。赤池弘次さんの https://t.co/rVEPngIsM6 によれば、最尤法をひろめたFisherさんは尤度について理解していなかった。
#統計 やはり定説のように扱われている。 推定に使った数学モデルが妥当でない場合であっても、標本サイズを大きくすると推定は収束することがある。 https://t.co/zILRvhzEoB 帰無仮説検定と再現可能性 大久保街亜 Japanese Psychological Review 2016, Vol. 59, No. 1, 57–67 より https://t.co/AAtKGGWAB9
#統計 まるで、ベイズ統計ならば仮説が正しい確率も求められるという説が定説になっているがごとく。 これは非常にまずすぎ。 https://t.co/CeZ5N1C4Cn 心理学を専攻する学生への統計教育はどうあるべきか 堀裕亮 Japanese Psychological Review 2017, Vol. 60, No. 3, 230–234 より https://t.co/CVkBIoWnkr
#統計 「未知の真の分布が未知であり続けていても、推定結果の妥当性について何が言えるのか?」という問題への突破口は1970年代に赤池弘次さんが開いたのだと私は認識しています。 1980年の以下の2つの論説に赤池さん自身による解説があります。 https://t.co/rVEPngIsM6 https://t.co/foCDt7FZBK
#統計 統計学の文脈でのKullback-Leibler情報量の解説でSanovの定理に触れていないものを読んで理解できなかった人は、上で紹介した赤池弘次さんによる解説の方を読むと理解が進むと思う。 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計) 赤池 弘次 1980
#統計 Sanovの定理の易しい場合の解説は https://t.co/wSDIgaOAqf Kullback-Leibler情報量とSanovの定理 にあります。赤池弘次さんも https://t.co/foCDt7FZBK で易しい場合のSanovの定理を解説しています(添付画像)。 Sanovの定理による情報量規準の解説はこのように「由緒正しいもの」です。 https://t.co/ohdPJczimn
#統計 再紹介、再リンク 赤池弘次さんの1980年の論説は以下のリンク先で読めます。 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計 どちらも非常に面白いです。
RT @erutan26614900: @genkuroki 「エントロピーとモデルの尤度」、リンク先に誤りがございませんでしょうか("www"が抜けているようです。即ち、以下が正しいように思われます)。 https://t.co/JZqwdze6F9
#統計 その辺をおさえた上での文献紹介。 以下の2つの赤池弘次さんの40年前(1980)の論説は今でも読む価値があります。 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/yn24y7eh08 エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計) https://t.co/uIwyzQK5Lp
#統計 「仮説が正しい確率がわかる」と思っている人達の他の例 https://t.co/vQjT0niF1F The Japanese Journal of Psychonomic Science 2019, Vol. 37, No. 2, 167–173 講演論文167 新しい統計学とのつきあい方 小 杉 考 司 専修大学 https://t.co/GVZ3Lelekl
#統計 「仮説が正しい確率がわかる」と思っている人達の他の例 https://t.co/3ddF5dTr24 マーケティング・サイエンス Vol. 24, No. 1, 2016, pp. 1-5 『統計的因果推論の新しいトレンド─ 検定力分析とベイズ推論 ─』 阿部 誠 東京大学大学院経済学研究科 https://t.co/ESYt89ju2s
RT @toshizumi1225: 大久保先生も「ベイズ主義に立てば,そのデータが得られたことを前提に,本来知りたい仮説そのものが正しい確率 P(H|D) を得ることができる。すなわち,研究者が知りたい仮説の正しさを確率として直接推定できる」と説明してるんだよなあ… http…

お気に入り一覧(最新100件)

@temmusu_n > #超算数  鈴木筆太郎さんを引用する人、戦前の算数教育界で見たことがないんですけど、 引用ではないのですが、名前が出てくる本を見つけました、 清水甚吾や山本孫一の名前も出てきます。 『明治大正教育教授物語』<算術教育 55頁〜76頁> https://t.co/eDmtAgO4ZU
ベル研から発掘されたテープから復元されたK&R以前の世界,そこはcdではなくchdir, ラインエディターed... https://t.co/d0xrtmdGtA
初期UNIXとC言語を用いたOSおよびプログラミング支援教育-ICT教育における温故知新-(2019) https://t.co/mNALeEpPDn 「学生は,現在は複雑化したUNIXやC言語も当初は簡素なものであったことを理解し,ある程度の親しみを感じる(略)」 この発想はなかった
@temmusu_n 岡野勉の論文の127頁〜132頁に、片桐重男の戦前の算数教育研究を検証しています。 https://t.co/vDdBtJAZdx
#統計 赤池弘次さんは https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 1980 のp.610の右半分でSanovの定理に当たることをSanovの定理と言わずにエントロピーの言葉で説明しています。 KL情報量とFisher情報量の関係もその次のページで説明されている。 https://t.co/K1emLPsoI7
#数楽 これは面白く読めた。 https://t.co/joZDHbxMeQ [[[不完全性定理に挑む]に挑む]に挑む] ゲーデル(著),林晋・八杉満利子(解説、翻訳):ゲーデル不完全性定理 田中一之(著):ゲーデルに挑む 証明不可能なことの証明  (辛口)書評 渕野昌 2013 https://t.co/nWf4r0e83h
佐藤純一・鷲沢嘉一(2017)「動的プログラミングJuliaの紹介」『映像情報メディア学会誌』 71巻, 1号, pp.74-77 https://t.co/JkawkDD6id 比較的新しめのプログラミング言語であるJuliaの紹介。Pythonのパッケージ使えるのは便利かな。基本的なことの紹介のみなので応用とかは自分で色々調べていきたい
#超算数 1.2倍と言いなさい、1.2個はダメという指導の起源はどの時代かという話。1914年以降であることは確かそうだ。 話は前後するが、中条(1889:39,40)https://t.co/Zjsnl1tAkDは、名数の概念を導入し、名数は乗数にならないことを規定している。その後で注をつけて複雑な体系を作っている。 https://t.co/BIodu3qINi
@takusansu #超算数 やばい、ツボにハマった。深夜に大爆笑。面白すぎ。 https://t.co/BvWXa3lpjj ↓ PDF https://t.co/mcnni8ebMg 質的心理学研究 / 6 巻 (2007) 1 号 / 書誌 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 河野 麻沙美
@takusansu #超算数 やばい、ツボにハマった。深夜に大爆笑。面白すぎ。 https://t.co/BvWXa3lpjj ↓ PDF https://t.co/mcnni8ebMg 質的心理学研究 / 6 巻 (2007) 1 号 / 書誌 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 河野 麻沙美
#超算数 「算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/e8WJEgKR18 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して https://t.co/wKpk1hUpBs
#超算数 「授業「算数教材研究」における一つの試み の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/hAP8KQoxQf 以下の文献を見た雑感です。 授業「算数教材研究」における一つの試み 〔付〕 大学生の量認識 新海 寛 発行日:1980年 公開日:2020年08月14日 https://t.co/H1KrkqBL0V https://t.co/fzhXdakFun

8 0 0 0 OA 新教授法

#超算数 +, -, ×, ÷ の書き順教育が1900年まで遡れた! 天むすさん、いつも、本当にすごいな。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年 https://t.co/bAxHkHLN04 https://t.co/rkciboJVQ8 https://t.co/t0tsM3i8Jr
#超算数 「算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 の雑感」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/x7U5fhy1um 以下の文献を見た雑感です。 算数科教育学の教育内容と方法に関する一考察 学生の認識の観点より 新海 寛 発行日:1994年 数学教育学会研究紀要 https://t.co/9MypbSnvBD
#超算数 纏める気力がないので、文献の紹介だけしておきます。 算数授業における図が媒介した知識構築過程の分析 「立ち戻り」過程に支えられた子どもたち同士の足場がけに注目して 発行日:2007年 公開日:2020/07/06 https://t.co/wKpk1hUpBs
魚類の単性発生は、30年以上前にすでに解説されていた。バイオテクノロジーと言いつつ、操作手法はUV照射とか温度処理とかで、ハイテクなんだかローテクなんだか分からない世界だ…。 >小野里坦「水産における染色体操作」(計測と制御 Vol.28, No.2, 1989/2) https://t.co/pparzABwW9

2 0 0 0 OA 教授法提要

@kazuhiro_art @genkuroki @coJJyMAN #超算数 同じ年、お隣の神奈川県では【7人にて35人を除す】という言い方を許容しない師範学校の先生がいました(140頁)。当時の算術(今の算数教育界も?)は、表記の正確さを残忍なまでに追求する傾向があったようです。 中沢忠太郎『教授法提要』東京、文学社、1900年。https://t.co/oFWp2o6eCx https://t.co/n5uahv53E6

8 0 0 0 OA 新教授法

@kazuhiro_art @genkuroki @coJJyMAN #超算数 は #義務教育の敗北 ではなく、#師範学校の勝利 じゃないかと思います。 内藤慶助編『新教授法』黒田定治閲 東京、水野書店、1900年。https://t.co/SUS477ZPzn 内藤と黒田は東京高師の先生。127ページで算術記号に今と同じ書き順を指定しています。 https://t.co/ArpMGMQoob
#統計 件の赤池論説(1980)への直接リンク https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について 赤池弘次さんの次の論説(1980)も読み易いです。 https://t.co/0XWLnhwq6V エントロピーとモデルの尤度
@temmusu_n 科研費 https://t.co/MYJLdYvvno で「分数の乗除の指導の変遷」が調べられているようです。
Picard の公式による第一種積分方程式の解の数値的構成法 https://t.co/NvaVYXnDaA
@temmusu_n 鈴木筆太郎にはもう1冊ありますね。 『算術教授法に関する新研究』 明治44年(1911年) > 乗数、被乗数の叙列を転倒するのも多し。 イ、 5個×42=210個とすべきを42×5個=210個とする類。 https://t.co/feCerQv5Rr https://t.co/2TPWdd8VTl
#超算数 NDL電書で唯一見つかった著書 鈴木筆太郎『低学年算術新教法案』東京、モナス、1927年。https://t.co/s7LaSMk8Bo 196ページで【例へば9×2と2×9とは、その結果は勿論相等しい、けれども、_それに依つて表はされる事実_は全くちがつてゐる。】とほぼ現代と同じ用語法で掛順こだわりを主張。 https://t.co/2vhGNXUJFW
#超算数 昭和2年(1927年)の尋常小学算術科指導書には掛け算の順序固定指導が書いてある。 https://t.co/o9EtoCBazn https://t.co/NFFDPxc5XL
@y_tambe @Nathankirinoha あ、モンタニエ博士って「水からの伝言」とか言っちゃってるんだ… https://t.co/NHZrDt8gBU
S(t)I(t-τ)という遅延のいれ方の文献 Ishikawa, M. (2017). 時間遅れを考慮した確率 SIR モデルの安定性解析)Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers, 30, 115-121. https://t.co/HtCxguO3Ob
#統計 豊田『瀕死本』を好意的に読んでしまった人は、ベイズ統計の利点と「ゴールを厳しめにずらすこと」を混同しているのだと思う。 添付画像は https://t.co/UCLqah1vin p 値を使って学術論文を書くのは止めよう 豊田秀樹(2017) より。この話題に参加したい人はこれに目を通しておけば十分。 https://t.co/lahTIxOlNi
#統計 「尤度」と不適切な名前で呼ばれる量を理解することは難しいです。赤池弘次さんの https://t.co/rVEPngIsM6 によれば、最尤法をひろめたFisherさんは尤度について理解していなかった。
#統計 「未知の真の分布が未知であり続けていても、推定結果の妥当性について何が言えるのか?」という問題への突破口は1970年代に赤池弘次さんが開いたのだと私は認識しています。 1980年の以下の2つの論説に赤池さん自身による解説があります。 https://t.co/rVEPngIsM6 https://t.co/foCDt7FZBK
#統計 統計学の文脈でのKullback-Leibler情報量の解説でSanovの定理に触れていないものを読んで理解できなかった人は、上で紹介した赤池弘次さんによる解説の方を読むと理解が進むと思う。 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計) 赤池 弘次 1980
#統計 Sanovの定理の易しい場合の解説は https://t.co/wSDIgaOAqf Kullback-Leibler情報量とSanovの定理 にあります。赤池弘次さんも https://t.co/foCDt7FZBK で易しい場合のSanovの定理を解説しています(添付画像)。 Sanovの定理による情報量規準の解説はこのように「由緒正しいもの」です。 https://t.co/ohdPJczimn
#統計 再紹介、再リンク 赤池弘次さんの1980年の論説は以下のリンク先で読めます。 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計 どちらも非常に面白いです。
#統計 その辺をおさえた上での文献紹介。 以下の2つの赤池弘次さんの40年前(1980)の論説は今でも読む価値があります。 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/yn24y7eh08 エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計) https://t.co/uIwyzQK5Lp
大久保先生も「ベイズ主義に立てば,そのデータが得られたことを前提に,本来知りたい仮説そのものが正しい確率 P(H|D) を得ることができる。すなわち,研究者が知りたい仮説の正しさを確率として直接推定できる」と説明してるんだよなあ… https://t.co/FoOjE0oGrM
#統計 添付画像は https://t.co/UCLqahj69V より。豊田秀樹さんは本当に 【研究仮説が正しい確率 (PHC, probability that research hypothesis is correct)】 と書いています。 PHCという略称が流行ったりしたら悪夢だと思う。 https://t.co/ckk2zfZRWN
#統計 尤度の概念については最尤法の開発者のFisherさん自身もよく分かっていなかった。赤池弘次さんの1980年の2つの論説は非常によいです。 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度(<講座>物理学周辺の確率統計)
#統計 赤池弘次さんの1980年の論説や渡辺澄夫さんの講義のスライドは見る価値があります。 赤池弘次さんの1980年の論説↓ https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について 赤池 弘次 https://t.co/yn24y7eh08 エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 https://t.co/yk5HEGjffR
#超算数 案の定「はした」という用語の児童への定着が悪いという調査結果があります。添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf より。小4で半分くらいしか「はした」の意味を理解していない。半分が理解できない用語で算数を教えようとするのは不思議。(ひどい話) https://t.co/t2qPnSyiD8 https://t.co/j2RLwOZ8Co
#超算数 添付画像は https://t.co/mmeQ91Opgf 小学校低学年児童の算数語彙力の調査研究 志水廣 より。その調査結果によれば「4この2つぶん」の意味を理解している小学3年生は18.1%しかいない! 算数教育界は子供が理解できない言い回しで掛算を導入するやり方を導入普及させてしまったわけです。 https://t.co/dZFYNDXitM
#統計 文献紹介 https://t.co/ah1athnOIr マンテ ル・ヘンツェルの検定 福富和夫 疫学と統計学の基礎講座 第24巻 日循協誌 第2号 1989年9月 私は人の名前の付いた専門用語は覚えられないのですが、覚える以前にMantel-Haenszelという用語を初めて知った。 https://t.co/IRJu8Wf7Yx
#統計 文献紹介。今回はFisher検定とχ²検定についてフェアな評価をしている日本語による解説の紹介。 https://t.co/qz3fJWvYpw 連載 第3回 医学データの統計解析の基本 2つの割合の比較 朝倉こう子・濱﨑俊光 【常用的に Fisher の直接確率計算を使用することは避けた ほうがよさそうである】 https://t.co/n3YMrlYMyi
NMRパイプテクターの基本技術を発表したと称する論文(ここhttps://t.co/4GN23fAHIA にあるもの)がはたしてどれだけ実在するかと調べたら、2005年に雑誌「防錆管理」に発表した論文https://t.co/JBlYKfqKmP は見つかった。共著の岩屋信一氏は2003年入社の社員だったhttps://t.co/UlW8T4rL6c
“EM菌に関しては経験者の方で「有効」と答える比率が有意に増加した(Table9:Fisherの正確確率検定,p=0.0007)” https://t.co/kLKH3feT4c 学校でEM菌を教えられた子どもたちはEM菌が正しいと信じる傾向があるという報告。ニセ科学を学校教育に持ち込むもは危険です。
#統計 1980年の赤池弘次さんの2つの論説 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について 赤池 弘次 1980 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 1980 赤池さんによればFisherさんは尤度(ゆうど)について十分に理解していなかった。
日本共産党は臓器移植法ですら、党議拘束を外さない(党議拘束で棄権)。 1997年 https://t.co/wOX0lqVgEl 2009年 https://t.co/jEPQXC9f1s
#統計 赤池弘次さんが、フィッシャーとかサヴェジなどを滅多斬りにした論説を発表したのが1980年。 https://t.co/YRhnSOzAll さらに https://t.co/0XWLnhwq6V も参照。 ポイントは対数尤度の解釈。 尤度函数全体が持っている情報をうまく利用する数学的枠組みがベイズ統計。
FAVをいただいていますが 西本 敏彦「超幾何・合流型超幾何微分方程式」 https://t.co/w56skvpvkc 犬井鉄郎「特殊函数」 https://t.co/bZqO0MJzMr 高野恭一「常微分方程式」 https://t.co/JHh7dUZlvO と全部品切れ。高野常微分は朝倉のサイトから消えている。
一時期J-Stageから消えていたので無くなったのかと思ったら、まだあった / 伊藤彰則「謎の古文書 Voynich Manuscript の統計的解析の試み」 https://t.co/hkTLfmytmu

11 0 0 0 OA 学修訓練の記録

#超算数 奈良女子高等師範学校附属国民学校国民教育研究会編『学修訓練の記録』中学年篇 東京、明治図書、1943年。 まずは早川タダノリさんが紹介したhttps://t.co/sOLNr3IZ9V、緒方明吉「慰問文の指導について」が楽しいhttps://t.co/xkW7auSw1K。今回紹介するのは別件だが、これは爆笑必至。
一昨年のツイートですが、何故か昨日から再拡散しているようです。元々のリンク先が消滅しているので、現在の参照先を付けておきます。 江崎 ひろみ 「物理教育の現状と問題点」 https://t.co/yJvOT01Y0R
#超算数 そして336頁https://t.co/WcQ0cFM0fOには「立式上の条件」が提示され、【其の他の要件として、第一に、問題に表はれてゐない数を無条件で使用してはならぬものとして指導すること。・・進むにつれて必要に応じて、不十進諸等数、郵便料等の法定数は…これを用ひて可なることを知らせる。】 https://t.co/bwxOuAzwd6
#超算数 同じく332頁からの「立式指導に就て」https://t.co/kjcULyR4R8。和田義信が1951年指導要領の特色として自分の考えを人に説明できるようにすることを目標として掲げたと説明していたが、同じような考えがすでに戦前の山本孫一によって提出されている。 https://t.co/twwmKzQr25
【特集:第31回日本リスク研究学会年次大会 総説論文】https://t.co/cSY6GWfMPH 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹 福島においては健康被害の発生を恐れて開始した検査で健康被害を出している,という極めて矛盾した状態が今なお続いている。 https://t.co/Spi9151oRq
@kale_aojiru #超算数 https://t.co/u2oN0KTWIq での熊倉氏によれば 「かけ算記号が省略された部分については,優先 して計算を行う」 という暗黙のルールがあるらしいのですが、現実にはそのようなルールは教科書に一切書かれていません。 熊倉氏は教科書にある例示によって生徒が確認できると~続く https://t.co/PowTrOT7W9
日本政府はおかしい! 「地震予知連絡会10年の歩み」という本は政府予算で作成されたものの国会図書館は著作権のために無条件ネット公開をしない。なぜ納税者は公的資金で作成された資料を自由に閲覧できないのか、理解に苦しむ。ふざけている! https://t.co/GxiXGajbYQ
#超算数 大正時代から算数教育は、式を作ることにこだわってきたのか > 算式を立てて御覧なさい > 先生お答えが出来ました、15銭です > 何? 式を立てないでお答えが出来る理屈がありますか > さあ式を立てて見なさい https://t.co/y1JjXpaT72 https://t.co/KOJhZsdw2z
赤池弘次「意図と構造」https://t.co/bFXWf5hE47 https://t.co/jvJAGeTYDE
実データを解析するときの「具体的問題の感覚」というのはとても大切だ。赤池先生が闘っていた偏見や誤解はまだまだありそうだ。「偏見との闘い」https://t.co/cK9rDoO6fp https://t.co/Qs10I3oFeu
#超算数 参考資料。 ストリャール、A. A.「第14講 数学における言語」『算数教育学』宮本敏雄・山崎昇訳 東京、明治図書、1976年、227-40ページ。 算数教育界ではフレーズ型、センテンス型で式を区別し、数量と数量の関係に対応すると説明(例:三輪(1996) https://t.co/osafYXckiC)されることがある。 https://t.co/ptGMU4CVve
フランスのバカロレアでの哲学の試験問題例を見るたびに、なんてくだらない試験を課しているんだと思わざるを得ない。 問題の例は https://t.co/p2LBumyXup などで読める。 https://t.co/yaScjpZ56V バカロレア哲学試験は何を評価しているか? ―受験対策参考書からの考察― 坂本尚志
#超算数 参考資料。 東京市教育局編『算術科教育測定報告書: 事実問題の部』東京、モナス、1933年。 尋常小学校3年から5年生にNo.1として課された問題群のうち5,10,15は #掛算 の文章題https://t.co/cULkdpAULb。【 (5) 48人の生徒に6銭の筆を1本づつ買ってやるとその代はいくらか。 】振り仮名略。 https://t.co/wxhrTSV4mL
現行の学習指導要領で「行列」が数学活用に移された際の、日数教学会誌での説明部分。 >CiNii 論文 -  高等学校数学科 新学習指導要領で目指すもの https://t.co/3jUTD16uro #CiNii https://t.co/CGuQ4uPXTQ
#掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/eOAVoJW3XVは、 栗山和広、吉田甫「 割合概念における認知的障害: 等全体について」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第63巻 (2014年)、121-6ページ。 【等全体の正答率は 28 %】と、割合3用法の正答率と乖離する(124頁)。後者は【もくわ】指導の影響とも。 https://t.co/tstxdW9xRn
三山崩しについて調べていたら、同僚の年配の方より 土方 弘明:Wythoffの二山崩しについて(数学11巻・1959年) https://t.co/JeVYpKUnxn を教えて頂いた。Wythoffの二山崩しの原論文 https://t.co/iPQCzyjQg0 関連して I.M. Vinogradov, Elements of Number Theory https://t.co/P6GMXymOVK
渋い本が並ぶ産業図書「数理解析とその周辺」 https://t.co/w0C04p9ND4 からの復刊だろう。もう産業図書さん https://t.co/e9495qzvjI がシリーズを継続されないなら、他の本もちくま文庫から出して欲しい。 https://t.co/dKp3uoiH3S
筆順教育の典拠らしい文部省『筆順指導の手びき』 https://t.co/ZIGMubRkyQ 入手不能。国会図書館デジタルコレクションも著作権上の理由でインターネット公開せず https://t.co/AikkBGiTU6 60年前の文部省著作物でも著作権あり?
#数楽 AICでも有名な赤池さんの論説 https://t.co/foCDt7FZBK エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 1980 では log n!=n log n -n +(1/2)log n +log√(2π) +O(1/n) の右辺の最初の2項だけを使う近似を行なっている。 これを理解できないと対数尤度のような統計学での基本概念を理解できない。 https://t.co/Cfk2eWZzPt
これ、直接には潜在性じゃないけどまあ基本はいっしょ。潜在性の議論はがんばろうとおもえばかなりがんばれる。 / “ドン・マーキスの反妊娠中絶論とその批判” https://t.co/ycugaV0RpE
#超算数 0の段のかけ算の学習援助 -授業内容の構想とその効果- https://t.co/8BVCRQP6U6 という文献が凄い。 4年生に洗脳指導 大学生にまで正しい順序wを求めている 順序指導を正当化する根拠が、ある文献に小学2年に対してありうる指導法とあったから 等々てんこ盛り。 https://t.co/Pq77l4FUJ8 https://t.co/p9aKuQz1U2
Carlesonの定理 https://t.co/dTrYQxfaPQ はLacey and Thieleによる証明が有名だが、そう簡単でもない。ググるとL-Tを紹介したスペインの修論二つ https://t.co/cRzgJ5OaGZ https://t.co/dAV0lJ3G1g これも大変そうだ。日本語だと猪狩さんの多重フーリエに粗筋が紹介されてる https://t.co/z1UGQrnpHb
リーマン全集などまとめ 初版 https://t.co/kJOvv7IC19 二版 https://t.co/dP43G1pBya TeXにしたもの、英訳もあり https://t.co/9tpgMLwvft 1859論文の原稿について https://t.co/04G6iLiWOT 「与えられた数より小さな素数の個数について」邦訳 https://t.co/I0ZMDGa8YX
他のやるべき仕事を忘れてwaveletで遊んでしまった。で、思い出して音響学会誌のバックナンバーを見たら、1991年に似たようなことを考えていた。今は計算機や検索など環境の進歩で、一週間でそれらアイデアの多くをゴミ箱行きにできた。環境の進歩万歳。当時なら一月かかる? https://t.co/u0LzantBbJ https://t.co/qdeY14IVds
「灰重石の蛍光は、微量のモリブデンのため起こる」という話、事実ではないのだけど、鉱物趣味の複数のひとから聞いたことがある。実際は「W→Moの置換が数パーセントで蛍光の色が白から淡黄色に変わる」なんだが、どこでこういう話になったのか。 参考→https://t.co/xUTQduqQVq

67 0 0 0 OA 楕円函数論

いろいろ情報を教えていただきました 竹内端三・楕円函数 のまとめ ■Line Segmentさんによる現代語訳 https://t.co/r4UQQyto4k ■yx4さんによるTeXからのpdf https://t.co/2qvBSLlM1G ■scan image  健忘書店 https://t.co/GvRy7QxzCe  国会図書館 https://t.co/wvXNGusGm4

67 0 0 0 OA 楕円函数論

気がつきませんでしたが,労作です。以前、TeXにしてpdfを公開されていた人がいらっしゃいました https://t.co/WU8yM39AzX が、そちらのサイトは@niftyの終了で消えてしまいました。 scan版の公開は続いています: https://t.co/GvRy7QxzCe 国会図書館より読みやすいです https://t.co/wvXNGusGm4 https://t.co/JpJScoM1Sr

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9kIZ https://t.co/dHNa13yW2C と三度違う出版社から出ている。本文そのままで目次だけ日本語でした。(終

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9kIZ https://t.co/dHNa13yW2C と三度違う出版社から出ている。本文そのままで目次だけ日本語でした。(終

10 0 0 0 定積分表

さらにちなみに、アムステルダムの公式集は日本版がある ビラン・ドウ・アーン著「定積分表」 岩波書店 1938 技報堂 1953 現代工学社 1977 https://t.co/AGCLQYAt8p https://t.co/ilaxsj9kIZ https://t.co/dHNa13yW2C と三度違う出版社から出ている。本文そのままで目次だけ日本語でした。(終
#統計 まず、AICの利用の仕方として * サンプルを生成した真の分布に近いモデルを選択するためにAICを使う というのは**誤り**。 https://t.co/TBag9u4xF8 粕谷英一 生態学における AIC の誤用 AIC は正しいモデルを選ぶためのものではないので正しいモデルを選ばない 2015
#統計 話が変わりますが、20世紀の統計に関する考え方については、赤池弘次さんの次の論説が非常に参考になりました。 https://t.co/YRhnSOzAll 統計的推論のパラダイムの変遷について(1980) 赤池弘次 こういう話を学生時代に聴きたかった。あと次も面白い。 https://t.co/0XWLnhwq6V
#統計 渡辺さんは特異モデルの場合を強調していますが、正則モデルの場合であっても、ジェフリーズ分布を特にすすめる必然性もありません。 https://t.co/wGEOzKXDIk p.7脚注からの引用 【統計的正則モデルの場合でも、常にジェフリーズ事前分布よりも予測に優れる事前分布は存在する】
#統計 Jeffreys事前分布を特に強くするめることは合理的ではないことに関するコメントと文献について https://t.co/wGEOzKXDIk 渡辺澄夫『特異モデルとベイズ学習』 を見て下さい。pdfのp.7の誤解4を見て下さい。論文も引用されています。18)と36)です。続く
#超算数 式を立てない方が正答率が高い。 加減の文章問題における立式の妨害効果 https://t.co/e55e1qBBGG
今なら最近の川中さんの 「フック構造をもつゲームとアルゴリズム」 数学63 巻 (2011) 4 号 p. 421-441 https://t.co/Vbxp49bV5Z あたりから入る方がいいでしょう。 第12回代数分科会シンポジュームだけ手元にない。東大名大京大首都大にあるようだ https://t.co/ie4h8pK4vc
#統計 自然なリーマン計量があるなら、そのリーマン計量に従って勾配を計算して利用した方が色々うまく行くだろうと考えることは自然でしょう。 自然勾配法については次のリンク先に甘利さん自身による解説があります。 https://t.co/OQd1oH3mJn
#統計 赤池弘次さんの論説 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度 「尤度ってどうしてもっともらしさなの?」「客観確率 vs. 主観確率という対立図式はおかしいよね?」のような疑問を持つ人達には特におすすめ。
ネタ再掲 #統計 https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度 赤池 弘次 で赤池さんは AIC (an information criterion の略記) と書いていて、それに編集委員会が脚注を付けている(笑)。 https://t.co/e6v49w9jlC https://t.co/weTcekZdjG もおすすめ。
#統計 赤池弘次さんの論説 https://t.co/weTcekZdjG 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度 「尤度ってどうしてもっともらしさなの?」「客観確率 vs. 主観確率という対立図式はおかしいよね?」のような疑問を持つ人達には特におすすめ。
#統計 添付画像は赤池弘次さんによるKullback-Leibler情報量に関するSanovの定理の簡潔な解説。 https://t.co/Nle5j9of9A より 「Sanovの定理」とか呼ぶと何か難しい結果のように誤解してしまうかもしれないが、実際には多項分布の確率の式にスターリングの公式を代入しただけの結果である。 https://t.co/4AbNKDjPNC
#統計 「頻度主義 vs. ベイズ主義」という対立図式でベイズ統計に関する講義をしてしまった人が、赤池さんの論説を読んだら、顔が真っ青になるんじゃないかと思いました。 https://t.co/2yI8DNOy7N 統計的推論のパラダイムの変遷について https://t.co/Nle5j9of9A エントロピーとモデルの尤度
#統計 「統計的推論のパラダイムの変遷について」 https://t.co/2yI8DNOy7N を読んで疑問が残った人はもう一つの 「エントロピーとモデルの尤度」 https://t.co/Nle5j9of9A も読むと得るところが多いと思います。そこでのエントロピーはKL情報量のことだと思って構いません。
佐藤超関数を数値積分の誤差評価に使う,森正武先生のご研究もありますよね.「数値積分の誤差評価」数学 Vol. 27 (1975) No. 3 P 201-210. https://t.co/CKnhm9l6vA
で,出生性比がどれくらい安定しているか調べていたら,こんなグラフが。男:女=2:1だ! https://t.co/EqTRga4Rsj https://t.co/nPuuMm9mJn
“Julia言語による深層学習ライブラリの実装と評価 Implementation and Evaluation of Deep Learning Library in Julia Language 進藤 裕之 Hiroyuki…” https://t.co/Q9pfCyA4tM
@genkuroki 黒木玄先生、リプライ有難うございます。赤池弘次先生のこの論文を読むと、シャノン・エントロピーは対数尤度の期待値として解釈できると書いてありますね。汎関数微分によって尤度を最大化する確率の関数形を求めていると解釈できないでしょうか。 https://t.co/yJ0sNaKtCs https://t.co/EGAm623Rug
「興味深いのは、こうしたやりとりを通じて、むしろ科学批判を標榜する金森の方が、あるべき科学者像として理想化されたイメージを抱いているのではないかという点が明らかになったことだ」 https://t.co/DI6BsiOWY0 pp.92-93

フォロー(995ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

まさにここで言われている講義の対象学生だったのね。 等価変換型プログラミング言語ETの導入による学習の構想 https://t.co/rI9YHf2Ru5
RT @takusansu: #超算数 「タイトル負けしている文献」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/1P4sdcTVgJ 以下の文献を見た雑感です。 算数作問の認知過程とその教育的効果に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-197…
学部の時習った言語はこれだ。見つけた。 CiNii 論文 -  等価変換プログラミング言語ETC https://t.co/4buMZZZVMS
「Gilbert+Mulkay+談話分析」の検索結果。/佐藤哲彦(2017)「逸脱研究の論点とその探求可能性:ディスコース分析をめぐって」社会学評論 68(1), 87-101, 2017, 日本社会学会. / “CiNii 論文 -  逸脱研究の論点とその探求可能性:ディスコース分析をめぐって” https://t.co/mKdCaJbqR7 #社会学 …

1 1 1 0 OA 新主義数学

#超算数 NDL電書に入っているのを忘れていた。 ベーレンドゼン、デー、エー・ゲッチング編『新主義数学』上下巻 森外三郎訳 東京、国定教科書共同販売所、1915,6年。 https://t.co/luyppRMhoP https://t.co/ifbF8GHF6q

1 1 1 0 OA 新主義数学

#超算数 NDL電書に入っているのを忘れていた。 ベーレンドゼン、デー、エー・ゲッチング編『新主義数学』上下巻 森外三郎訳 東京、国定教科書共同販売所、1915,6年。 https://t.co/luyppRMhoP https://t.co/ifbF8GHF6q

3 1 1 0 OA 鎌倉旧蹟地誌

川の両側にまたがる平野の意なのか。この地の領主のうち、俣野五郎景久というものが源平合戦で平家方について戦ったことが知られている。 https://t.co/cJGwd7mY87 https://t.co/Fda4gaASl4 俣野観音堂や遊行寺境内石碑以外にも、明治時代には俟野五郎景久宅蹟の記録がある https://t.co/Vp2RWPi6CA。
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo https://t.co/8qQSEuvzXg
RT @oikawamaru: 共著論文が出ました!「平川ほか(2020)環境DNAメタバーコーディングを用いた河川における魚類調査手法の検討と水質による影響の解析.環境化学,30:125-132. https://t.co/4kksuHuXJD 」
@yakaf IUPACでは2005年にnoblegasのみ、日本化学会も2015年に勧告を出し、現行の高校の教科書は全て「貴ガス」(希ガス併記も可能)となっています。 https://t.co/cmmVlUkBiA https://t.co/culixaJpOY
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @LimgTW: マジっぽい https://t.co/LEUiigv64j https://t.co/I55gtpA4ig
RT @LimgTW: マジっぽい https://t.co/LEUiigv64j https://t.co/I55gtpA4ig
RT @uyum: 中島敦の「文字禍」に出てくるアッシリア関連の記述が何の本を典拠に書かれているのかを調べた論文。おもしろい。 https://t.co/lYqCOc6q35
なるほどゲーム木の並列化方法にYBWCというのがある(´・ω・`) https://t.co/jdAf4TAiln
RT @atmarker1: CiNii 論文 -  我が国のプロサッカークラブの経営に関する事例的研究(2)J2「徳島ヴォルティス」を中心に https://t.co/kU1O1sI23Y #CiNii
RT @nekonoizumi: 「トランプをめぐるアメリカ保守主義の現在 : 旗幟を鮮明にする西海岸シュトラウス学派」 https://t.co/tctD90ghH4 「アンドルー・カーネギーとアングロ・アメリカン統合の構想」 https://t.co/ClqMMXCd1o…
RT @nekonoizumi: 「トランプをめぐるアメリカ保守主義の現在 : 旗幟を鮮明にする西海岸シュトラウス学派」 https://t.co/tctD90ghH4 「アンドルー・カーネギーとアングロ・アメリカン統合の構想」 https://t.co/ClqMMXCd1o…
RT @ktgis: 歌川広重「東海道五十三次」と同じアングルで、大正時代に写真を撮った、大正7年『東海道 : 広重画五拾三次現状写真対照』から平塚宿。ストリートビューを追加。山は高麗山。 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/Yy7TIQ8PCC http…
RT @ISHIZUKA_R: ヴィクセルの累積過程について。自然利子率、市場利子率などについて基本を知りたいひとは読むと良いかもしれれない。 https://t.co/2R0kitSuGa https://t.co/jGL24N9M3B
RT @ISHIZUKA_R: ヴィクセルの累積過程について。自然利子率、市場利子率などについて基本を知りたいひとは読むと良いかもしれれない。 https://t.co/2R0kitSuGa https://t.co/jGL24N9M3B
素人が目視だけで発芽玄米浸漬水から植物性乳酸菌を得るのはリスキーじゃ無いかなぁ。・CiNii 論文 - 発芽玄米浸漬水中から分離された乳酸菌を用いた豆乳ヨーグルトの作成 https://t.co/mK5baxySWB
RT @ISHIZUKA_R: ヴィクセルの累積過程について。自然利子率、市場利子率などについて基本を知りたいひとは読むと良いかもしれれない。 https://t.co/2R0kitSuGa https://t.co/jGL24N9M3B
RT @ISHIZUKA_R: ヴィクセルの累積過程について。自然利子率、市場利子率などについて基本を知りたいひとは読むと良いかもしれれない。 https://t.co/2R0kitSuGa https://t.co/jGL24N9M3B

13 13 13 0 OA MUSE 方式

RT @kzmakino: アナログハイビジョンのMUSE方式の解説記事。信号処理や空間と時間軸で見るようなことをしている人にはおすすめ。図3,4,5とかもう最高。 https://t.co/1xau2ylxtq
RT @tacmasi: 柴田 徹平, 東京都内建設産業における生活保護基準以下賃金の一人親方の量的把握, 社会政策, 2014, 6 巻, 3 号, p. 134-145 https://t.co/iy1YMLawgL

1 1 1 0 OA 算術熟達法

#超算数 【極端なる】の上に線を引く書き込みも。暗記数学への苦言と苦言への反発は100年以上前からあることだ。ところでこの本自体、後半でかなり細々した公式を掲載しているhttps://t.co/XSSnMuvtjc。比の値を使った公式、歩合の公式など、余計に感じられるのは現代人の視点だけでもなさそうだが。

1 1 1 0 OA 算術熟達法

#超算数 ドイツ語方面の紹介を一休み的な。 東京数学研究会編『算術熟達法』東京、富田文陽堂、1916年。https://t.co/HXpQPhlmVI 8ページに「理学士根津氏の意見」がある(千治か)。【公式を非常に尊重して極端なる暗記は其人の推理力を弱めるものである。】という主張。【ソンナ筈ハナイ】と書き込み。
RT @ToshijiKawagoe: 行動経済学を始め経済実験での実験手法について、従来研究で採用している手法を根本から再検討したのが以下の論文です。社会心理学の亀田達也先生との対談の成果も反映されています。ご参考に。 「実験経済学方法論に関する最近の研究動向~報酬支払法を…
RT @drinami: 動物にヘリウムと言えば、伊福部先生らが1982年に発表した、九官鳥はヘリウム中でも声変わりしないという研究はサプライズがあって好き https://t.co/iw2WPdSUu9 https://t.co/VHbVxDVFM0 > RT
動物にヘリウムと言えば、伊福部先生らが1982年に発表した、九官鳥はヘリウム中でも声変わりしないという研究はサプライズがあって好き https://t.co/iw2WPdSUu9 https://t.co/VHbVxDVFM0 > RT
と思ってなんとなくググったら僕の最初のボスの総説出てきた https://t.co/2IDkpsJRNM
RT @shoyugi: @sekibunnteisuu @madfish19 ノートテイクは割と論文も書かれていまして
RT @fukanju: @ShinyaMatsuura https://t.co/IoRwMssWQI ふむ。こちらのPDFの発表では「表面色」として認識する場合と「開口色、空間色」として認識する場合の違いは輝度勾配等によって決定されると。。 この辺上手く利用すると、透過光で…
RT @ichirikadomatsu: cf. 表示媒体の違いが誤りを探す読みに与える影響 https://t.co/JNyxhyBYoY https://t.co/UzUbY4zcOc
ちなみに > 過去20年間のノーベル物理学賞受賞者のh-indexを 算出したところレンジは22〜79となり,平均値は 41,メジアンは35であった(5 研究活動に対する客観的かつ定量的な評価指標 https://t.co/LMFzdnbETp
RT @MizukiNakagoshi: 社会心理学の差別やステレオタイプ研究に関心のある学部生には、まずこの論文を読んで欲しいです。 差別・偏見研究の変遷と新たな展開 —悲観論から楽観論へ— https://t.co/MsXqn67KOE
RT @MizukiNakagoshi: 社会心理学の差別やステレオタイプ研究に関心のある学部生には、まずこの論文を読んで欲しいです。 差別・偏見研究の変遷と新たな展開 —悲観論から楽観論へ— https://t.co/MsXqn67KOE
RT @livresque2: 大學リポジトリに遺稿收藏https://t.co/EQgn1DoVix/https://t.co/JRbr6syJGD。「板倉達文氏が名大在職時と退職後にまとめた、下記の2冊の翻訳」「出版する予定でしたが、道半ばで病に倒れ」「多くの人に見てもらい…
RT @livresque2: 大學リポジトリに遺稿收藏https://t.co/EQgn1DoVix/https://t.co/JRbr6syJGD。「板倉達文氏が名大在職時と退職後にまとめた、下記の2冊の翻訳」「出版する予定でしたが、道半ばで病に倒れ」「多くの人に見てもらい…

フォロワー(12894ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

https://t.co/VAJzowSXYq 首相相手だったが明確にありますわな。 モデルではあるが、 >下院議員が首相に対し直接質問を行うことが >できる機会でもあるということには留意が必要である。 とあるのだから、かなり違うよねぇ。 https://t.co/8uGg633Syr
まさにここで言われている講義の対象学生だったのね。 等価変換型プログラミング言語ETの導入による学習の構想 https://t.co/rI9YHf2Ru5
RT @takusansu: #超算数 「タイトル負けしている文献」という題名で掲示板に書き込みました。 https://t.co/1P4sdcTVgJ 以下の文献を見た雑感です。 算数作問の認知過程とその教育的効果に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-197…
学部の時習った言語はこれだ。見つけた。 CiNii 論文 -  等価変換プログラミング言語ETC https://t.co/4buMZZZVMS
『西洋拳闘術 防撃自在』 https://t.co/aTY1B4EH0a
「Gilbert+Mulkay+談話分析」の検索結果。/佐藤哲彦(2017)「逸脱研究の論点とその探求可能性:ディスコース分析をめぐって」社会学評論 68(1), 87-101, 2017, 日本社会学会. / “CiNii 論文 -  逸脱研究の論点とその探求可能性:ディスコース分析をめぐって” https://t.co/mKdCaJbqR7 #社会学 …
RT @speedmod: bonanza=〔思いがけない〕ぼろもうけ、大当たり、幸運、掘り出し物、たなぼた https://t.co/38WVpeSIBD https://t.co/mDXIUIdxzm
RT @tokino_kakera: 動物の伝達性海綿状脳症の分子病態 Molecular pathogenesis of transmissible spongiform encephalopathy https://t.co/37SmeYtM0Q
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo https://t.co/8qQSEuvzXg
RT @paramilipic: 米国から見た日本の多国籍軍事作戦支援 尾関航也 https://t.co/vgdA4ut7RB >日本の物資提供や送金が実行されたのは 1990 年 9 月以降であり、「日本人の尽力がなかったら、砂漠の盾は 8 月には破産していたに違いない」と…
RT @sivad: (甲状腺がん)BRAF遺伝子異常は臨床上も悪性度と相関があるとする報告があり,特に甲状腺外浸潤,リンパ節転移,進行度,再発率との関連が報告されている  #甲状腺がん https://t.co/kxgPRTUETV
RT @paramilipic: 湾岸戦争に対する日本の支援―多国籍軍に対する民生支援を中心に―加藤 博章 https://t.co/WwXSOi9nZs >日本政府が船便を手配したのは米国政府の要請から1 ヶ月半も過ぎてからであり、その上、船便には武器弾薬を積むことが出来なか…
RT @paramilipic: 米国から見た日本の多国籍軍事作戦支援 尾関航也 https://t.co/vgdA4ut7RB >日本の物資提供や送金が実行されたのは 1990 年 9 月以降であり、「日本人の尽力がなかったら、砂漠の盾は 8 月には破産していたに違いない」と…
RT @hayakawa2600: 安田喜憲(国際日本文化研究センター名誉教授)論文「<研究展望>日本文化風土論の地平」(1990年)で、和辻哲郎『風土』で分類した各種「風土」類型が、現実の地理的な諸特徴であるかのように読み込まれていてびつくりした。環境的決定論をめぐる論争のと…
RT @hayakawa2600: 安田喜憲(国際日本文化研究センター名誉教授)論文「<研究展望>日本文化風土論の地平」(1990年)で、和辻哲郎『風土』で分類した各種「風土」類型が、現実の地理的な諸特徴であるかのように読み込まれていてびつくりした。環境的決定論をめぐる論争のと…
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo
RT @ninetailsfox63: 東京商工奬勵館工事概要 https://t.co/6ncSG7mjbk 秋田商会ビルと同じ時期の建物だけど、これにも屋上庭園が設置されてる。ので、日本の初期の屋上庭園で現存しているというのは正しいが、日本で初めての屋上庭園かというと実証は…
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo
RT @paramilipic: 湾岸戦争に対する日本の支援―多国籍軍に対する民生支援を中心に―加藤 博章 https://t.co/WwXSOi9nZs >日本政府が船便を手配したのは米国政府の要請から1 ヶ月半も過ぎてからであり、その上、船便には武器弾薬を積むことが出来なか…
RT @paramilipic: 米国から見た日本の多国籍軍事作戦支援 尾関航也 https://t.co/vgdA4ut7RB >日本の物資提供や送金が実行されたのは 1990 年 9 月以降であり、「日本人の尽力がなかったら、砂漠の盾は 8 月には破産していたに違いない」と…
RT @C11katao: これは多分十一年式軽機関銃三脚架甲 そしてめったに写真や現物が出てこない(というかまだ見たことがない)十一年式軽機関銃の高射照準具 出典 『歩兵騎兵軽機関銃教育(各個教練・構造機能・故障排除)の詳解』 https://t.co/gBaPPR473…
RT @atsukotamada: @kurikuri321 ラジオ体操など戦前に生まれて普及した号令付の体操が「農民の軍人化」を目指したことは短く簡単に読めるものとしては、例えばこちらの報告書があります。かんぽ生命も含め、ラジオ体操を普及させた側は、国家の全体主義化と切り離し…

1 1 1 0 OA 新主義数学

#超算数 NDL電書に入っているのを忘れていた。 ベーレンドゼン、デー、エー・ゲッチング編『新主義数学』上下巻 森外三郎訳 東京、国定教科書共同販売所、1915,6年。 https://t.co/luyppRMhoP https://t.co/ifbF8GHF6q

1 1 1 0 OA 新主義数学

#超算数 NDL電書に入っているのを忘れていた。 ベーレンドゼン、デー、エー・ゲッチング編『新主義数学』上下巻 森外三郎訳 東京、国定教科書共同販売所、1915,6年。 https://t.co/luyppRMhoP https://t.co/ifbF8GHF6q
RT @kanmitokoro: バイオエタノールが話題に上がらないのは食糧生産と競合しちゃうから張り切って消費量増やすと穀物価格が高騰してえらいことになりかねないから仕方ないのよね。 https://t.co/J3DBrznf7H
CiNii 論文 -  新交通システム需要予測の事後評価:-ピーチライナーを例として- https://t.co/xCdPz76m6w
CiNii 論文 -  新交通システム桃花台線廃止に伴う沿線住民のアクセシビリティと交通行動変化の分析 : 鉄軌道線廃止に対応した公共交通計画への示唆 https://t.co/0MK9V6r9cu

3 1 1 0 OA 鎌倉旧蹟地誌

川の両側にまたがる平野の意なのか。この地の領主のうち、俣野五郎景久というものが源平合戦で平家方について戦ったことが知られている。 https://t.co/cJGwd7mY87 https://t.co/Fda4gaASl4 俣野観音堂や遊行寺境内石碑以外にも、明治時代には俟野五郎景久宅蹟の記録がある https://t.co/Vp2RWPi6CA。
RT @paramilipic: 湾岸戦争に対する日本の支援―多国籍軍に対する民生支援を中心に―加藤 博章 https://t.co/WwXSOi9nZs >日本政府が船便を手配したのは米国政府の要請から1 ヶ月半も過ぎてからであり、その上、船便には武器弾薬を積むことが出来なか…
RT @paramilipic: 米国から見た日本の多国籍軍事作戦支援 尾関航也 https://t.co/vgdA4ut7RB >日本の物資提供や送金が実行されたのは 1990 年 9 月以降であり、「日本人の尽力がなかったら、砂漠の盾は 8 月には破産していたに違いない」と…
近畿大学は治安が悪い > 『ビニール傘を盗難から守る仕掛け』 https://t.co/eVspkUeezp
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo https://t.co/8qQSEuvzXg
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo
RT @ballforest: オープンアクセスになってました https://t.co/21QRfA1EBo https://t.co/8qQSEuvzXg
私もこの傷跡効果の論文めちゃ好き。 「キャリアの中断が生み出す格差:正規雇用獲得への持続的影響に着目して」 https://t.co/NOPLyiJpOq https://t.co/v3O6l08mA0
RT @oikawamaru: 共著論文が出ました!「平川ほか(2020)環境DNAメタバーコーディングを用いた河川における魚類調査手法の検討と水質による影響の解析.環境化学,30:125-132. https://t.co/4kksuHuXJD 」
@yakaf IUPACでは2005年にnoblegasのみ、日本化学会も2015年に勧告を出し、現行の高校の教科書は全て「貴ガス」(希ガス併記も可能)となっています。 https://t.co/cmmVlUkBiA https://t.co/culixaJpOY
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @kana_ides: 米「湾岸戦争するぞ」 日「資金支援します。物流・補給支援します。でも野党がうるさいからアピールしません」 米「助けるけどまだカネが足らん、そうだ日独は軍隊だせないから批判して、支援金額を吊り上げよう」 日米マスコミ「日本は貢献していない!」 日「え…
RT @LibreOffice_Ja: 拓殖大学の渡邉先生が「台湾のODF形式普及の現状を先駆的事例とする試論」という台湾のODF利用について論文をまとめられております。これを読むと政府、教育機関でODF利用が進んでいることがわかります。こちらもご覧ください https://t…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 判例研究 危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認(照沼 亮介),2015 … https://t.co/fTh…
RT @kana_ides: 米「湾岸戦争するぞ」 日「資金支援します。物流・補給支援します。でも野党がうるさいからアピールしません」 米「助けるけどまだカネが足らん、そうだ日独は軍隊だせないから批判して、支援金額を吊り上げよう」 日米マスコミ「日本は貢献していない!」 日「え…
RT @paramilipic: 米国から見た日本の多国籍軍事作戦支援 尾関航也 https://t.co/vgdA4ut7RB >日本の物資提供や送金が実行されたのは 1990 年 9 月以降であり、「日本人の尽力がなかったら、砂漠の盾は 8 月には破産していたに違いない」と…
RT @paramilipic: 湾岸戦争に対する日本の支援―多国籍軍に対する民生支援を中心に―加藤 博章 https://t.co/WwXSOi9nZs >日本政府が船便を手配したのは米国政府の要請から1 ヶ月半も過ぎてからであり、その上、船便には武器弾薬を積むことが出来なか…
RT @paramilipic: 米国から見た日本の多国籍軍事作戦支援 尾関航也 https://t.co/vgdA4ut7RB >日本の物資提供や送金が実行されたのは 1990 年 9 月以降であり、「日本人の尽力がなかったら、砂漠の盾は 8 月には破産していたに違いない」と…
RT @eDNA_startup: 環境 DNA メタバーコーディングを用いた河川における魚類調査手法の検討と水質による影響の解析 #環境DNA https://t.co/l6ANKzLEC9 タグが変になってたのでこちらでこちら修正版です。
RT @studyweb5: 判例における自招防衛の判断枠組みについて 瀧本京太朗 https://t.co/GL46PWWv8W
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? いわゆる「自画撮り」行為の刑事規制に関する序論的考察 (2・完) : 児童ポルノの自画撮りを題材として(瀧本 京太朗),2018 https://t.co/hIXKfCmIxY
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? いわゆる「自画撮り」行為の刑事規制に関する序論的考察 (1) : 児童ポルノの自画撮りを題材として(瀧本 京太朗),2017 https://t.co/nCUsU7FVJW
"サトイモ地上部(茎葉)およびその連作土壌を水ならびにメタノールで抽出し, その抽出液について生理活性を検討した結果, これらの抽出液はダイコンならびにカブの初期生育を著しく抑制することが認められた" https://t.co/761vfqBzO2
RT @terada50397416: いつの間にか人気になってて驚き。 この『桃太郎後日噺』は国立国会図書館デジタルアーカイブで読めます。 https://t.co/0UwgVtkJ4m 何が書いてあるか読めない人は、こちらの翻刻されたものを読みましょう。 https://…

42 41 41 6 OA 万物滑稽合戦記

RT @terada50397416: いつの間にか人気になってて驚き。 この『桃太郎後日噺』は国立国会図書館デジタルアーカイブで読めます。 https://t.co/0UwgVtkJ4m 何が書いてあるか読めない人は、こちらの翻刻されたものを読みましょう。 https://…
この文献の中でSetharesの音階の作りかたが日本語で読めた。ぱっと見では理解できなかったので後でじっくり... https://t.co/VVdI5i27Oj
@ignis_fatuus おおよそそれと同じですね(たぶん)。ただ、単波長ではなく可視光全域で使う必要がありますので、使いづらさを積層で解決したそうです https://t.co/iJx4jNtsDs
積層型回折光学素子の研究 と光学系への適用方法 https://t.co/iJx4jNtsDs ちょうどキヤノンのDOレンズについての解説が出ていました。PDFを無料で閲覧できます。
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @washou3956: この点、大谷由香「日本仏教における戒律の特異性」(『日本仏教学会年報』84、2019年8月)は示唆に富んでいて、破戒を日本仏教の「堕落」「敗北」の証と即断せず、経典を読み込んだうえで至った日本仏教の特質、当時の僧侶が苦心して得た成果とみるべきこと…
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @terada50397416: いつの間にか人気になってて驚き。 この『桃太郎後日噺』は国立国会図書館デジタルアーカイブで読めます。 https://t.co/0UwgVtkJ4m 何が書いてあるか読めない人は、こちらの翻刻されたものを読みましょう。 https://…

42 41 41 6 OA 万物滑稽合戦記

RT @terada50397416: いつの間にか人気になってて驚き。 この『桃太郎後日噺』は国立国会図書館デジタルアーカイブで読めます。 https://t.co/0UwgVtkJ4m 何が書いてあるか読めない人は、こちらの翻刻されたものを読みましょう。 https://…
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @konamih: よく話題になる魚油のDHAは微細藻類などに由来するという話。魚の体内で生合成されるものだと思っていたのでびっくり。 「微細藻類脂質とその応用」 https://t.co/zuPBcYGzml
RT @washou3956: この点、大谷由香「日本仏教における戒律の特異性」(『日本仏教学会年報』84、2019年8月)は示唆に富んでいて、破戒を日本仏教の「堕落」「敗北」の証と即断せず、経典を読み込んだうえで至った日本仏教の特質、当時の僧侶が苦心して得た成果とみるべきこと…

14 1 1 0 OA τ函数の理論

RT @kyow_V: τ函数の理論-モノドロミー不変変形と場の量子論/三輪哲二/神保道夫/ https://t.co/bkXG8tvx7R
RT @kyow_V: 2次元格子模型とモジュラー不変性/三輪哲二/ https://t.co/5bjuVpQclR
RT @kyow_V: 2次元の可解な格子模型とモジュラー函数/尾角正人/神保道夫/三輪哲二/ https://t.co/pW8kK8qK0p
RT @heero108: それとA・マーラウン率いる「青年ドイツ騎士団[Jungdeutscher Orden]」がヴァイマル末期に組織化した、Volksnationale Reichsvereinigung (VNR) も訳語に困るところ。「人民国民的」に直訳しても意味が通…
RT @maseguchi: 続橋孝行 (1983)『民主政治と財政政策』成城大學經濟研究 https://t.co/jvpni4VQNr ケインズ理論に基づくラーナーの機能的財政論から、ブキャナン=ワグナーによる批判など、財政論の変遷が分かりやすくまとめられており、最近のネ…
桃太郎 後日噺 https://t.co/vPL7GA5X73
じゃあどうなっているの?というとタンニン鉄による皮膜を作っているのだろう。昔からある手法のご様子。 「タンニンによる防サビについて」(三原, 1964) https://t.co/l0IRxbnZQn

16 16 16 0 OA 足利時代の唯識宗

RT @moroshigeki: 大河ドラマで、興福寺・覚慶=足利義昭が大きくとりあげられているので、仏教(教理)史で取り上げられたことはあるかな?とちょっと調べてみたら、富貴原章信「足利時代の唯識宗」(1969)に短い記述があった。>大谷大学学術情報リポジトリ https:/…
RT @LimgTW: マジっぽい https://t.co/LEUiigv64j https://t.co/I55gtpA4ig
RT @LimgTW: マジっぽい https://t.co/LEUiigv64j https://t.co/I55gtpA4ig
RT @PokersonT: @nappasan @linglanglong 尾崎行雄辺りになると「議会の解散(ぎくゎいのかいさん)」とはっきり使い分けているのが聞き取れますね… 演説:普通選挙について(一) - 歴史的音源 https://t.co/ta33QybVj8
RT @sumomodane: 関連情報ですが、告白の成否の要因を研究した論文があるみたいです。告白の内容は"好意の伝達"だけでは失敗が多く、"交際申し込み"を入れたケースで成功が多いです。 小島、大田、高本「恋愛における告白の成功・失敗の規定因」 (広島大学心理学研究 (6…
RT @demauyo_tadaimo: 安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/z2q92eLqRq h…
RT @ahmadzakijp: 「素质」はよく使われるし、中国社会の教育観・人間観の根本を成す概念だと思いますが、物凄く儒教的な概念だと思います。学問によって修養することで、人間はつくられる、という考え方ですね。修養の今日的な中身、古典時代とは違いますが。 https://t…
RT @felisnigra: ニポンの「残余型福祉」のせゐで、「母親」がワリを喰ってゐるてふ1994年の要田センセの論文。https://t.co/kbalMQsnrS  #ちなみに要田センセは嫁氏の師匠であり雪之ダンこと山ちゃんの師匠でもある

11 4 4 0 OA 官報

RT @neko_table_1588: 国家総動員法の制定後、議会の承認なしに国民徴用令などの勅令が出されました。 緊急事態条項でも「国会での法律の制定を待ついとまがないとき内閣が政令を定めることができる」とされています 国民徴用令 https://t.co/D4Q7MNp4…
RT @uyum: 中島敦の「文字禍」に出てくるアッシリア関連の記述が何の本を典拠に書かれているのかを調べた論文。おもしろい。 https://t.co/lYqCOc6q35
RT @jnishihiro: そのとおりで、「笠原安夫(1951)本邦水田雑草の地理的分布について」のリストで、ミズアオイは「全国的害草」になってますね。 https://t.co/XDk4UN1N5S
RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.…
RT @baritsu: 船の面舵、取舵の語源には諸説あって、検索だと方位の卯と酉からというのが出てきてしまうが、波多野承五郎の、左舷の方を向いて立ち、顔の方向に押すと右に行くから面舵という説は初めて見たようなhttps://t.co/YsteAisf5s https://t.…
早期公開中(心理学研究) J-STAGE Articles - 日本におけるBig Fiveパーソナリティ特性とBMIの関連 https://t.co/SWEfV6vbNg
日本放射線安全管理学会誌 第16巻2号の ペルチェ冷却式高性能霧箱製作のための要素技術 (秋吉優史・大阪府立大学放射線研究センター 准教授) がかなりすごく、ペルチェ2枚をCPUクーラーに銀グリス塗ってATX電源でドライブすると-50℃まで冷やせるという自作PC感が溢れる逸品 https://t.co/P87otMCZow https://t.co/8bgfTRWxY3
RT @atmarker1: CiNii 論文 -  我が国のプロサッカークラブの経営に関する事例的研究(2)J2「徳島ヴォルティス」を中心に https://t.co/kU1O1sI23Y #CiNii
RT @ent_univ_: 耳鼻科医として知っていてほしい リモートワークでのイヤホンの長時間使用→外耳炎は結構見かけます スピーカー、首掛け型スピーカー、せめてヘッドホンを使う、さまざまな選択がありますので、長時間使う方はご注意を ひどい場合は真菌症といってカビによる…
RT @nekonoizumi: 「トランプをめぐるアメリカ保守主義の現在 : 旗幟を鮮明にする西海岸シュトラウス学派」 https://t.co/tctD90ghH4 「アンドルー・カーネギーとアングロ・アメリカン統合の構想」 https://t.co/ClqMMXCd1o…
RT @nekonoizumi: 「トランプをめぐるアメリカ保守主義の現在 : 旗幟を鮮明にする西海岸シュトラウス学派」 https://t.co/tctD90ghH4 「アンドルー・カーネギーとアングロ・アメリカン統合の構想」 https://t.co/ClqMMXCd1o…