著者
フォード・丹羽 順子 小林 典子 木戸 光子 松本 哲洋
出版者
筑波大学留学生センター
雑誌
筑波大学留学生センタ-日本語教育論集 (ISSN:13481363)
巻号頁・発行日
no.15, pp.1-12, 2000

既存の中上級者向け日本語教材の多くは、読解を中心にした総合教科書や、4技能の養成を主眼とした教材である。これらの教材は、文法シラバスに基づいたものではないために、文法に関しては、偶然その中に出てきた表現(および関連表現)を取り上げるというやり方になっている。日本語を母語としない学習者には、このような教材だけではなく、基本的構造に関わる文法を体系的に教える文法の教科書も必要だと考える。本稿は、なぜその文法形式を使って頭の中にある概念を言語化するのかという「構文動機」を、日本語教育のための文法記述の中に示すことを提案する。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 3 favorites)

[日本語教育関連の論文・資料 325] ◇ 「構文動機」を記述した日本語教育のための文法--母語話者はなぜその文法形式を使うのか https://t.co/dU27z1vdf6 #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
[日本語教育関連の論文・資料 325] ◇ 「構文動機」を記述した日本語教育のための文法--母語話者はなぜその文法形式を使うのか https://t.co/dU27z1vdf6

収集済み URL リスト