著者
Blumer Harbert George 桑原 司 山口 健一
出版者
鹿児島大学
雑誌
経済学論集 (ISSN:03890104)
巻号頁・発行日
no.66, pp.41-55, 2006-11
被引用文献数
1

言及状況

Twitter (3 users, 10 posts, 5 favorites)

2006年  Blumer, H. G., 1971=2006[山口健一(訳)・桑原司(解説)]「集合行動としての社会問題」『経済学論集』66: 41-55 https://t.co/Z20NQ7BToI.  >「Mylife」
これ。 集合行動としての社会問題 https://t.co/nHTtyNSQEu https://t.co/AkJGdq0rVs
CiNii Articles -  H.G. Blumer, Social problems as collective behavior https://t.co/Z20NQ7BToI #CiNii
Tamotsu Shibutani 1955, Reference Groups as Perspectives   https://t.co/wvggEUC9Ar = https://t.co/KzYYsoo56l Herbe… https://t.co/XylzfrSyk3
@TK65802767 ↓ [示唆] 研究関連 「K1」 SIに対する批判と反論  vs主観主義:https://t.co/L5FQ8T7Vks  vsミクロ主義:http://t.co/gyyfo8eas9  ミクロ-マクロリンク:http://t.co/zHxF7mZlwY
CiNii Articles -  H.G. Blumer, Social problems as collective behavior http://t.co/PfOY37bOyS #CiNii
CiNii 論文 -  集合行動としての社会問題 http://t.co/PfOY37bOyS #CiNii
「構築主義」は確かに存在する。その源流はバーガーらの『現実の社会的構成』だ。とはいえ、「社会問題の構築主義」というのは日本人による命名である。スペクターらは「構築主義」という言葉を使ってはいない。そしてその源流にブルーマーが存在する(http://t.co/r7fPDOz0JN)

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト