著者
浦野 茂
出版者
三田社会学会
雑誌
三田社会学 (ISSN:13491458)
巻号頁・発行日
no.13, pp.47-59, 2008

特集: 構築主義批判・以後1. 中傷効果2. 自明性の相対化・社会構築主義3. 語りという言語活動4. 人工物としての語りえないもの5. 社会学の課題としての概念の分析

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

進化心理学も其れが時々反対を表明する構築主義の社会学も「中傷効果」について考えた方が良いのであるよ >社会学の課題としての概念の分析--「構築主義批判・以後」によせて (特集 構築主義批判・以後) https://t.co/4xyvOk42Ym #CiNii
プリンタのインク買い置きしてたはずなんだが。論文印刷しようと思った時に限って、こーいうことになるんだよなー。浦野茂「社会学の課題としての概念の分析 : 「構築主義批判・以後」によせて」三田社会学 (13) 47-59 2008年http://t.co/myWic0z8tm

収集済み URL リスト