著者
田上 善夫
出版者
富山大学人間発達科学部
雑誌
富山大学人間発達科学部紀要 (ISSN:1881316X)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.169-194, 2010

本論では,風の祭祀にかんして,まず現在の実態を明らかにする。とくに風の祭祀の分布密度の高い,信越地方とその周辺を例として,特色のある民間行事をとりあげる。こうした風の祭祀について,とくに以下の3点から分析を加える。まず共通点の多い,信州とくに諏訪周辺の風の祭祀からの分析である。次に記紀に始まる古文献にみられる風の祭祀からの分析である。さらに風の三郎とかかわりの深い,全国に進出した諏訪信仰からの分析である。最後にこれらの分析に基づいて,風の祭祀にみられる風の観念について,検討を試みる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 7 posts, 2 favorites)

風の祭祀の由来と変容 https://t.co/4KpzB3J6aa
風の祭祀の由来と変容 https://t.co/4KpzB3J6aa
風の祭祀の由来と変容 https://t.co/4KpzB3J6aa
風の祭祀の由来と変容 https://t.co/4KpzB3J6aa
風の祭祀の由来と変容 https://t.co/4KpzB3J6aa
風の祭祀の由来と変容 https://t.co/4KpzB3J6aa
CiNii 論文 - 風の祭祀の由来と変容〜PDFあり これは多分が大まかな理解にはとても良い内容と思われる。 http://t.co/YhxSCzN8Sc #CiNii

収集済み URL リスト