著者
太田 伸広
出版者
三重大学人文学部文化学科
雑誌
人文論叢 (ISSN:02897253)
巻号頁・発行日
no.29, pp.39-65, 2012

人間の動物への変身は『日本の昔ばなし』では神罰や罰、感情の昇華としての変身であり、人間に戻らないが、グリム童話では魔法や呪いなど異界がらみの変身であり、基本的に人間に戻る。前者は神罰などがあるにもかかわらず宗教的でないが、後者は神様が登場しないのに宗教的である。動物の人間への変身は『日本の昔ばなし』ではありふれており、本当の動物が本当の人間になり、また動物に変身したりするが、グリム童話では本当の動物が人間に変身する話は1話しかない。『日本の昔ばなし』は動物を人間として迎え入れ、子供ももうけるが、グリム童話にはそんな話は1話もない。前者は動物と人間を隔てる壁は低く、動物へのまなざしは暖かく優しいが、後者は動物への視線は蔑みである。前者は輪廻転生、後者はキリスト教の思想(動物を支配すべく人間を神が創造)の影響があろう。また『日本の昔ばなし』には人間や動物さえ神さまになる話もあるが、グリム童話にはない。ここにも一切衆生悉有仏性という仏教思想と神を頂点とする世界秩序を宗教原理とするキリスト教の違いも反映されているであろう。

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 1 favorites)

グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較:変身について https://t.co/F2ArFAx010 #文学
グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較:変身について https://t.co/F2ArFAx010 #文学
グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較:変身について https://t.co/F2ArFAx010 #文学
グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較:変身について https://t.co/F2ArFAx010 #文学
グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較:変身について https://t.co/F2ArFAx010
CiNii 論文 -  グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較 : 変身について http://t.co/LWLjnITiIl #CiNii もめもめ

収集済み URL リスト