著者
中村 修也
出版者
文教大学
雑誌
教育研究所紀要 (ISSN:09189122)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.43-54, 1997-12

SPEEDという小学6年生を含む歌手グループの出現は、これまでの安穏としていた義務教育の存在を考え直させる機会を与えてくれた。援助交際や芸能活動などで、若者が高額収入を得る方法は一般化しつつある。教育が富国強兵をスローガンにしてきたならば、日本は十分豊かになり、目的を果たしたことになる。では今後、教育の必然性はどこにあるのか。

言及状況

Twitter (4 users, 7 posts, 0 favorites)

SPEEDにみる義務教育の崩壊 https://t.co/1uSfbwGgku
SPEEDにみる義務教育の崩壊 https://t.co/1uSfbwGgku
SPEEDにみる義務教育の崩壊 https://t.co/1uSfbwGgku
SPEEDにみる義務教育の崩壊 https://t.co/1uSfbwGgku
CiNii 論文 - SPEEDにみる義務教育の崩壊〜PDFあり キャッチーな論題だけど,なぜ学校に行かないといけないのかの問いかけは考えさせられる.しかし,将来就きたい仕事が無い人にとって学校は必要と思ったり. https://t.co/YxrxYfjcBD #CiNii
CiNii 論文 -  SPEEDにみる義務教育の崩壊 http://t.co/wwIelUFwsS #CiNii このおいちゃんこういうのも書いてんのな

収集済み URL リスト