著者
須藤 遙子
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 (ISSN:09150900)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.393-409, 2009-11

二〇〇五年は自衛隊の協力を前面に打ち出した映画が、大規模な宣伝を伴って続々公開され始めた年である。これらの作品群は「愛国」や「自己犠牲」といった共通のメッセージや政治性を帯びており、この傾向は現在でも続いている。本稿では、自衛隊が製作に協力する一般劇映画(以下、自衛隊協力映画)を一つの映画ジャンルとして捉え、その内容と製作のあり方を検証する。防衛省の通達により、自衛隊協力映画は自衛隊員のみならず、戦車・戦闘機・戦艦までもが無償で提供されるため、製作側からのオファーが続いている。『亡国のイージス』『戦国自衛隊一五四九』『男たちの大和/YAMATO』『ローレライ』『ミッドナイトイーグル』『日本沈没』などの具体的内容を検証していく。次に、二〇〇八年秋に大きな政治問題となった、前航空幕僚長の田母神敏夫による論文が主張する内容と自衛隊協力映画との共通性をとりあげる。田母神は「国防という重大な使命」を達するために構築すべき、防衛力の基盤としての「愛国心」を問題としている。一九六一年に制定された「自衛官の心がまえ」の内容とほぼ一致する田母神論文は、「ことに臨んでは、身をもって職責を完遂する」ような「健全な国民精神」の構築を訴えているのだ。田母神論文には厳しい批判をしたマスコミ各社だが、自衛隊協力映画の製作委員会に入っていることで、自社媒体の主張とは異なるプロパガンダを積極的に流している。一般全国紙及び系列の民放キー局は全て、何かしらの自衛隊協力映画に出資している。現代においてはマスコミ各社も映画産業の一部となり、政治・経済・文化とマス・メディアのポジショニングはさらに複雑化している。それが最も顕著に表れているのが、「自衛隊協力映画」というジャンルといえる。「自衛隊協力映画」という新しいジャンルを主張することで、映画というポピュラー文化に浸透する政治性を明らかにするのが目的である。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

"田母神論文には厳しい批判をしたマスコミ各社だが、自衛隊協力映画の製作委員会に入っていることで、自社媒体の主張とは異なるプロパガンダを積極的に流している。" →2009年の論文。興味深し。

Twitter (27 users, 36 posts, 42 favorites)

CiNii 論文 -  「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係 https://t.co/2OILY66Ksy
「自衛隊協力映画」というジャンル〜田母神論文には厳しい批判をしたマスコミ各社だが、自衛隊協力映画の製作委員会に入っていることで、自社媒体の主張とは異なるプロパガンダを積極的に流している。一般全国紙及び系列の民放キー局は全て、何かし… https://t.co/YgyjXoS5mf
こんな論文どうですか? 「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係(須藤 遙子),2009 https://t.co/O1vCWr7NG1
こんな論文どうですか? 「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係(須藤 遙子),2009 https://t.co/O1vCWr7NG1
こんな論文どうですか? 「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係(須藤 遙子),2009 https://t.co/O1vCWr7NG1
こんな論文どうですか? 「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係(須藤 遙子),2009 https://t.co/bD06YKyA8b
こんな論文どうですか? 「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係(須藤 遙子),2009 https://t.co/bD06YKyA8b
1 1 https://t.co/1nMYpROH1t
1 1 https://t.co/u7iFtez6hf
こんな論文どうですか? 「自衛隊協力映画」というジャンル--田母神論文との共通性とマス・メディアとの関係(須藤 遙子),2009 https://t.co/bD06YKyA8b

収集済み URL リスト