著者
李 春草 リ シュンソウ Ri Syunso
出版者
同志社大学国文学会
雑誌
同志社国文学 (ISSN:03898717)
巻号頁・発行日
no.82, pp.78-88, 2015-03

「人間が猿になつた話」は、谷崎が中国旅行準備中に著した短編小説である。その漢学知識と「支那趣味」からして、その創作と中国旅行との関連性が考えられる。〈美女が猿に見込まれて山奥に連れ去られた〉という内容からみると、中国の古典小説「白猿伝」との類似性が目に浮かび上がる。更に、創作前後、谷崎と芥川龍之介との交流や創作上の類似性からみても、谷崎はある程度芥川を意識して書いた作品ではないかと推測される。

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 4 favorites)

【Webで読める論文】 李 春草「谷崎潤一郎「人間が猿になつた話」と「白猿伝」の関連性についての一考察」2015 https://t.co/jfMx62O0OC
【Webで読める論文】 李 春草「谷崎潤一郎「人間が猿になつた話」と「白猿伝」の関連性についての一考察」2015 https://t.co/jfMx62O0OC
【Webで読める論文】 李 春草「谷崎潤一郎「人間が猿になつた話」と「白猿伝」の関連性についての一考察」2015 https://t.co/jfMx62O0OC
【Webで読める論文】 李 春草「谷崎潤一郎「人間が猿になつた話」と「白猿伝」の関連性についての一考察」2015 https://t.co/jfMx62O0OC
【Webで読める論文】 李 春草「谷崎潤一郎「人間が猿になつた話」と「白猿伝」の関連性についての一考察」2015 https://t.co/jfMx62O0OC

収集済み URL リスト