著者
西川 利文
出版者
佛教大学歴史学部
雑誌
歴史学部論集 (ISSN:21854203)
巻号頁・発行日
no.6, pp.35-52, 2016-03

従来から、曹操が独自の勢力を形成する時に、辟召(公府による辟召)を盛んに行ったことが指摘されている。しかしそれがどのように行われたのか、具体的な分析は必ずしも十分には行われてこなかった。そこで本稿では、漢代の一般的な辟召と対照した時、曹操の行った辟召にどのような特徴が見られるのかを、具体例を提示しながら基礎的な分析を行った。そこからは、従来の辟召では行われなかった、新たな形の辟召の姿が見えてくる。その一つが、現役の官僚(命官)を辟召するということである。これがいかなる意味を持つのか、本稿ではその一端を提示する。後漢後半期曹操公府辟召曹操政権論

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 7 favorites)

収集済み URL リスト