著者
有田 和臣
出版者
佛教大学国語国文学会
雑誌
京都語文 (ISSN:13424254)
巻号頁・発行日
no.24, pp.166-184, 2016-12-20

前稿で、物語の舞台となった地域に存在した歴史的な対立関係が、「権狐」(「ごん狐」)の物語成立と密接な関係にあったと考えられる事実を指摘した。今回はさらに、この物語世界で重要な鍵を握ると思われる人物、茂助(「ごん狐」では茂平)の様態を検討する。この物語を語り手の「私」に語り聞かせたのが茂助であり、彼の周辺には多くの謎がある。なぜ彼が物語の発信源なのか。なぜ彼が語った話を「私」が読者に伝える、という伝聞構造をとるのか。茂助自身は誰からこの物語を伝聞したのか。物語を語るまでに彼はどのような生活をしてきたのか。これらへの解答を求めつつ本稿では、茂助がこの物語の単なる仲介者ではなく、いかに物語の中核にかかわる存在であるかを検証する。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

論文はこちらです。 https://t.co/N1GBDE7erc
本日21:30~ ツイキャスをやりますのでお時間があればご視聴ください!テーマは下記論文を読みます。 https://t.co/BSjTsYz9F1 https://t.co/N1GBDE7erc

収集済み URL リスト