著者
奥田 佑子 平野 隆之
出版者
日本福祉大学社会福祉学部
雑誌
日本福祉大学社会福祉論集 = Journal social Welfare, Nihon Fukushi University (ISSN:1345174X)
巻号頁・発行日
vol.137, pp.101-116, 2017-09-30

本論文は,地域福祉権利擁護事業の再評価が生活困窮者自立支援事業や社会福祉協議会における総合相談体制の充実につながるのではないかという仮説から出発している.本論文の目的は,1)地域福祉権利擁護事業が本来持っていた地域福祉的要素の再確認,2)総合相談体制の形成のプロセスとその中での地域福祉権利擁護事業の役割の明確化,3)生活困窮者自立支援事業との関係から,今日的に地域福祉権利擁護事業が果たす機能の明確化の3 点である.方法として,文献研究,滋賀県内3 市社協を対象とした体制整備に関する事例研究,相談実績分析を行っている.研究の結果,幅広い相談を受け止め制度利用につなげる「前さばき」の機能を地域福祉権利擁護事業が持っており,それが総合相談や生活困窮者自立相談の基盤となっていることが明らかとなった.また,社会的孤立や権利侵害の状態に置かれた人への相談への対応が,地域や他機関・多職種との連携・ネットワークづくりにつながっていることが分かった.

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 3市社会福祉協議会にみる地域福祉権利擁護事業と生活困窮者自立支援事業の相互作用-総合相談支援の体制整備の視点から- https://t.co/FxnCHBgxpw
CiNii 論文 -  3市社会福祉協議会にみる地域福祉権利擁護事業と生活困窮者自立支援事業の相互作用-総合相談支援の体制整備の視点から- https://t.co/kNfX1qc9DK #CiNii
CiNii 論文 -  3市社会福祉協議会にみる地域福祉権利擁護事業と生活困窮者自立支援事業の相互作用-総合相談支援の体制整備の視点から- https://t.co/kNfX1qc9DK #CiNii

収集済み URL リスト