著者
中嶋 奈津子
出版者
佛教大学総合研究所
雑誌
佛教大学総合研究所共同研究成果報告論文集 (ISSN:21896607)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.35-46, 2018-03-25

本稿は南部藩領内に特有の権現信仰に基づいて行われる神楽「墓獅子」の実態と現状を明らかにするものである。そのため,「墓獅子」を現行している(或いは,以前行っていた)地域10か所の神楽の調査を実施した。南部藩領内では,獅子頭を神仏の化身として「権現様」と呼び,地域の守り神として信仰している。神社例大祭ではこの「権現様」を奉じて舞わせる。この祈祷の「権現舞」が一部の地域では死者の供養にかわる「墓獅子」として機能していたことがわかった。また,「墓獅子」は一定の形式があって,般若心経を唱え,加えて魔を払い清める「七つ踊り」を行うなどの特徴を確認した。1950年代まで盛んに行われていた「墓獅子」は時代の流れとともに,墓と供養の形態の変化や信仰心の薄れに伴って依頼も減り,わずかな依頼や沿岸地域での廻村巡業で維持できている状況であることが今回の調査で明らかになった。墓獅子権現信仰獅子頭の権現様死者供養墓獅子の唄

言及状況

Twitter (7 users, 8 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 〔第一部 神楽と死者祭祀〕 南部藩領内における死者祭祀に関わる神楽の事例(中嶋 奈津子),2018 https://t.co/UYPmWFawvC
"CiNii 論文 -  〔第一部 神楽と死者祭祀〕 南部藩領内における死者祭祀に関わる神楽の事例" https://t.co/mkLYx6TsHL ※本文リンクあり
こんな論文どうですか? 〔第一部 神楽と死者祭祀〕 南部藩領内における死者祭祀に関わる神楽の事例(中嶋 奈津子),2018 https://t.co/UYPmWFawvC

収集済み URL リスト