著者
望月 隆之
出版者
田園調布学園大学
雑誌
田園調布学園大学紀要 = Bulletin of Den-en Chofu University (ISSN:18828205)
巻号頁・発行日
no.12, pp.195-204, 2018-03

2016 年7 月26 日未明,「津久井やまゆり園」にて元施設職員による殺傷事件が起きた。被害者は施設の利用者と職員であり,19 名の利用者が亡くなり,26 名が重軽傷を負うという大事件となった。事件後,報道機関により大きく報道され,専門家によるコメントや検証がなされた。しかし,事件の当事者である知的障害者の声は,ほとんど報道されてないという状況が続いた。「にじいろでGO!」は,横浜市在住の知的障害者の女性が,神奈川県内在住の知的障害者及び家族,支援者に呼びかけ,知的障害者のこれまでの人生や相模原障害者施設殺傷事件について,当事者が語る声を社会に伝えるために作られた当事者団体である。これまでの活動は,知的障害者の声として多くのメディアを通じて社会に発信されている。本報告では,「にじいろでGO!」の立ち上げの経緯及び事件後1 年までの活動について報告し,知的障害者が自ら事件について語ることの意義及び今後の課題と活動の展望まで述べる。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/NtrYOOXIJC
CiNii 論文 -  知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/NtrYOOXIJC
CiNii 論文 -  知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/NtrYOOXIJC
CiNii 論文 -  <実践報告>知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/IWu72ICAlP #CiNii

収集済み URL リスト