著者
北村 育子
出版者
日本福祉大学社会福祉学部
雑誌
日本福祉大学社会福祉論集 = Journal social Welfare, Nihon Fukushi University (ISSN:1345174X)
巻号頁・発行日
vol.138, pp.1-13, 2018-03-31

介護保険のサービスが質の高いものでなければならないことは言うまでもないが,地域密着型サービスには,加えて,地域に根差した透明性の高いサービスであることが求められている.運営推進会議の開催は,これを実践するための重要な方法であり,その責任を担うのは主に事業所の管理者である.運営推進会議がその目的を果たすためには,コミュニティワークと運営管理の知識と技術が必要となる.メンバーの選任,適切な議事の選定,メンバー間のパワーバランス等に配慮した議事進行,などを通して運営推進会議を参加者にとって意味のあるものとすることができる.この過程で管理者には,優れたリーダーシップを発揮することが求められる.その結果,事業所内のサービスの質的向上と地域社会の福祉ニーズの充足という二つの目的が同時に達成され,事業所が地域の重要な福祉資源・地域社会の実質的な構成員として認識されるようになる.

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 - 地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/9TgD10z4l3
CiNii 論文 - 地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/9TgD10z4l3
CiNii 論文 - 地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/9TgD10z4l3
CiNii 論文 - 地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/9TgD10z4l3
CiNii 論文 -  地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/JUpMGQN1sL #CiNii
CiNii 論文 -  地域密着型サービス事業所における運営推進会議の機能と活用についての検討 https://t.co/JUpMGQN1sL #CiNii

収集済み URL リスト