著者
粟谷 佳司 アワタニ ヨシジ Awatani Yoshiji
出版者
同志社社会学研究学会
雑誌
同志社社会学研究 (ISSN:13429833)
巻号頁・発行日
no.22, pp.9-19, 2018-03

研究論文(Original paper)本論文は、戦後日本の市民社会における「ひとびと」の位相を、鶴見俊輔の「大衆」概念と関連させながらその意義について考察した。最初に、鶴見の『戦後日本の大衆文化史』の議論を中心に、「大衆」「市民」「ひとびと」という概念が鶴見の方法において連続したものとして捉えられていることを考察した。続いて、高度成長期から消費社会と言われる1980年代の議論から、鶴見と吉本隆明の文化論を比較し鶴見の方法の意義を考察した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 9 favorites)

粟谷佳司「鶴見俊輔から「ひとびと」の社会学へ : 戦後日本の文化研究に向けて」-この論文鶴見俊輔と吉本隆明の「庶民」に対するスタンスの違いが比較されていておもしろい。 https://t.co/8NZbgYxzZ6
昼休みに読むぞ! https://t.co/8NZbgYfYAw

収集済み URL リスト