著者
竹田 志保
雑誌
人文
巻号頁・発行日
no.16, pp.240-221, 2018-03

吉田秋生による漫画『櫻の園』(一九八五年)と、中原俊監督による映画化作品(一九九〇年)は、名門女子高校の演劇部を題材として、〈女子〉たちの友情と、彼女たちの〈性〉をめぐる葛藤を描いて、双方が高い評価を受けた。本論は、両作の比較検討から、近年の〈女子〉をめぐる欲望について考察したものである。両作は、成長期の〈女子〉の表象としてリアリティをもって迎えられる一方で、〈女子〉への幻想を強化するものでもあった。他者から一方的にまなざされることへの抵抗を示す登場人物を描きながらも、その抵抗自体が性的に消費されてしまうという本作の矛盾は、〈女子〉表象についての重大な問題提起をしている。漫画版はそれを「見せない」手法によって表現したが、映画版は窃視的なカメラによってそれ自体をフェティッシュ化してしまっていることを指摘した。"Sakuranosono (The Cherry Orchard)" is a manga series written and illustrated by Yoshida Akimi from 1985 to 1986, later made into a film by shun Nakahara (1990), about the drama department of a prestigious all girl's high school. These depict the friendships of the girls and conflicts about their gender, and both received high praise. This paper examines the desire for girls in recent years, by comparing both works. These express pubescent girls realistically, but also these provide fantasy about girls. In these works, girls resist being seen sexually to the male gaze, but their behavior are sexualize. The contradiction is serious problem about the 'girl' representation. The manga version expressed girls conflict by "not showing" technique, but the movie version done it romantically by voyeurism.

言及状況

Twitter (4 users, 6 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  〈女子〉をめぐるまなざし : 吉田秋生『櫻の園』と映画版の比較から https://t.co/1YqoeCybpG #CiNii
CiNii 論文 -  〈女子〉をめぐるまなざし : 吉田秋生『櫻の園』と映画版の比較から https://t.co/1YqoeCybpG #CiNii
CiNii 論文 -  〈女子〉をめぐるまなざし : 吉田秋生『櫻の園』と映画版の比較から https://t.co/1YqoeCybpG #CiNii
こんな論文どうですか? 〈女子〉をめぐるまなざし : 吉田秋生『櫻の園』と映画版の比較から(竹田 志保),2018 https://t.co/CMomaYFH79
竹田 志保 -  〈女子〉をめぐるまなざし : 吉田秋生『櫻の園』と映画版の比較から https://t.co/rgOl8GBuzR

収集済み URL リスト