著者
中山 忠政
出版者
弘前大学教育学部
雑誌
弘前大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University (ISSN:04391713)
巻号頁・発行日
no.120, pp.121-125, 2018-10

2016年5月に改正された発達障害者支援法を対象に、改正の経緯ならびに改正法にみられた特徴を検討した。改正法案は、日本自閉症協会の要望をきっかけとして、発達障害の支援を考える議員連盟を中心に検討されたものであった。改正法にみられた特徴としては、新設・追加された条項が多数にのぼったこと、障害者基本法や障害者総合支援法との「整合」が強く意識されたものであったこと、発達障害の「特性」など、障害の固有性やその支援における独自性がより強調されるようになったこと、などがみられた。今後の課題としては、国際疾病分類の改定に対応した、発達障害の範囲や定義についての検討が必要なことであった。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  発達障害者支援法の改正 : 改正の経緯と改正法の特徴 https://t.co/zksREzwmny
CiNii 論文 -  発達障害者支援法の改正 : 改正の経緯と改正法の特徴 https://t.co/zksREzwmny
CiNii 論文 -  発達障害者支援法の改正 : 改正の経緯と改正法の特徴 https://t.co/zksREzwmny
CiNii 論文 -  発達障害者支援法の改正 : 改正の経緯と改正法の特徴 https://t.co/1M8EYjfIfd #CiNii

収集済み URL リスト