著者
山田 妙韶
出版者
日本福祉大学社会福祉学部
雑誌
日本福祉大学社会福祉論集 = Journal social Welfare, Nihon Fukushi University (ISSN:1345174X)
巻号頁・発行日
vol.139, pp.79-87, 2018-09-30

「寄り添い」という言葉が新聞記事で使用された頻度を調査した研究では,「『寄り添い』の使用頻度は,2000 年前後,2011 年に急激に増加しており,2000 年以降になると医療福祉分野で使用されるようになっている」(前田,中西,井川その他2014:68)が,「寄り添い」を標榜した取り組みもさまざまな場面でなされている.例えば,「寄り添い型相談支援事業」は,一般的な生活上の問題をはじめ,社会的なつながりが希薄な方への相談先として電話相談を行うものである.また,政府がめざす「地域共生社会」では,地域生活の中で本人に寄り添って支援をしていく専門職として保健医療福祉の人材養成の必要性を指摘している(厚生労働省「『地域共生社会』の実現に向けて」).そして,民間の福祉サービス事業所でも,「心に寄り添う」「利用者に寄り添う」などを掲げてサービス提供を行っている.このように「寄り添い」という言葉は,今後福祉領域においても多用されるのではないだろうか. 一方,CiNii の論文検索で「寄り添い」「寄り添う」に関する研究を検索したところ,1992 年以降で2087 件がヒットし研究への関心が高いことが分かる.しかし,「精神障害者」「寄り添い」「寄り添う」での検索でも「精神保健福祉士」「寄り添い」「寄り添う」でも数件しかなく,精神保健福祉領域において,研究はほとんど進んでいないと言えよう.この現状では精神障害者への寄り添う支援は,結果として提供される支援内容も各々の精神保健福祉士自身の経験によるところが大きいこととなろう. そこで,精神障害者の「寄り添い」に関する研究の着想に至った.まず,先行研究の検討を「寄り添う」に関して多くの研究が見られる看護領域を対象に行った.次に,「新人」「熟連」という実務経験年数に着目し,新人精神保健福祉士にフォーカスグループインタビュー調査を行った.新人精神保健福祉士が捉える「精神保健福祉士の寄り添う支援」は,「障がい理解を基盤にして,あきらめないという精神保健福祉士の姿勢と価値観のもと,コミュニケーションスキルを用いて利用者の利益を一番に考えて支援を展開する」と定義された.今後は,熟練精神保健福祉士にも同様のインタビュー調査を行い,新人PSW との比較を通して「精神保健福祉士の寄り添う支援」研究の端緒とすることを研究課題と考えている.

言及状況

Twitter (4 users, 8 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/enPZoJygHL
CiNii 論文 - 新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/csl5MbLlmH
CiNii 論文 - 新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/csl5MbLlmH
CiNii 論文 - 新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/csl5MbLlmH
CiNii 論文 -  新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/FmzrHCoq26 #CiNii
CiNii 論文 -  新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/FmzrHCoq26 #CiNii
CiNii 論文 -  新人精神保健福祉士の「寄り添う支援」に関する研究 -フォーカスグループインタビュー調査をてがかりにして- https://t.co/FmzrHCoq26 #CiNii

収集済み URL リスト