著者
野口 優
出版者
史学研究会 (京都大学大学院文学研究科内)
雑誌
史林 = The Journal of history (ISSN:03869369)
巻号頁・発行日
vol.101, no.6, pp.859-894, 2018-11

漢代から三国魏にかけていずれも上奏文の最終的な裁可は、皇帝が担っていた。裁可の形式について、漢代及び三国魏では、「可」などの裁可を示す文字もしくは赤い鉤印によるものであった可能性が高い。漢魏時代とも皇帝の署名による認可ではなかった。その上で、漢魏時代とも皇帝の自筆での裁可は必ずしも必要ではなかったことを明らかにした。そして、漢代から三国魏にかけては、筆跡に対する認識の変化と書写材料としての紙の普及という大きな変化が起こった時期であり、従来の皇帝裁可の制度に影響を与える可能性のある変化が起きた。しかし、詔書の信頼性を担保していたのは、漢魏時代とも印璽であった。最終的に、漢魏時代とも、一貫して上奏文の裁可については、必ずしも皇帝が自筆で裁可を下すわけではなかったという状況が変化することはなかったのである。During the period extending from the Han dynasty to Cao Wei of the Three Kingdoms, the ultimate sanction of reports to the throne was rendered by the emperor. It is highly likely that approval from the Han to Cao Wei was designated by physically writing the character 可 (ke) or with the red imprint of a carved seal. There is no evidence of approval being granted with the emperor's signature from the Han-to-Wei period. Moreover, I have made clear that in both the Han and Wei periods the emperor's holographic signature was not necessarily required to indicate approval. Then period from Han to Cao Wei was one of change when consciousness of calligraphy underwent a transformation and there was also a great change in the dissemination of paper as a material for transcribing written records; and these changes likely had an influence of the previous system of imperial sanction. However, reliability of written imperial edicts was insured by the imperial seal during the both the Han and Cao Wei. Ultimately, as regards approval of reports to the throne in both the Han and Cao Wei periods, the situation that did not necessarily require the emperor to indicate his approval with his own brush continued without change.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 7 favorites)

まだ公開されてないが、この辺の論文は面白そうだ。 「漢魏時代における上奏文処理手続きと皇帝裁可」https://t.co/Tu6XEQd2hI 「後漢代における外戚政権と尚書台 : 尚書官人事を中心として」https://t.co/XvxudaPHCL

収集済み URL リスト