著者
森 謙二
出版者
日本家族社会学会
雑誌
家族社会学研究 (ISSN:0916328X)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.30-42, 2010
被引用文献数
2

葬送領域(葬ること)において,大きなパラダイム変化が起こっている。日本の近代家族は,祖先崇拝の機能をもち続け,民法もそれを容認してきた。20世紀の末になると,少子化によって祭祀承継者(アトツギ)の確保が困難になり,祖先祭祀の機能をもち続けた日本の近代家族は解体を始める。人々は地域や家族とのつながりが希薄になって,あらゆるものが市場化・商品化するなかで,自分自身の意志によって(自己決定)によって,葬送のあり方を決めたいと思うようになった。この現象を「葬送の個人化」と呼んでおく。葬式は家族だけで行い,人の死が社会に伝えられなくなった。お墓は家族が引き継ぐものではなく,樹木葬や散骨が急速に増えてきた。他方では,貧困層ではお金がないために葬式をあげることができない人々が増えるようになった。新自由主義の展開のもとで,葬送領域でも「格差」が顕著になってきた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 15 posts, 0 favorites)

葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
葬送の個人化のゆくえ:—日本型家族の解体と葬送— https://t.co/i8drAWfCwf
森謙二「葬送の個人化のゆくえ--日本型家族の解体と葬送」『家族社会学研究』 http://t.co/FRuQURMlk2 ゼミで読む。なかなか勉強になるところも含むけれど、誤字も含む。査読誌?葬送の個人化に真っ向から批判をし、国家が担うことが望ましいというのは良くも悪くも独特。

収集済み URL リスト