著者
堀毛 一也
出版者
The Japanese Group Dynamics Association
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.116-128, 1994
被引用文献数
12 5

本研究では, これまで行われてきた異性関係スキル研究の問題点を整理するとともに, 1) 異性関係スキルの分類および基本的スキルとの関連性の検討, 2) 関係の発展・崩壊とこれらのスキルの関連性の検討という2点を目的とした調査研究を行った。そのためにまず, 現在進行中の恋愛体験について, 熱中度や, 類似性, 重要性などいくつかの項目で評定を求めた。また, 過去の失恋体験についても, ショックの大きさ, 関係から得た自信などについて評定を求めた。同時にオリジナルに開発した社会的スキル尺度 (ENDE2) と異性関係スキル尺度 (DATE2) により, 基本スキルと異性関係スキルの測定を行った。因子分析の結果, ENDE2では, 男子4因子, 女子3因子が得られた。このうち記号化スキルと解読スキルはどちらにも共通に含まれていた。DATE2の分析からは, 男子7因子, 女子6因子が抽出された。2つのスキル間の関連性を検討したところ, 女子では記号化・解読スキルと異性関係スキルの問に中程度の相関が見られた。一方男子では, 基本スキルのそれぞれが, 異性関係スキルの諸因子と別個の相関を示していた。この結果は, デート場面でイニシアチブを求められることにより, 男子は多様なスキルを早めに高め, 状況に応じて使い分けることが必要になるものと解釈された。<BR>また, 現在進行中の恋愛関係とスキルの関連を分析した結果, 異性・基本スキルとも関係の発展と共に高まる傾向が示されたが, その発展の過程には明確な性差がみられた。男性は, 発展の初期に相手への情熱を高め, スキルを洗練させてゆく傾向があった。これに対し, 女性は相手の特性を慎重に検討し, 関係が重要であるという認識を得た後に, 急速にスキルを発展させることが明らかになった。さらに, 過去の失恋体験もスキルの向上に影響しており, 男性では過去の失恋から得た自信やショックの大きさがスキルの向上と有意な関連をもっていたのに対し, 女性では自分から強い愛情を示しながら失恋した場合にはスキルが高まるが, それ以外に過去体験との関連はみられなかった。これらの知見はこれまでの恋愛や失恋に関する研究結果を支持するものと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  恋愛関係の発展・崩壊と社会的スキル https://t.co/fuJ6hOZIEW タイトルだけでめちゃめちゃ面白そうな論文を見つけた
CiNii 論文 -  恋愛関係の発展・崩壊と社会的スキル https://t.co/XUjFSdVqZs #CiNii
過去の恋愛体験・片思い体験が社会的スキルに影響するって話だけは使う→ http://t.co/b7XrcrtgIV
【要約:男は女に比べて過去にとらわれすぎ。過去の失敗をくよくよ悩む男はもてない。モテる男は過去の経験から自信を得ている】CiNii 論文 - 恋愛関係の発展・崩壊と社会的スキル (魅力と愛の社会心理学<特集>) http://t.co/FDf9uW9W5M #CiNii
CiNii 論文 -  恋愛関係の発展・崩壊と社会的スキル (魅力と愛の社会心理学<特集>) http://t.co/FDf9uW9W5M #CiNii

収集済み URL リスト