著者
蓑代 成功 永井 秀利 中村 貞吾
出版者
電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会
雑誌
電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2015, pp.158, 2015

現在、2人零和完全情報ゲームは研究が進んでおり、将棋においては人間のトッププレイヤと同等のレベルにまでなっている。しかし、多人数零和不完全情報ゲームである麻雀は、将棋ほど進んではいない。この原因の一つに、麻雀が不完全情報ゲームであることが挙げられる。これから引く牌と相手の持っている牌が公開情報ではなく非公開情報であるため、自分が何の牌を切るのが最適かということや、特定のタイミングで鳴きなどのアクションを行うのが適切かどうか分からない。そこで本論文では、不確定な情報やプレイヤの行動をランダムに決定し、行動の良さを推定できるモンテカルロ木探索を用いて麻雀の早上がりを目指すAIを作成する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? モンテカルロ木探索を用いた麻雀の早上がりAIの作成(蓑代 成功ほか),2015 https://t.co/rIWdhwnj6X 現在、2人零和完全情報ゲームは研究が進んでおり、将棋においては人間のトッププレイヤと同等のレベル…
こんな論文どうですか? モンテカルロ木探索を用いた麻雀の早上がりAIの作成(蓑代 成功ほか),2015 https://t.co/rIWdhwEm8X
こんな論文どうですか? モンテカルロ木探索を用いた麻雀の早上がりAIの作成(蓑代 成功ほか),2015 https://t.co/rIWdhwEm8X
こんな論文どうですか? モンテカルロ木探索を用いた麻雀の早上がりAIの作成(蓑代 成功ほか),2015 https://t.co/rIWdhwEm8X

収集済み URL リスト