著者
堂囿 俊彦
出版者
日本生命倫理学会
雑誌
生命倫理 (ISSN:13434063)
巻号頁・発行日
vol.27, no.1, pp.55-63, 2018-08-01

<p> 「福祉」 (welfare) の概念は、生命をめぐる問いに対して一定の方向を指し示す、生命倫理学の基礎概念で ある。しかし福祉概念に関しては、①誰の福祉を保障するべきなのか、②どのようにすれば保障したことになるのか、いずれの問いについても充分に論じられてきたとは言えない。そこで本論文では、これら二つの問いを、福祉の根底にある「人間の尊厳」との関わりにもとづき検討した。具体的にとりあげたのは、マーサ・ヌスバウムと、その批判者であるエヴァ・フェダー・キテイの尊厳論である。考察の結果われわれは、二人の尊厳論を相補的にとらえる必要があるという結論に至った。尊厳を内在的価値と見なす点において、ヌスバウムの立場は支持される。しかし尊厳に関しては、ケイパビリティだけで捉えられるのではなく、ケアという関わりを通じて、個別的に判断される必要がある。その意味で、ケアと尊厳のつながりを重視するキテイの立場も、重要な洞察を含んでいる。</p>

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 11 posts, 3 favorites)

CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6FFP7
CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6o4qx
CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6o4qx
CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6o4qx
CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6o4qx
CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6o4qx
CiNii 論文 - 人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/c1Tdi6FFP7
CiNii 論文 -  人間の尊厳・福祉・ケア https://t.co/EJSxRjFUWH #CiNii

収集済み URL リスト