著者
齋藤 みのり 佐野 伸之 小林 隆司
出版者
一般社団法人 日本作業療法士協会
雑誌
作業療法 (ISSN:02894920)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.72-77, 2019

自閉症スペクトラム児の対人社会性を阻害する要因の一つに,ファンタジーへの没入現象が指摘されている.今回,ファンタジー没入行動により,様々な日常生活の遂行に支障をきたしていた広汎性発達障害男児に対し,ファンタジーを外在化する作業活動を通した支援を行った.本児は,架空のカードゲームを頭の中で展開する遊びに,様々な日常生活場面で没頭していた.作業療法では,頭の中に描いているファンタジーを外在化し,それを用いて一緒に遊べるよう模索した.また,徐々に交流の場が広がるよう促した.これらの支援により,本児の頭の中のファンタジーが整理され,現実とのつながりを築いていき,生活障害が軽快したと考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 - ファンタジー没入によって生活障害を呈する広汎性発達障害男児への支援 https://t.co/kLkgVKLPs2
CiNii 論文 - ファンタジー没入によって生活障害を呈する広汎性発達障害男児への支援 https://t.co/kLkgVKLPs2
CiNii 論文 -  ファンタジー没入によって生活障害を呈する広汎性発達障害男児への支援 https://t.co/BlWUKD6RjZ #CiNii

収集済み URL リスト