著者
大澤 博隆 江間 有沙 西條 玲奈 久保 明教 神崎 宣次 久木田 水生 市瀬 龍太郎 服部 宏充 秋谷 直矩 大谷 卓史
出版者
人工知能学会
雑誌
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)
巻号頁・発行日
2018-04-12

オンラインサービスでは、ユーザーのコミュニケーション活動とコンテンツが公開される。 このオンライン情報は、ユーザー生成コンテンツの作成サイクルを加速するのに貢献する。 さらにこれらのサービスは、研究者がオンラインテキストを、社会活動の調査研究とも呼ばれる、人間活動を容易に分析するための公的な資源として利用することを可能にする。 しかし特に創造に関わる分野では、コンテンツが公開されている場合においても、プライバシーに関する論争の的になる問題が存在することを認識する必要がある。 本研究では、オンラインファンフィクション小説における性的表現の抽出とフィルタリングを試みた研究が起こした炎上事件のケースを通し、オンライン研究のための新しいガイドラインを作成しようと試みる。 本研究では法と倫理を含む工学と人文学の両方の分野の研究者が、それぞれの専門分野に応じて倫理的、法的、社会的問題を抽出した。

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 0 favorites)

いつぞやpixivを研究材料に使って炎上した研究、をテーマに研究したグループがいて草。ちょっと聞きに行きたいんだけど? https://t.co/f3QJwOy90K
まだ読んでないけど、こんなのやってたのか。下調べ甘くて見逃しちゃったな。過去の表紙問題でも翌月に議論してたし、そういうの大事。 https://t.co/if1e00rKCY
研究と倫理といえば,昨年とあるサイトのデータをつかった研究が炎上した事件について考察する研究が面白かった https://t.co/c1zoips1DF
人工知能学会で炎上した案件は 研究者が要因分析をしてたのか… こうゆうのバズ扱ってる人は見たほうがいい気がする https://t.co/kooM8tTJhg

収集済み URL リスト